中国人「日本の科学技術はアメリカを超えてる?」「30年前から日本の方が上」 中国の反応

161116-001.jpg

日本の科学技術はアメリカを超えてる?

科学技術という言葉はいささか範囲が広すぎるため、一概に「誰のほうが優れている」とは言えないが、日本がアメリカより進んでいるのは電子機器、ロボットや生物学ぐらいだろう。アメリカに世界各国から来た優秀な人材がアメリカのために働いているため、アメリカの総合力もイノベーション力も日本より遥かに上だ。科学技術のレベルで言えば、アメリカはNo1,日本はNo.2、ドイツはNo.3といったところかな。日本がここまで科学技術が発展できたのは教育のおかげだ。

江戸時代に初めて日本に来た欧米人は日本人の教育の普及率と教養に驚いた。産業革命なしではありえないことだと彼らは思っていたからだ。当時男子の推定識字率は50%で、女子でも20%あった。江戸や大阪のような大都市ではさらに高い。寺や神社は読み書きと算数の授業を提供し、侍は専用の学校で勉強した。先生たちはほとんど給料をもらわないが、世間から尊重されていた。当時日本では14000軒の学校と750000人の学生がいたと推定される。



中国人「日本人は中国の高速鉄道をどう思っているのか?実際に乗った日本人旅行者の感想をご覧ください」 中国の反応

161016-001.jpg

日本人は中国の高速鉄道をどう思っているのか?実際に乗った日本人旅行者の感想をご覧ください。

中国の高速鉄路に乗った日本人旅行者の感想
「日本の新幹線はビジネスマンが多いが、中国ではビジネスマンが少なく、ラフな格好で乗っていても気兼ねしないのがいい」
「素晴らしい景色を見れるのが良い。日本では景色がすぐグルグル変わるが、中国はどこまで行っても同じ景色なので、中国の広さを実感する」


動画



中国人「日本は2020年にオリンピックがあるだけじゃなく月にも行くようだけど、あと4年で実現できるものなの?」 中国の反応

160919-001.jpg

日本は2020年にオリンピックがあるだけじゃなく月にも行くようだ

百度で中国の月へ行く計画、他国の計画を見ていたら日本の2020年の計画を見つけた、すぐに2020年だが、月にも人間を送るつもりらしい。それに比べて中国は2025年の計画だ。もしすべてが順調なら、正式な登月計画(計画だけだ、本当に月に行くには更に数年かかるだろう)は、レベルの違うものになるだろう。
私は宇宙開発についてはわからないが、日本の宇宙開発技術を知るネット民はいるだろうか?
日本はあと4年ほどで実現できるものなのだろうか?



中国人「日本は物理学会の栄光、アジア物理学会の希望の星だ!」 中国の反応

160915-001.jpg

日本は物理学会の栄光、アジア物理学会の希望の星だ!

2000年以降、16年間で日本は16人のノーベル自然科学賞受賞者を出した(そのうち二人は日系アメリカ人科学者)、アメリカ(72人)に次いで第二位だ。
それにアメリカは多くが経済学賞の受賞。
日本は物理研究では優勢だ。



中国人「中国人が見つけた数学方程式はほとんどない件について」 中国の反応

160518-001.jpg

中国人と数学方程式

中国が作っている高速鉄道やロケット、戦闘機、タンカー等は全て外国の科学者が見つけた数学方程式に基づいて作られ、しかも多くがアルキメデスなんかの古代の西洋人だ。
中国の科学者が見つけた方程式は少ないというか、ほとんどない。


中国人「日本は科学技術大国を自称してるけど、欧米の技術を模倣しているにすぎない」 中国の反応

160516-001.jpg

日本は科学技術大国を自称してるけど

高い科学技術を持っていると言われる日本は、欧米の技術を模倣しているにすぎない。
ほとんどの科学技術はアメリカやヨーロッパから真似て発展させたものだ。
日本の技術は西洋先進国の現代科学技術を混ぜ合わせたものだ。
カメラのレンズは自分たちで研究して作ったものだけどね。
昔は大型トラックを開発出来なかったのに、今は自動車大国とか言っている。
一方、中国は、軍用の最先端科学技術においては独自の科学技術を持っている。
今後は、民間でも技術は向上し、いつか中国は新しい技術革新を起こすだろう!


中国人「日本の高校にロボットが入学したと話題に、日本語と英語に精通」 中国の反応

160422-001.jpg

日本のロボットが高校生に 日本語と英語に精通

イギリスの≪デイリーメール≫4月14日の報道によれば、人工知能の発展がすさまじく、日本のある高校では最近は天候にもロボットが1名入学し、世界で初めての学生と一緒に勉強をするロボットとなったようだ。英語と日本語に精通し、学校に騒動をもたらすだろうと言われている。


中国人「ナットすら日本に頼っている中国」 中国の反応

160401-001.jpg

ナットすら日本に頼っている中国

中国の高速鉄道は世界に注目される成果を出しているが、車体のナットは全て日本からの輸入品しか使っていない。
だった45人の零細企業、日本ハードロック工業株式会社が生産している緩み止めナットだ。
中国製のボルト・ナットはすぐ緩んで壊れる。
輸入ナットは中国製のレンチが壊れるくらい回しても、緩まない。









PR

ブログパーツ アクセスランキング