中国人「中国、日本、韓国。欧米人はどの国が一番好きなのかを聞いてみた結果…」 中国の反応

  • カテゴリ:社会
  • コメント:44件
161118-004.jpg

中国、日本、韓国。欧米人はどの国が一番好きなのかを聞いてみた結果・・・中国はもっと頑張らないと・・・

アジアでは、中国、日本と韓国は頂点に立つ3つの国だ。ただ国民性の違いで、風習などが違うところはもちろんある。欧米人がどの国を一番好きなのか見てみよう。



中国人「東京は日本の首都ではなかった!?首都を勘違いしがちな8つの国!」 中国の反応

  • カテゴリ:社会
  • コメント:74件
161114-001.jpg

東京は日本の首都ではなかった!?首都を勘違いしがちな8つの国!

多くの人がスイスの首都はチューリッヒだと考えている。チューリッヒは最も豊かな都市だが、首都ではないのだ。連邦政府が投票で首都を決定した時、ベルンは1票の差でチューリッヒとルツェルンを打ち負かし首都となったのだ。



中国人「日本にそんな場所があるんなんて俺は信じないぞ」 日本最大の貧民窟:二万人以上の貧民が生活する地区、ヤクザグループが60も! 中国の反応

  • カテゴリ:社会
  • コメント:79件
161104-000.jpg

日本最大の貧民窟:二万人以上の貧民が生活する地区、ヤクザグループが60も!

大阪の釜ヶ崎は日本では中規模の都市であり、日本最大の貧民窟が存在する場所でもある。現地住民の多くは日本の建築業が繁栄した時期の建築職人たちだ。



中国人「日本人は横断歩道を自転車で渡るのが好きだが、自転車泥棒がひどい」 中国の反応

  • カテゴリ:社会
  • コメント:31件
161024-001.jpg

日本人は横断歩道を自転車で渡るのが好きだが、自転車泥棒がひどい

日本は世界でも自転車好きの国ランキングで3位にランクインしている。オランダが一位、デンマークが二位だ。日本人は多くが自転車で移動するのが好きだ。日本は道路が狭いが、ベルを鳴らしたりしてうまく通行しているのだ。



中国人「日本人は世界一働く民族と大学で教わったぞ?」 過労死が頻発する日本企業 23%の従業員が毎月80時間超の残業 中国の反応

  • カテゴリ:社会
  • コメント:15件
161020-001.jpg

過労死が頻発する日本企業 23%の従業員が毎月80時間超の残業

去年4月、東京大学を卒業した高橋さんは日本の有名な広告会社電通でネット広告の業務に携わっていた。8ヶ月後、残業のひどいストレスで、24年の人生を終わらせてしまった。最近、日本の労働基準監督署が高橋さんの自殺を労災であると認定した。自殺の一か月前、残業時間は105時間を超えており、抑うつ状態になっていた。

高度経済成長期に生まれた「過労死」問題はその後30年来日本社会を困らせ続けている。日本政府が10月7日に出した「過労死等防止対策白書」では、厚生労働省は1万社の企業の2万人の労働者にアンケートを実施し、2015年の正社員の残業が80時間を超える企業は23%で、そのうち32.8%の労働者が、自身の疲労蓄積度を高い、もしくは非常に高いと評価した。45.6%の労働者が「睡眠不足」と答えた。業種から見れば、残業が最も多いのは「情報通信業」で、44%を占めていた。「学術研究、専門技術サービス業」は41%で、「運輸業、郵政業」は38%だった。毎月の平均残業時間が45時間の企業の中では、「運輸業、郵政業」が最も多く、14%に達していた。

「白書」によれば、「過労死」の労災認定はかなり困難なようだ。厚生労働省が2015年に認定した未遂を含む過労自殺はたった93件である。だが警察庁と内閣府が発表したデータによれば、2015年の仕事の問題での自殺は2159件なのである。

労働時間の長さは労働効率の高さを意味するものではない。日本の労働者の毎年の労働時間は2000時間を超えており、ドイツでは1300時間、フランスは1400時間である。だが日本の労働者の労働生産効率はG7のうちで最低で、2014年の日本の労働者の一時間当たりの生産価値は41.3ドルである、アメリカの6割でしかないのだ。

