中国人「日本の文学って難しくない?雪国っての買っちゃってやっちまったアル…」 中国の反応

  • カテゴリ:文化
  • コメント:97件
150304-51.jpg

日本の高等文学も難しいものなのか?

今日思い立ち、書店へ行って何冊か本を買った。
その中に雪国という本があった。
帰って読んでみたんだけど、はははははは・・・
50ページほど読んでも何が何だかわからない。
以前、百年の孤独を買ったことがあるが、同じようにわけがわからなかった。
ノーベル文学賞の本は私のようなアホに読めるようなものではないのだろうか??
それと芥川龍之介の本もだ。
一部の文章は理解できるが、他は本当に・・・何と言えばいいかわからない。



 



1. 中国人の投稿者
夏目漱石はどうだ?



2. 中国人の投稿者
雪国は面白いが、ちょっと細かいんだよね。
読み始めが面白くないということが原因かもな。



3. 中国人の投稿者
描写が素晴らしい。
だが何を言っているかわからないところが確かにある。



4. 中国人の投稿者
古都は比較的簡単にわかるぞ。
川端の作品には美しさがある。



5. 中国人の投稿者
とても美しい文章だが、肝心の彼が何を言いたいのかがわからない。



6. 中国人の投稿者
実はこの種の文章は元々難しいものなんだよ。
文中では主に島村、駒子の雪国での物語を大筋とし、駒子をほめたたえることで暗に島村を批判している。
文章を読むのなら作者と創作背景を理解することだ。



7. 中国人の投稿者
>>6
そうなんだろうな、だが私は主人公がとても好きだ。
徒労を好む性格が自分と似ている。



8. 中国人の投稿者
一人ひとり読み方が違うんだなあ。
島村は主に駒子が彼を愛するように仕向けた。
彼女には既に不治の病の夫がいて、島村は躊躇してしまい、感情を弄ぶきらいがあった。
これは実は日本文学の男性主人公の特徴だ。
源氏物語の主人公もそうなのだ。



9. 中国人の投稿者
>>8
そうかもしれないな。
島村もいいと思うぞ。
一人の芸者か他人の未婚の妻か、この愛を受け入れる前に躊躇し拒絶するのは一人の男の本能的な反応だろう。
もし拒絶しなければ、それは不自然だ。



10. 中国人の投稿者
どの男にも島村の思想があって普通だと思う。
或いは視点が違うのだ。
だが男性が作り出す女性が彼と対話することを許す情景と関係がある。
他人の評論は参考にしかならないだろう。
千人いれば千通りのハムレットがあるのだ。



11. 中国人の投稿者
八十年代のものはまだわかるが、それ以前となると…ちょっと難しい!ああ、やっぱり人の経験と関係があるのだろう、存在の耐えられない軽さはまだ共感できる、雪国と百年の孤独はめまいがする!



12. 中国人の投稿者
村上の本もよくわからない・・・
きっとつまらないのだろう。



13. 中国人の投稿者
村上の本はまだ分かりやすい方だろ?
本を読んだ経験があるか並みの脳味噌があればわかるレベルのものだぞ。



14. 中国人の投稿者
やっぱり東野圭吾の本がいいよ。
つまらないと読んでいて苦痛だ。



15. 中国人の投稿者
東野の本はわかりやすいよね。
我々の国内の叙事小説と同じだ。
国内のものより真実に迫る感じがある。



16. 中国人の投稿者
東野圭吾はうそ偽りのない推理小説だ。



17. 中国人の投稿者
私は今ウォールデンを苦労して読んでいる。
百年の孤独は半分読んだ。
人間失格はまだだな・・・
ノートルダム・ド・パリは何回も読んだが最初のところで読めなくなる。
今は天才は左に、気違いは右にを読んでいるがとても面白い。
高等文学はあまり私には合わないかな。
読むのはいいが理解が難しい。
まだ読み終わらないんだ・・・



