中国人「自称『餃子王』の日本料理店が中国市場から撤退」 中国の反応

  • カテゴリ:料理
  • コメント:128件
171014-001.jpg

自称「餃子王」の日本料理店が中国市場から撤退

2005年、餃子の王将は中国に進出した。ピーク時は6店舗も開いた餃子の王将だが、中国ではあんまり人気が出なかったようだ。

それを受けて、餃子の王将は中国市場から徹底することにしました。「日本の餃子の味は、中国人の口に合わないようだ」と社長が述べた。



中国人「日本料理って独特すぎるだろ・・・」 中国の反応

  • カテゴリ:料理
  • コメント:122件
171009-001.jpg

日本料理って独特すぎるだろ・・・

俺は日本の漫画が好きなんだけど、日本人の食文化はとても独特だと思った。
特に卵かけご飯とか寿司(生モノ)とか。
それに種類も少なくて、味付けは醤油とワサビばかりで単調。
日本のラーメンは美味しいと思うけど。



中国人「我々が大好きなザリガニを日本は食べずに肥料にしているぞ!もったいない!」 中国の反応

  • カテゴリ:料理
  • コメント:70件
170929-001.jpeg

我々が大好きなザリガニを日本は食べずに肥料にしているぞ!もったいない!

北海道釧路市阿寒湖の近くでは毎年夏から秋にかけて、中国人にとっては馴染み深い水の中の生き物であるザリガニを捕りにくる人がやって来る。
しかし、地元の人々は食べるためにザリガニを捕っているのではない。
こうした外来生物の分布拡大を厳しく規制し、湖の生態系破壊防止に努めているのだ。
湖の中にカゴを入れると、毎回あっという間に数十キロ分のザリガニを捕ることができる。
重慶時報が伝えた。



中国人「なぜ日本人が炒飯好きなのか理解できない」 中国の反応

  • カテゴリ:料理
  • コメント:134件
170922-001.jpg

なぜ日本人が炒飯好きなのか理解できない

国内ではこんなに簡単なものはないというほど簡単な料理である普通のチャーハンが日本であんなに人気なのか理解できない。
中華料理は広く深く、他にも簡単で美味しい料理はとても多いのに、日本人はチャーハンだけに夢中になっている。
何故なのか???



中国人「銀座鮨一の偽装店が上海にあるぞ!」 中国の反応

  • カテゴリ:料理
  • コメント:21件
170907-001.jpg

銀座鮨一の偽装店が上海にあるぞ!

9月4日から9月5日にかけて、上海にある平均消費額1685元の「鮨一」という日本料理店が、中国ネット民によって「偽装店」であることが暴露された。

ミシュラン一つ星の日本の鮨一本店は、「中国国内で「鮨一」の名前を使用した偽装店が2軒あります。1軒目は上海市内、2軒目は南京市内。以上の2軒と「銀座鮨一」は一切関係ございません。現在「銀座鮨一」の直営店はシンガポール店、バンコク店ジャカルタ店(2016年5月開店)となりますので宜しく御願い致します。」という声明を発表している。

上海の鮨一は、「2011年から日本の鮨一と提携していた。しかし、2014年に提携が終了した。提携終了後は、日本の鮨一の名前を出していない。」という声明を2016年に発表している。



中国人「東京が好きなんだけど、文句ある?」 中国の反応

  • カテゴリ:料理
  • コメント:42件
170815-001.jpg

東京が好きなんだけど、文句ある?

・5分歩いてコンビニが見つからないことがない。
・自動販売機は10歩に1台はある。飲み物は暖かい。
・宇宙一ラーメンの種類が豊富。
・飲食店でお客は「神様」扱いされる。

もっと色々あるんだが、東京は世界で最も発展した素晴らしい都市である。



中国人「日本料理はなんであんなに不味いの?」 中国の反応

  • カテゴリ:料理
  • コメント:144件
170721-001.jpg

日本料理はなんであんなに不味いの?

中国人ネットユーザーから「日本料理は不味い」という意見が多く寄せられている。
味が薄すぎる、生物はどうしても食べられない、味噌汁は不味すぎる、刺身は生臭くてダメだ、などのコメントがあった。
しかし、日本料理を不味く感じる理由については次のような意見があった。

・「正統な日本料理を食べていないからだろう。あるいはおいしい店をまだ見つけていないからだろう」
・「なぜならスレ主は中華料理を食べ過ぎたからだ」
・「個人の好みの問題だろ」
・「スレ主の口に合わないだけだ」

ほかにも、値段が超高い日本料理はおいしい、スレ主は食べ慣れないだけでオレはおいしいと思う、日本料理は食材本来の味を重視している、などの日本料理を好意的に捉えているという意見や、韩国料理のほうがもっと不味いという主張、外で食べる料理はどんなにおいしくても家で食べる料理には敵わない、というユーザーもいた。










PR

ブログパーツ アクセスランキング