中国人「半世紀以上、毎年10億円の賠償を払い続けている日本企業」 中国の反応

  • カテゴリ:歴史
  • コメント:27件
170204-001.jpg

半世紀以上、毎年10億円の賠償を払い続けている日本企業

1955年、日本全国の赤ちゃんが下痢したり、熱が出たり、ミルクを掃き出したり、肌が黒くなったりするのに気付いた。
日本の乳製品大手の森永乳業から出荷されたミルクが原因のものだった。
それから今日まで森永は毎年10億円以上の賠償金を支払っている。
半世紀以上経った現在でも、損害を受けた人々の普段の生活費を負担しているのだ。


森永ヒ素ミルク中毒事件 -wikipedia-
森永ヒ素ミルク中毒事件(もりながヒそミルクちゅうどくじけん)は、1955年(昭和30年)6月頃から主に西日本を中心としてヒ素の混入した森永乳業製の粉ミルクを飲用した乳幼児に多数の死者、中毒患者を出した食中毒の事件。森永ヒ素ミルク事件(森永砒素ミルク事件、もりながヒそミルクじけん)とも。
食品添加物の安全性や粉ミルクの是非などの問題で、現在でも引き合いに出される事例となっている。また、食の安全性が問われた事件の第1号としてもしばしば言及されている。



中国人「米軍が兵士に指導した中国人と日本人の見分け方はコレ」 中国の反応

  • カテゴリ:歴史
  • コメント:161件
160818-004.jpg

アメリカ人が思う中国人と日本人の見分け方10!

我々が欧米人を見てどこの国の人か見分けがつかないように、欧米人はアジア人を見て頭を悩ませている。
彼らにとっては、アジア人はみんな一緒に見え、中国人と日本人を見分ける事も難しい。

第二次世界大戦中、米軍は中国大陸上陸作戦を計画していた。まじめなアメリカ人は、『中国人と日本人の見分け方』という冊子を発行し、アメリカ人兵士に中国人と日本鬼子との見分け方を指導した。
その内容を見てみよう。



中国人「百年前の日中朝はどのように「春節」を過ごしていたのかご覧ください」 中国の反応

  • カテゴリ:歴史
  • コメント:59件
160725-001.jpg

百年前の中日朝はどのように「春節」を過ごしていたのか

「社会歴史」この写真は百年前の中日朝の年越しの様子を撮ったものである、各国の習俗がどう違うのかを見てみよう。写真は朝鮮の新年、吉祥物を売っているものだ。



中国人「古代日本は何もかもを中国から学んだが、逆に学んでいないものは?」 中国の反応

  • カテゴリ:歴史
  • コメント:139件
160601-001.jpg

古代日本は何もかもを中国から学んだが、逆に学んでいないものは?

日本にあるすべてのものを100としたら、そのうちの80は中国から学んでいる。
日中両国の交流の歴史は3000年にも及ぶ。古代日本はとても熱心に中国から学んでいた。
建築、音楽、陶器、美術。政治体制でさえも中国から学んだものだ。
しかし、そんな日本でも「学んでいないもの」がある。宦官制度(去勢を施された官吏)だ。
日本の時代劇を見ると、幕府の中で将軍の使用人として働いているのは全て男性であるにも関わらず。
古代の東アジア地区、朝鮮やベトナムなどの儒教文化圏では、みな中国の宦官制度を採用していた。日本だけが採用していないのである。
日本人とは変な民族である。たくさんのものを中国から学びながら、もっとも学ぶべきものを学んでいないのだ。


160601-002.jpg


日本はなぜ宦官制度を採用しなかったのか?
古代日本では、女性の地位が高かったことが関係しているのかもしれない。
現代の日本での女性の地位は低いが、1000年前は、日本での女性の地位は東アジアの中で中国・朝鮮・ベトナムでのそれを超えていた。
日本では女性天皇が誕生していた。第33代が592年に即位し、第44代が770年に即位するまでの170年余りの間の85年間は、女性天皇が即位していた。


160601-003.jpg


宦官制度は男性社会の産物。古代日本は女性の地位が高かったので、採用する必要がなかったのだろう。
古代の男性統治者は、妻子が周りの者と間違いを犯さないよう、宦官を置いていたのだ。
また、日本には牧畜文化がないため、宦官制度を採用しなかったという説もある。動物の去勢をする習慣がないため、人にもしなかったのだ。



中国人「中国の長い歴史の中での数々の発明は、西洋のどの発明にも及ばない」 中国の反応

  • カテゴリ:歴史
  • コメント:53件
160505-001.jpg

中国の長い歴史の中での数々の発明は、西洋のどの発明にも及ばない

中国の長い歴史の中でたくさんのものが発明されたが、本当の意味で世界の、人類の発展に役立ったのは一つもない。
それに大して、西洋はどんな小さな発明でも世界を大きく変化させてきた。
中国の発明を全部足してやっとそのひとつに及ぶかどうかぐらいだ。









PR

ブログパーツ アクセスランキング