中国人「法政大学に中国人の美少女がいるんだが」 中国の反応

170817-001.jpg

法政大学に中国人の美少女がいるんだが

日本のネット民が驚いている、法政大学にとんでもない中国人美少女が現れたのだ。この女の子は日本で生まれ日本で育った中国人で、呉莉那という。フレッシュキャンパスコンテスト2017に参加した大学一年生である。



中国人「東京が好きなんだけど、文句ある?」 中国の反応

  • カテゴリ:料理
  • コメント:38件
170815-001.jpg

東京が好きなんだけど、文句ある?

・5分歩いてコンビニが見つからないことがない。
・自動販売機は10歩に1台はある。飲み物は暖かい。
・宇宙一ラーメンの種類が豊富。
・飲食店でお客は「神様」扱いされる。

もっと色々あるんだが、東京は世界で最も発展した素晴らしい都市である。



日本人女性「中国人男性と結婚したい」 中国人「誰が彼女をこんなに洗脳したの?」 中国の反応

170813-001.jpg

日本人女性「中国人男性と結婚したい」

日本人女性「中国の大学に留学している日本人です。専攻は中国語です。
中国に来てから、中国人男性と日本人男性は全然違うと思いました。
中国人男性は日本人男性よりも女性を気遣うし優しいし、キャバクラみたいなところには行かない。
友人の中国人女性が言うには、中国人男性の娯楽はオンラインゲームくらいだと。
中国では結婚する時に必ず家を買うらしい。
私の中国語はまだまだだけど、イケメンやお金持ちの中国人男性ではなくて、趣味の合う中国人男性と一緒に暮らしたい。
中国のいろんな事を教えてくれる人と、助け合って暮らしていきたい。」



中国人「日本の免税店で中国人を健康食品で騙してお金を稼いでいるのは、中国人と韓国人だった」 中国の反応

  • カテゴリ:観光
  • コメント:49件
170810-001.jpg

日本の免税店で中国人を健康食品で騙してお金を稼いでいるのは、中国人と韓国人だった

連日多くの中国人を集める東京・新宿区の大型免税店「M」。
“血液がサラサラになる”などとうたうある健康食品が人気となっている。
しかしその成分を調べると驚きの結果が出た。

免税店「M」は韓国出身の社長が創業。
全国に20店舗以上を構え、年商は500億円以上。

去年12月、番組はツアー客に依頼してツアーの様子を撮影してもらった。
そのバスの中でガイドは日本人を褒めちぎっていた。
デタラメな説明で日本人が健康だとアピールするガイド。
免税店「M」で高額な日本製の健康食品を買わせるためのウソだった。
免税店「M」では店員が野口英世の研究所で製造したという健康食品をすすめてきた。

健康ブームの中国で有名な納豆キナーゼ。
その納豆キナーゼ入りと店員がうたう健康食品は人気の商品となっていた。
しかしパッケージの成分表示は納豆菌培養エキス末との記載で、納豆キナーゼの表記はなかった。

番組はこの健康食品に納豆キナーゼが含まれているか検査を生産開発科学研究所に依頼した。
すると別の研究機関の検査でも納豆キナーゼは確認できなかった。

そこで免税店「M」と共同で商品開発をしたという研究所を取材。
“健康食品に含まれている納豆菌培養エキス末は納豆キナーゼの有無を調べていないので箱に表示していない。免税店が誤った説明をしているのであれば是正するべき”と回答。
製造業者である研究所の問題ではないとした。

次に免税店「M」に取材を申し込んだ。
番組の質問に文書で「一部の従業員が健康食品を別の健康食品と混同して説明した可能性がある」と回答。
従業員に対する教育により一層力を入れていくとした。
回答から2週間後、免税店で健康食品の説明を受けた客を取材すると、商品の成分を偽って販売していたことが判明。

ことし6月、旅行業法が一部改正された。
日本国内で中国人ツアーなどの手配を行う旅行会社は登録が必要に。
観光庁は悪質な土産物店への連れまわし行為を禁止行為と位置づけて処分も検討するという。



中国人「沖縄のお店が中国人限定でボッタクリ レンタル料が日本人の10倍」 中国の反応

  • カテゴリ:観光
  • コメント:81件
170806-001.png

沖縄のお店が中国人限定でボッタクリ レンタル料が日本人の10倍

沖縄県宮古島市の砂山ビーチで、レジャー用品の貸し出し業者がパラソルセットの料金を中国人は10倍高くするとの看板を設置していたことが2日、分かった。
看板を見た人から市に「差別ではないか」などと苦情が寄せられていた。
業者は取材に対し「中国人観光客が1人用の椅子に5人座り、壊れたことがある。単に椅子が壊れるから貸したくないだけ。差別ではない」と話した。
その上で「今後は対応を考える」として看板を撤去した。

日本人向けの看板にはレンタル料金は2千円と記されている。
一方、撤去された看板には「中国人のみ2万円」と書かれていた。

業者は14年前から店を営業している。
看板は7月中旬から設置した。
業者は「中国人観光客はマナーが悪い。数年間我慢してきたが、今年は貸したくないから値段を10倍にした」と話した。

海浜は海岸法に基づき、県が管理している。
市内各地の海浜ではマリンレジャー業者の出店が相次ぎ、市にはトラブルが多数報告されている。
このため市は県に対し営業の許可制度を設けることを要請。
県は海浜の管理を市へ移管する方針だ。

宮古島観光協会は「観光産業が伸びつつある中、こういった看板があると観光地としてのイメージが悪くなる。県と市は速やかに協議し条例を作って、管理をきちんとしてほしい」と話した。

沖縄人権協会は「沖縄全体で観光誘客に取り組む中、非常に残念な対応だ。人権問題以前におもてなしの心に欠ける。地域でマナーを学ぶ機会を設けるのも手だ」とコメントした。

北海道小樽市では2002年に、入浴施設で外国人を理由に入浴を拒否されたのは人種差別撤廃条約違反だとして、道内在住の外国人らが入浴施設を運営する会社と小樽市に損害賠償を求める訴訟があった。
札幌地裁は会社側に300万円の支払いを命じる判決を出した事例がある。



中国人「アメリカや日本、世界での公務員人気。なお中国は…」 中国の反応

  • カテゴリ:社会
  • コメント:13件
170802-001.jpg

各国の公務員人気

アメリカでは、大学生の3%が公務員を志望する。
フランスでは、5.3%。
日本では、新卒就職先ランキング50位以内に公務員は入っていない。
イギリスでは、公務員は最も嫌われている職業の一つ。
中国では、76.5%の大学生が公務員になりたがる・・・










PR

ブログパーツ アクセスランキング