中国人「上野動物園のパンダの名前に日本人が文句を言っている」 中国の反応

  • カテゴリ:動物
  • コメント:70件
170927-002.jpg

上野動物園のパンダの名前に日本人が文句を言っている

シャンシャン(香香)と名付けられた上野動物園のジャイアントパンダの赤ちゃん。
「カタカナ」のみを条件に募集したところ、寄せられた32万2581通のうち、最も多かった名前は「ルンルン」だった。
実はこの名前、1986年に公募した時も最多だった。

「ルンルンには1万2154通の応募がありましたが、既に他のパンダの名前になっており、採用とはなりませんでした」。
25日に都庁で開かれた記者会見で、園の担当者は選考過程をこう説明した。

パンダが初来日した72年以降、上野動物園で生まれた赤ちゃんは5頭。
2頭は生後数日で死亡したため、名前を募ったのは今回が3回目だ。

1回目の86年には約27万3千通の応募があり、約9千人が寄せたルンルンが一番人気だった。
しかし「中国語にあてはまる字がない」などの理由で一次選考落ち。
俳優の黒柳徹子さんや当時の都知事が最終選考で15の候補を協議した結果、トントン(童童)に決まった。

これに対し日本のネット民は、
「シャンシャンよりルンルンのほうが可愛い。中国語に当てはまらないといけないとは知らなかった」
「結局、中国語名じゃないとダメなんですね」
「不採用なら、公募の意味ないじゃん」
「ルンルンなら輪輪とかあるやん」
「潤潤もルンルンって読める」
「シャンシャン良いと思うよ。お母さんはシンシンだし」
「まぁ、パンダの赤ちゃん可愛いから何だっていいよ」
などとの反応だ。



中国人「生まれ変わったら和牛になりたい…和牛の飼育環境が贅沢すぎて幸せそうだと話題に」 中国の反応

  • カテゴリ:動物
  • コメント:57件
151128-71.jpg

贅沢すぎ!和牛は幸せ~

日本の和牛は高級牛肉代表であった。
和牛は飼育中優遇されるからこそ良い肉質が保障されている。
牛の健康のため牧場は丘のある山間部に設置し、運動させることにより良質な肉作りが出来る。
たんぱく質のたくさん含まれる乾燥したおからを餌の中に入れたりして贅沢に飼育されている。


中国人「BBCとCNNで話題になった日本のハンサムゴリラの写真集が発売?日本人がよくわからん…」「安倍よりハンサム 中国の反応

  • カテゴリ:動物
  • コメント:32件
151008-31.jpg

日本一ハンサムゴリラは写真集を出版?

日本名古屋東山動物園にハンサムで有名になったゴリラの写真集が今年の10月、東京の扶桑社によって出版される。
この写真集は公園から提供されたゴリラの日常生活シーンの写真を使用する予定。
このハンサムゴリラは顔がイケてることで話題になり、イギリスのBBCとアメリカのCNNでも報道されたことがある。


中国人「日本の公園のパンダが怖すぎると話題に…」 中国の反応

  • カテゴリ:動物
  • コメント:37件
150924-41.jpg

日本公園のパンダはホラー映画のキャラクター?

最近ネットで「公園に怖いパンダ」というタイトルの写真が掲載されていた。
よく見たらこのパンダは怖いどころか、ホラー映画のキャラクターを彷彿させるぐらいの代物。
日本ではパンダに対して誤解があるのではと思わせる。


中国人「パンダを狩った奴と買った奴が逮捕される」「国宝なのに…」「あんな間抜けな模様の毛皮のどこがありがたいんだ…」 中国の反応

  • カテゴリ:動物
  • コメント:17件
150528-22.jpg

雲南省でパンダを狩猟し、殺害した事件を解決し、10名の容疑者が捕まった。

雲南省森公安局によると、最近警察はパンダを狩猟し殺害した事件を解決した。
事件現場は雲南省の昭通市塩津県だった。
10名の容疑者が捕まった。
パンダの皮一枚、肉9.75キロ、足骨2本、頭骨2個、肝一つを没収した。
パンダは国の一級重点保護動物で、国宝といわれる。

パンダの殺害事件を聞いた後、記者は雲南省森公安局に行って、事件がたしかに起きたことを確認した。
事件の時間は12月4日で、死んだパンダは成年メスだ。
パンダを殺した王両兄弟とパンダ肉を買った呉容疑者が捕まった。


中国人「我が国の忠犬ハチ公である『忠犬・串串』の話が酷すぎると我々の中で話題に」 中国の反応

  • カテゴリ:動物
  • コメント:68件
150101-31.jpg
串串・写真右

日本のハチ公と同じ!忠犬が3回捨てられたが自分で家に帰った。主人を見て涙を流した

その雌犬は漢口(湖南省)に捨てられながらも、主人と別れたくなくて武昌(湖北省)の家まで何度も走った。
日本忠犬ハチ公と同じだ。

52歳の郭海青さんは武昌のある会社の人で、妻と一歳の白い雌犬“串串(チュァンチュァン)”を飼っていた。
夫婦は串串のことが大好きで、会社の人も串串が好きだった。
何ヶ月か前、串串が8匹の可愛い子犬を産んだので、子犬たちを全て同僚に贈った。
でも何度も子供を産むと同僚の仕事に影響するからと思って、郭海青は串串を捨てようとした。

それで、彼はバスに乗り、黄家湖に行った。
バスを降りて串串をそのまま現地に捨て、その後、バスに乗って家に戻った。
次の日、捨てた串串がドアの前に立っていた。

しばらくして彼は串串をつれて、自転車に乗って鉄機路付近の花市場で花を買った。
花を買った後、郭さんは串串をその場に捨て家に戻った。
でもその日の夜、やはり串串は家に戻った。

どうしようもなくなり、郭さんは串串をつれて船に乗って江漢に行った。
串串を業者の人に贈ってあげようと決めた。
でもその人にはいらないと言われ、他の犬販売業者にも断られた。
郭は串串を連れて、江漢路、六渡桥の近くでぶらぶらして串串を捨てようとした。
郭さんは串串にミルクを飲ませてから捨てようと思ったが、串串はまるでそれがわかってる様に、どうしてもミルクを飲もうとしなかった。
しょうがなく地下鉄で家に帰ろうとしたとき、駅で安全検査され、犬を連れてちゃダメだと言われたので、郭さんは串串を置いてそのまま帰ってしまった。

次の日14時ごろ、家にいた郭さんは外で変な音がしたので、まさか戻ってきたのかと思ったら、やはり串串がそこにいた。
これは郭さん夫婦たちに超驚かせた。
「漢口にまで行って捨てたのに、どうやって帰ったのかさっぱり分からない。」
主人を見て、串串はすごく喜んだ。
その後、串串は突然人のように涙を流した。
郭さん夫婦はすごく驚いた。
犬も人間の様に涙を流すなんて思いもしなかった。
彼も悲しくて泣いたんだ・・・
きっと私たちに捨てられたことに悲しんでるんだろうと2人は思った。

昨日午後、私は串串を見にいった。
彼女は自分の子供たちと遊んでいた。
郭さんは彼女を可愛がっていた。
郭さん夫婦はもう二度と捨てない、ずっと串串のそばにいると言っていた。








PR

ブログパーツ アクセスランキング