中国人女性「父親は私に人民解放軍の幹部になってほしかったようだが、私はそれが嫌で日本に来てモデルをやっている」 中国の反応

  • カテゴリ:移住
  • コメント:21件
190326-001.jpg

中国人女性「父親は私に人民解放軍の幹部になってほしかったようだが、私はそれが嫌で日本に来てモデルをやっている」

日本のテレビ番組『家、ついて行ってイイですか?』に、日本で活動する大連出身中国人女性モデル劉容辰さん(24)が出演。

彼女は、日本芸術大学で演技を学ぶ傍ら、モデルやインフルエンサーとして活動しており、SNSのフォロワーは9万人。
日本のアニメが大好きで、セーラームーンやCCさくらのコスプレもしている。
年収150万ほどで、西萩窪にある家賃10万円の家に住んでいる。

彼女は「父親が中国共産党の幹部で、私にも幹部になって欲しかったようだが、私は日本へ行きたかった。だから、日本語検定一級を取ったら日本へ行くという約束をして、2年間日本語を勉強した。そうしたら、日本語検定一級に受かった。だから今日本にいます」と語る。

現在は日本のジブリと中国のアリババの共同事業の中国側窓口の仕事をしているそうだ。



中国人「日本語の罵言『バカ』はどんな時も使える。恋人同士でも使える」 中国の反応

  • カテゴリ:文化
  • コメント:37件
190325-001.png

日本語の罵言「バカ」はどんな時も使える。恋人同士でも使える

数日前、日本人に中国語を教えた。
その時、中国語での罵言を教えていたんだけど、中国語の罵言は種類が多すぎて、日本人は理解に苦しんでいた。
なぜなら、日本語では「バカ」くらいしか罵言がないから。
しかも、日本語の「バカ」は、恋人同士でも使える、どんな時にも使える言葉だ。
中国語の罵言を日本語に訳すと、全て「バカ」になってしまう。



中国人「日本でタクシーに無賃乗車してしまったら振込でいいと言われた。日本人は優しいな」 中国の反応

  • カテゴリ:文化
  • コメント:35件
190324-002.jpg

日本でタクシーに無賃乗車してしまったら振込でいいと言われた。日本人は優しいな

私の友達が経験した話。
日本でタクシーに乗って、目的地に着いたところで、財布を会社に忘れてきた事に気付いた。
そのタクシーではWeChatペイも使えず、「会社に財布を取りに戻らないといけないかしら」と思っていたら、タクシーの運転手さんが1枚の紙をくれた。
それは「未払い料金振込確認書」だった。
運転手さんは「後で銀行に振り込んでくれればいいよ」と言った。
友達の名刺や本人確認書類も見ずに。
紙切れ1枚が信用になるとはな!



中国人「日本の有名な建築士がデザインした『ステルス型特急』を正式に投入」 中国の反応

190324-001.jpg

日本の有名な建築士がデザインした「ステルス型特急」を正式に投入

3月16日、日本西武鉄道が新型の特急列車を正式運用し始めた。新型列車は日本の有名な建築士である妹島和世さんが設計、「ハリーポッター」に出てくるホグワーツ特急のような「ステルス列車」だとネット民に称された。妹島さんによれば、これはステルス機能を目指したのではなく、風景に溶け込むような滑らかなデザインを目指したのだという。乗客が風景を楽しめるように、列車の窓を大きくする形にしたそうだ。内装の設計は暖色系の色使いで、春の行楽日和に出かけて喜ぶ乗客の心情を表したのだという。



中国人「日本人はバカなの?日本で通販で買い物したら『ペーパーレス化のため、注文明細は発行しません』と印刷された紙が入っていた」 中国の反応

  • カテゴリ:社会
  • コメント:68件
190323-001.jpg

日本人はバカなの?日本で通販で買い物したら、「ペーパーレス化のため、注文明細は発行しません」と印刷された紙が入っていた・・・

私は今、日本在住。
この前、通販で買い物したら、一枚の紙が入っていた。
そこには、「ペーパーレス化のため、注文明細は発行しません。ご自分でEメールをチェックしてください」と書かれていた。
どういうことなの・・・?



中国人「日本で桜味のスイーツを食べてはいけない。見た目は可愛いけど、不味すぎる」 中国の反応

  • カテゴリ:料理
  • コメント:67件
190323-002.jpg

日本で桜味のスイーツを食べてはいけない。見た目は可愛いけど、不味すぎる

もうすぐ日本では桜の季節。
きっと、たくさんの人が日本へ桜を見に行くよね。
日本では「桜味」のスイーツがたくさん出ている。
あれ、買ってはいけないよ。
見た目は可愛いけど、不味すぎるんだ。



