中国人「日本人が強いのは、給食がしっかりしているからだった」 中国の反応

  • カテゴリ:教育
  • コメント:20件
161106-001.jpg

日本人が強いのは、給食がしっかりしているからだった

日本の子供は昼にちゃんと栄養バランスの取れた食事を食べることが出来る。
学校で子供たち自身が白い服を着て食物を提供する役目を果たし、その他のものは整然と並んでいる。
全員が席に着いた後、手をたたいていただきますと言う。
それらの食べ物は資格を持つ栄養士が調理し、衛生的で寄生虫や病気とは縁がない。
またカロリーやたんぱく質など子供に必要で十分な栄養が考えられており、アレルギーを持つ子供にも格別の注意が払われている。
中国はスタートラインから日本に差をつけられているのだ。



中国人「中日両国の身長や体型の比較、我々のデータからするとまた誰かが足を引っ張っている?」 中国の反応

  • カテゴリ:教育
  • コメント:53件
中日両国の身長や体型の比較、我々のデータからするとまた誰かが足を引っ張っている?

国家衛計委のデータ報告によれば、我が国の成人男性の平均身長は167.1cmで、女性が155.8cmのようだ、この数字は予想より低すぎたようで、疑問の声があがっている。
実は予想より低いだけでなく、隣国よりも低いようだ。


画像:中日両国の成人の身長対比

161013-001.jpg


多くの人が東アジアの隣国の人たちの身長を持ち出し、我々と比較する。実際には中国人に「小日本」と呼ばれている日本人が、平均身長だけでなく、身体的な素質全般で中国人に完勝しているのだ。



中国人「知ってた?欧米人がアジア留学するなら、多くの人が日本より中国を選ぶ」「アフリカ人ばかりだが…」 中国の反応

  • カテゴリ:教育
  • コメント:99件
160825-001.png

知ってた?欧米人がアジア留学するなら、多くの人が日本より中国を選ぶ。

中国にいる留学生は、約60万人。
韓国人が一番多く、その次はアメリカ人で、三番目が日本人だ。
それ以降の順位では、フランス、イギリス、ドイツ等、欧州先進国が並んでいる。
韓国と日本は中国と距離が近いから、お互いに留学先に選ぶ傾向がある。
これは、中日韓が仲良く無いのに旅行者が一番多いのと同じ理屈だ。
日本へ留学しに行ったことがある人は分かるだろうけど、日本の語学学校では英語に次いで中国語が多い。
三番目の韓国語と比べたら、1:10の比率となる。
日本に留学する欧米人は滅多にいないそうだ。
日本は人材育成政策の一環として、2020年までに留学生30万人を受け入れる計画だそうだ。



中国人「なぜ日本人の中国留学者(台湾を含む)は一番多いのか?」 中国の反応

  • カテゴリ:教育
  • コメント:26件
160411-002.jpg

なぜ日本人の中国留学者(台湾を含む)は一番多いのか?

2013年、日本の海外留学生は55350人で、前年より4788人減少した。
留学目的地から見ると、19334人がアメリカを選び、その次が中国大陸を選んでいて、17226人。
第三位が台湾で、5798人である。



中国人「日本の学校ではなぜ靴を脱ぐのか?真相はこうだった…」 中国の反応

  • カテゴリ:教育
  • コメント:47件
160405-001.jpg

日本の学校ではなぜ靴を脱ぐのか?真相はこうだった・・・

日本ドラマを見たことがあるならわかるだろうが、日本の学校は幼稚園、小学校、中学校、高校すべて、学校に入ると靴を脱ぐ。
なぜかわかるか?
今日はみんなにこの特殊な事情について話そうと思う!


160405-002.jpg

日本の学校に入ると、どこもこういう下駄箱がある。学生たちは学校に入る前に靴を専用のシューズに履き替えるのだ。その理由は、一般に日本の公立学校には清掃員がおらず、学校の清潔さを保つために、学生たちは靴を履き替える必要があるからなのだ。


160405-003.jpg

では清掃員がいないのに誰が掃除をするのか?当然学生たちだ、国内で高校に通っていた頃、毎日放課後には掃除の係が大まかな掃除はしていたが、日本では毎日細かいところの掃除をしている!