「過労死」問題は80年代後期に注目され始めた。1988年に日本の「労働基準法」で一週間の労働時間は40時間を上限とすることが原則とされ、同年に全国で「過労死」の相談ホットラインが開設された。2005年に「労働時間設定改善特別措置法」が定められ、企業の労働時間短縮を促進し、仕事の方式を改善させ、労働者の生活や健康等とのバランスをとるための労働条件の改善に寄与した。2014年11月、日本は正式に「過労死防止法」で「過労死」を解決するのが中央政府の職責であることを定めた。

「日本経済新聞」によれば、「過労死」問題は労働時間が報酬を決定する制度を改革し、労働効率と成果を重視するようにしなければ解決しないそうだ。日本の国会では「仕事のやり方改革」について深い議論を進めているところで、企業が在宅の仕事や弾力的な労働時間、仕事と生活のバランスを取ることを奨めるようにしていきたいようだ。



中国人「日本の高齢化が危機的状況 80歳の老人がまだ仕事に出ている」 中国の反応

  • カテゴリ:社会
  • コメント:35件
161011-001.jpg

日本の高齢化が危機的状況 80歳の老人がまだ仕事に出ている

総合日本メディアの報道によれば、日本政府が最近発表したデータによれば、年齢が80を超えた日本の老人は一千万人の大台を超えており、2060年には、日本では65歳以上の人口が40%に到達する予測がたっている、高齢化問題は既に日本社会が避けることのできない現代の危機となっており、労働力が不足していることで、多くの日本の雇用主が老人を労働力資源として貴重だと考えている。これによって日本は、80歳に近いが仕事を続けている老人を重要視しているようだ。



中国人「世界で最も危険な国家、中国人として生まれた我々は幸福だ」 中国の反応

  • カテゴリ:社会
  • コメント:63件
世界で最も危険な国家、中国人として生まれた我々は幸福だ

160820-001.jpg

シリア。シリアは2011年初めから今に至るまで内乱状態が続いている、反対派が示威活動を行ったのが始まりだが、それが武装衝突にまで発展した。2011年以来、シリア国内では16万人を超える人が脂肪、900万人が国境内外で失踪している、ユニセフではシリアを子供にとって最も危険な場所のひとつとしている。



中国人「日本で『国宝級の匠』と呼ばれている中国残留孤児二世の女性が700人の日本人をつれて掃除し、世界で最もきれいな空港に」 中国の反応

  • カテゴリ:社会
  • コメント:74件
160706-001.png

中国残留孤児二世の女性が700人の日本人をつれて掃除し、世界で最もきれいな空港に

「新津春子」というおばさんが日本で有名になっている。最も衛生的な掃除ができるとして、日本で「国宝級の匠」と呼ばれているからだ。



中国人「日本の真の貧乏人の生活をご覧ください」 中国の反応

  • カテゴリ:社会
  • コメント:42件
160629-001.jpg

日本の真の貧乏人の生活をご覧ください

日本は先進国で資本主義社会だから、ホームレスなんていないと思っていないだろうか。
ある研究によると、バブルがはじけた90年代初頭からの20年間で、日本人の給料は下降し、貧困率が史上最大となっている。

今年51歳になる佐藤さんは、シングルマザーだ。17歳の娘を養うため、二つの仕事を掛け持ちしている。佐藤さんの年収は200万円にも満たない。「自分を貧困だと思いたくないが、確かに貧しい」と語る。生活の為に、彼女は毎朝早く起きてファストフード店で働き、午後は新聞配達を行っている。

45歳の三浦さんは、眠る場所を確保するため、カプセルホテルに泊まっている。夜が明ければ仕事を探しに行く。カプセルホテルは棺桶みたいだが、日本の繁栄の象徴でもある。ここに泊まる人の多くは、仕事で遅くなり終電を逃した人や、遅くまでお酒を飲んでいた人たちである。



160629-002.jpg










PR

ブログパーツ アクセスランキング