18. 中国人の投稿者
多くの高等文学がしっかり翻訳されているんだよね。
だが作者が内に込めた意味は翻訳者の訳すレベルまでしかわからないものだ。



19. 中国人の投稿者
これが文化の差異なのだろうね。



20. 中国人の投稿者
わたしも日本の高等文学はよくわからない。
作者が生みだしたものと共鳴することでわかるような作品なのだろう。



21. 中国人の投稿者
こういう文学は純文学に属するからだよ。
原文を読むことでその文字の基礎的知識・技能の素地がわかるものなのだ。
翻訳で日本語の微細なものを表現するのは難しいんだ。



22. 中国人の投稿者
源氏物語を読んでみろ。
そうすればその古文と中国の古文が同じものだと気づくだろう。
人に理解させるのは難しいが。



23. 中国人の投稿者
雪国のような本にわかるもわからないもないだろう。
ああいったのは感覚を描写しているだけだ。



24. 中国人の投稿者
ああ、百年の孤独は簡単明瞭なものだぞ。
読んでわかるだろう。
魔幻主義なんかは読みとれないぞ。



25. 中国人の投稿者
それは小さいころからそういう本を読んでいないからだな。
そういう時代の本の感覚を育てていないのだから、普通のことだと思うよ。





ンゴンゴ言ってるこのラノベクソワロタwwwww

( `ハ´)「まだ六割の中国人が日本製品ボイコットをやっている件」

ラーメン二郎店主「丼戻せ」 俺「えっ・・・?」 店主「丼カウンターに上げろ!!」

【炎上】 大学副学長が新幹線指定席での車掌とのいざこざをツイッターで愚痴る


コメント引用元:日本高端文学都很难懂吗?
 

もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ

一日一回応援していただけると励みになります!








 


海外と直接交流する掲示板を作ってみました。
まだまだ未完成ですが、よろしくお願いします。





コメント一覧

161895通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国人って本読むんだぁ・・・。
161896通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
芥川の王朝物は中国と親和性が高そうだがなぁ。
むしろ三島由紀夫とかは無理だと思う。
161897- ▼このコメントへ返信
川端が今の時代に若者だったらハーレム日常系ラノベ書いてたかもw
161898通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
余は支那人や朝鮮人に生まれなくつてまあ良かつたと思つた

         ,,、-‐‐‐‐-‐、
        /:::::::::::::::::::::::::ヽ、
       /:::,、r'''" "''' ‐ 、::::::`;
       |::/       .:.i:::::::i
       リ' _,,,,,_  ,,,,,,,__ .:.:!::::::l
       {i ;,rrェ; ::;ィ:tァ、,,.:`;;:ノ-,
       'l  .: .:.:... '' .:.:..::/ /
        l   ‐ァャ;;'  .:.:.:../ノ
        '、,ノリリ川iャ: .:.::/ヽ
        \ ''''''゛ .:.:/:::::::ヽ
         入‐--‐''"/:::::::::::|::\
     ,,,、-'''"::/ヽ、___/:::::::::::::::::|::::::::` ヽ 、
   /:::::::::::::::/ ノ;;;;/::::::::::::::::r‐‐'::::::::::::::/::
161900- ▼このコメントへ返信
まずは短編から入ってみれば?
川端なら掌の小説とか
161901通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
百年の孤独はマジックリアリズムが理解出来ないと面白くないし、
ただひたすら現実生活サバイバルと金儲けだけのために生きてきた大陸の中国人には無理だろうな。
161902通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国人は、「 宮沢賢治 」は解らんだろうな
161903通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
翻訳が悪い可能性もある。
微妙な機微が伝わらないと名作も駄作になりえるんじゃね?
161904西夏の旅行者 ▼このコメントへ返信
金庸の武俠小説とか読まないの!?
それか三国志とか水滸伝とまでいかんでも、
現代小説とかは?