中国人「日本で買い物していた時、不注意で女性にぶつかってしまったが、相手が「すみませんすみません」と言ってきた。悪いのはこちらなのに…」 中国の反応

190321-001.jpeg

日本で買い物していた時、不注意で女性にぶつかってしまったが、相手が「すみませんすみません」と言ってきた。悪いのはこちらなのに・・・

東京のスーパーで買い物をしていた。
不注意でカートを知らない女性にぶつけてしまった。
私はすぐに大声で「すみません」と謝罪した。
しかし、相手の女性は、私よりも大きな声で「すみません!すみません!」と謝ってきた。
ぶつかったのは私の方なのに。
日本人はとても礼儀正しいな。



中国人女性「日本で痴漢に遭い、警察へ行ったが、警察は何もしてくれなかった」 中国の反応

  • カテゴリ:社会
  • コメント:75件
190320-001.jpg

中国人女性「日本で痴漢に遭い、警察へ行ったが、警察は何もしてくれなかった」

昨日の夜11時ごろ、私は駅のホームで痴漢に遭った。
その時、私はホームにある長椅子の前でスマホをイジっていた。
突然、誰かに抱きしめられ、胸を触られた。私はすぐその手を振り払った。
痴漢は酔っ払っていたフリをして、軽く謝罪した後、去って行った。

私は改札まで走って行って、駅員さんに警察へ通報するように頼んだ。
駅員さんが痴漢を捕まえてくれて、一緒に事務室へ行った。

警察が来て、簡単な状況説明をした。
「被害届を出しますか」と聞かれた。
そうすれば、痴漢は逮捕されて制裁を受けると。
私は被害届を出すことにした。

その後、警察が痴漢に話を聞いて、その内容を教えてくれた。
「酔っ払っていただけ。千鳥足になっていた。彼女にぶつかったのは一瞬。わざとじゃない」と言っていたそうだ。
「この状態では故意性を立証するのが難しいので、裁判を起こしても、あなたが損する」と警察に言われた。

警察の提案は、「痴漢にはちゃんと注意しておく。彼の妻と会社にも連絡しておく」との事だった。
私は仕方なくそれに同意した。
警察から、ここにサインしろと言われた。その書類は示談書だった。
つまり、「私は彼を許します」という事。

私は怒りに震えた。
なぜ彼を許さないといけないのか。
明らかな痴漢行為をしておいて、さらに監視カメラに証拠が残っているのに、「酔っ払っていたから。一瞬だったから」という理由で何の罪にもならないの?

そして、私の再三の要求に対し、警察はやっと痴漢を私の目の前に連れてきた。
痴漢は頭を下げて私に謝罪した。

警察が私を家まで送ってくれた。
その時、警察が「なぜ女性が夜一人でいたのか。危ないよ」と言った。
女性にも仕事があるのだ。夜、外に出るなとでも言うのか。

日本では「痴漢は犯罪」と宣伝しているけど、実際には何の罪にもならない。
酔っ払っていたと言えば許されるし、裁判を起こそうと思っても、お金も時間もかかり、精神的苦痛が続く。
普通の人は、それに耐えられない。
きっと、私が女に生まれたのが全ての間違いだったのだろう。



中国人「日本人って排他的なの?」 中国の反応

190318-001.jpg

日本人って排他的なの?

日本人が排他的かどうかについて。
たくさんの人が私に「日本人は排他的なの?」と聞いてくる。
「排他的ではない」と言えば嘘になる。

私は現在大阪在住で、以前、コンビニでアルバイトをしていた。
その時、「私が外国人だから
という理由で罵ってきた、日本人のおじさんがいた。
私の男友達も、日本のコンビニでバイトしていた時に、たばこの銘柄がわからなくて聞き直したら、頭を叩かれたと言っていた。

こういう人たちって、どこにでもいると思う。日本だけじゃない。
私はこういう場面に遭遇したら、言い返すよ。
私は努力して日本語を覚えた。
こういう時に言い返すための単語も、努力して覚えたんだ。
(大阪市内の南部って、変な人が多いからね)

日本の大学やバイトで知り合った友人は良い人達。
他で知り合った人達は、普通に接してくれる人もいるし、そうではない人もいる。
自分の日本語が上手ければ、普通に接してくれる。
今の日本社会では外国人がだんだん増えているから、日本人の外国人に対する好奇心はなくて、日本語あまりできない外国人とは、あまり話さない。
でも、ほとんどの人はとても礼儀正しく接してくれてる。

冷たい日本人もいたけど、その人は外国人に対してだけじゃなくて、日本人に対しても冷たいんだよ。
日本人に冷たいんだから、育ってきた環境が違う外国人には冷たくても当然だよ。

大阪は日本の中では比較的人情味がある。
買い物に行ったら、知らないおばちゃんが挨拶してくれるし、世間話もしてくれる。
こういう状況は、大阪以外ではないと思う。

以上、全て私の個人的な体験談。
もしかしたら、私の運が良かっただけかもしれない。
悪い人には会った事ないから。
でも、私の個人的な意見では、日本は排他的な所という訳ではないと思う。







PR

ブログパーツ アクセスランキング