中国人「これが日本の萌えアニメの原作者の顔だ!!!」 中国の反応

181105-006.png

これが日本の萌えアニメの原作者の顔だ!!!

声優の素顔があまり知られていないのと同様に、多くのアニメが人気であるものの、作者の顔を知る人は少ない。最近日本のネット民が萌アニメのの原作者の写真をネットにアップし、話題を呼んだ。



中国人「今の日本はなんだかつまらない」 中国の反応

180831-001.jpg

今の日本はなんだかつまらない

流行音楽はAKB48くらいで、日本の流行音楽はわざと男性向けにセクシーな女性が踊るものばかりな感じがする。
または未成年の性でお客を楽しませる。
こういうものは何の意味があるのか。
ゲーム産業も、Hなゲームばかり。
日本のゲームユーザーはモニター越しに女性声優のいろんな声を聞きたがってるだけだ。
こういうゲームは市場が十分大きいから、一般のゲームメーカーも迷走している。



中国人「日本の”女体化文化”が中国に無事伝わった」 中国の反応

170910-000.jpg

日本の”女体化文化”が中国に無事伝わった

最近、日本には「女体化」の風潮があるらしい、百度百科によれば、女体化とは、元々男性の登場人物を女性に変えてしまうことで、より感動や驚きを与えるのだという。アニメ作品によくみられるもので、原作の設定のみならず、同人の二次創作でもかなり流行している。


中国人「なんで日本の漫画が描く未来はいつも絶望的なの?」 中国の反応

170701-001.gif

なんで日本の漫画が描く未来はいつも絶望的なの?

三カ月ほど前、実写版『攻殻機動隊』を見た。

物語は「第3次、第4次大戦を経た21世紀の日本で、サイボーグや電脳が普及した社会の中、多岐に渡る犯罪を防ぐために活躍する内務省直属の攻性公安警察組織「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)に所属する草薙素子と謎のハッカーを巡る物語」というものだ。

そういえば、日本の漫画では、いつも「私たちにまだ希望はある!」「俺は人類の可能性を信じている」といったセリフが登場する。

なぜ日本の漫画が描く未来は絶望的なものが多いのか。







PR

ブログパーツ アクセスランキング