もっと楽なら、「とある魔術の禁書目録」み
たいなライトノベルとかでもいいから。

三国志の馬謖や、戦国時代の趙括みたいに、
学を鼻にかけて自己陶酔して、実戦でボロ負
けする、自惚れ・自己満足の為の読書じゃな
いんだから、本を読んで知識を蓄えるのも重
要だぞ。
161907通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
そういうものを見る前に孟子でも読め

それが終わったら、諸外国の中国の歴史の本を読んでみろ
161908通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
俺も本あんまり読まないけど宮沢賢治とか夏目漱石オススメするよ
義務教育で扱う内容だったからわかりやすいと思う
161909通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
翻訳のせいなのか、情景的なのはつまらないらしいな。
161911通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
俺も文学は正直よくわからない
ミステリ等の娯楽小説までの頭ですわ
161912通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
翻訳されているとはいえ純文学に手を出すとは正直凄いわ
161913通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
学生時代に読んだ
ノーベル賞よくこれでとれたなと感心しきり
ラストは忘れた
161914通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
川端康成は英語翻訳まで考えて執筆してたとか?
今で言ったら村上もだろ、中国語になってどれだけ
良い翻訳が出来てるかって問題も大きいでしょう。
特に中国語はリズムの美しさというのもあるんだから。
なかなか中国語訳になって美しいと考えて執筆出来る
作者はいないんじゃないだろうかね。
161915通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国人にオススメの古典といったら「モンテクリスト伯」しかないよ。
血と復讐のピカレスクロマンだぞ。復讐大好きだろ?
血沸き肉躍るぞ。
161916通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
里見八犬伝でも読んでろよ
江戸時代の厨二病ラノベだぞ
161917通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
翻訳されてるってのもあるかもね。この困ってる中国人さん、短編から読み始めたほうがよさそう
161919通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
ドグラマグラ読ませたいわw
161920通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
よくわからないんだが、日本語版で買っちゃったのか、それとも翻訳版で買ったのか。
日本語なら日本の中高生でも明治大正文学はチンプンカンプンな人多いし、
翻訳版で買ったなら、翻訳が悪かったとしか言いようがない。
出版社に「もっといい翻訳者を雇え」と抗議するべきだなw
161921通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
漱石の「坊ちゃん」なら翻訳でも面白いんじゃないかな。「三四郎」や「こころ」もいけるだろう。
「それから」はどうだろうかな。最後のあの怒涛の文章を、翻訳で表現できてるのかどうか。

太宰治の中期作品もうまく翻訳できれば楽しめそうだな。走れメロスとか駆け込み訴えとか。あのリズム感さえ出せれば。
161922通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※16
そもそも、外国語に訳されることを想定して書かれた文章は「のっぺらぼう」なものになりやすい。
なんか味がないっていうかね。わかりやすいんだけど深みがない感じで。
161925通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
「赤と黒」「ジャンクリストフ」を読もうぜ
日本の文学は読むだけ無駄なものも多いぞ
チラシの裏にでも書いてろな私小説ばっかりだしな
161927通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
たいした精神世界の深みもない中国人が他国の文学を読んでも仕方ないだろう。

もし理解できたとしても、土人の群れのなかで唯一目覚めた「生意気な奴」として排斥されて苦労するだけ。



161928通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
芥川龍之介なら

・羅生門
・藪の中
・鼻
・芋粥
・蜘蛛の糸
・地獄変
・杜子春
・トロッコ
・河童

このへんおさえておけばおk
これらの作品を理解できないというなら、翻訳が悪いんだろう。
まあ、おそらくスレ主は後期の私小説的作品に当たってしまったのだろうが。
161930通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国で百年の孤独が一応知られてるのが驚いた
ドストエフスキーはどうなんだろう、中国人も好きそうな気がするけど
161933通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
ところで魯迅って現代中国人にはどれだけ読まれてるんだろうね?
161935通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
江戸川乱歩とか、横溝あたりの方が合うんじゃないか?
名探偵コナンでも結構楽しんでるようだし。
161936通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※24
欧州人でも最優秀民族・日本人様でも無い遺伝子病劣等民族・半島猿が生意気なことを言ってはいけません。
161937通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※29
スレ主はインテリぶって文学を読める自分に酔いたいだけでしょ。