外国人「留学するなら中国か日本か?」 中国人「みんな中国推しなのに中国人が…」 中国の反応

  • カテゴリ:教育
  • コメント:76件
160324-002.jpg

160324-003.jpg

「留学するなら中国か日本か?」について語る外国人たち

Cheers(スレ主)
私は大学生なんだけど、留学したいと思っている。
いま、二つの国で迷っている。
日本と中国。
東方の文化や言語を学びたい。
どちらかの国で、修士をとりたいと思っている。
でも、どちらの国へ行けばいいのかわからない。
どちらかといえば日本に行きたいなと思っている。
私の大学は中国の大学との交流が多いから、中国の大学には簡単に入れるかもしれない。
まずどちらに行くかを決めて、先に少し言葉を勉強したいと思っている。
みんなはどっちが良いと思う?アドバイスプリーズ。



中国人「日本の生活費が増加の一途で4割の大学生が全く読書をしない」「信じるかよ…」 中国の反応

  • カテゴリ:教育
  • コメント:39件
160314-001.jpg

日本の調査:生活費が増加の一途 4割の大学生が全く読書をしない

「環球時報特約記者 傅南康」日本の全国大学生活協同組織連合会が発表した調査報告によれば、大学生の生活費は増加を続けており、読書時間は減少し、4割の大学生が「全く本を読まない」ようだ。

日本のライブドアのサイトで27日、この調査は全国30か所の大学の8930名の学生を対象に行われ、調査内容は学生の生活費、日常生活や政治意識等を含むものだった。そのうち最も注目を集めたのは大学生の読書時間である。報告によれば、学生の一日の平均読書時間(電子書籍含む)は26.9分だった。学科で分けると、文系は32分、理系は24.2分だった。男女別では、男子学生が29.2分で、女子学生が24.3分だった。全く本を読まない学生は調査人数の40.5%だった。本を読む学生の減少で、大学生の毎月の書籍購入の費用も減少傾向にあるようだ。

ある分析によれば、大学生の読書時間の減少の原因はスマホのしようと関係があるようだ。ヤフージャパンのサイトの文章では、日本の全国大学生活協同組織連合会は学生のスマホの使用時間について調査を行った結果、学生の1日のスマホ使用時間は平均で155.9分だった、普段本を読まない人はスマホをさわる時間がより多く、167.3分だった。だが読書とスマホに関係はないという考えもある。

日本の信州大学の校長山澤清人は学生がスマホに依存する生活に反対している、彼は「スマホをやめるか大学生をやめるか」という講演をやったことがある、最近の日本の若者のスマホに依存しすぎる傾向に憂慮を示している。彼は「学生をスマホから遠ざける方法を考える必要がある、彼らに本を読ませ、友人と交流させ、思考する習慣を養成するべきだ」と呼びかけている。



中国人「日本と中国の教育を比較した結果…」 中国の反応

  • カテゴリ:教育
  • コメント:48件
160208-001.jpg

中日教育の違いについて、自分の考えを語りたい

みんなの意見も歓迎する。

1、
中国の教育は知識に重点を置いていて、学生の知識量を増やすことを中心に教育する。
日本の教育は学生の自主能力を養うことに重点を置いている。

2、
中国の教育は厳しい。
日本教育は緩い。

3、
中国の教育は平均化を提唱していて、大学でようやく分科する。
日本教育は専門特化教育を実行し、学生の志望と能力によって学生の進路を導く。普通は高校で分科する。

4、
中国の教育では保護者が主導で、学生が保護者の希望に従う。
日本の教育は学生が主導で、保護者が学生の意見を聞く。

5、
中国の教育では道徳や礼儀をあまり重視しない。
日本の教育では道徳や礼儀について学ぶ機会が比較的多く、部活動なども含まれる。

6、
中国の大学入試は1回しかない。
日本は2回あり、国で統一した試験と学校毎の入試がある。









PR

ブログパーツ アクセスランキング