「面白い」「読みやすい」って基準で薦めても聞く耳持たないと思う。
161938通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国は、やっぱり中国だな

漢字発明した文学の国だよ。すげー~
こいつたちなら、政府が反日で騙してもちゃんとた国家を作るだろう
日本としては怖い国だ
161940通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※30
何を言ってるんだお前はw
文学なんか皆無に等しい半島なんかどうでもいいんだよ

戦前の日本文学が私小説だらけなのは事実だし、俺はその手の小説が嫌いなだけ。
それよりは西洋文学のほうが面白い。太宰も芥川も私小説作品より、完全フィクション作品の方を評価している。
漱石も「坊ちゃん」「三四郎」「それから」「こころ」あたりは好きだが、「道草」みたいなのは好きじゃない。
それだけの話だ。
16194132 ▼このコメントへ返信
連投だが、漢字を発明し、漢詩を作った子孫の末裔として、
共産党によって反日洗脳されるのは見たくない

誇り高い国がこんなんじゃねーよ
161942通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※34
中国系日本人なん?
161944通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>人間失格はまだだな・・・

これが一番もったいないと思った。

阿佐田哲也の麻雀放浪記の中国語訳を出版したらバカ売れすると思うが、許可が下りないだろうな。

161945通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
しかしこれってさ、たんに中国語では日本語の細かいニュアンスまでをくみ取れない可能性もあるんじゃないか?
161948通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>漢詩を作った子孫の末裔として、

すまね。「末裔なら、」とするべきだった。
純日本人です
李賀とか漢詩好きなだけっす
161951通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
音楽にしろ文学にしろ「意識高い自分」を演出するための小道具としか思ってない人って
名作を理解出来ないのが納得いかないみたいよね。

あーいうのは「好きかどうか」が一番大事なのに。
それがわからない時点で向いてない。
161952通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
太宰治が中二病炸裂しまくりでラノベからのステップアップにはオススメ
161956通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中島敦と、太宰治の「竹青」、芥川龍之介の「酒虫」が
漢訳されたらどうなるのか気になる
161957通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
純文学や古典は日本人でも読んでる若い人間少ないからね
翻訳の問題もあるだろうし軽く読めるミステリとかでいいんじゃないか
161958通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
川端康成なんてかなり平易な文章だろ。
難しいってのは泉鏡花みたいな文章のことを言うんだよ。
161960通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
純文学とか読んだこと無いわー
子供の頃は伝記とかファーブル昆虫記とか読んでたしw
今はラノベばっかりだしw
子供の頃にもっと違った方向性の本を読んでたら人生違ってたかな・・・
161962通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
追いかけてぇ~
161964通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※43
泉鏡花は短編はともかく長編は難しいわけじゃなくて本題へたどり着くまでが回りくどいんだよ。

しかし、芥川がよくわからないって一体何を読んだんだ?
161965通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
家に羅生門あったんだけどなぁ~、古文とか…探さないと(^_^;)
夏目漱石の吾輩は猫であるとか三毛猫ホームズシリーズ
色々読んでるけど、文学本は何回か読んでると理解出来るようになると思う
自分も1回では理解不能だったので・・・
欲しいけど、金欠で買えないんだよね(´;ω;`)
161967名無しのおぢさん ▼このコメントへ返信
最近は本を読んでないやー
161968名無しよん ▼このコメントへ返信
ほかの海外反応ブログだと「何が言いたいのかわからない」というニュアンスに訳してあった。
そういうことなら、川端については理解できなくもないが、芥川についてはちょっとなあ。
ただ『百年の孤独』にも言及してるし、要するにストーリーやわかりやすい価値観ではなく、感情や心境が主題になってる小説に馴染みがないんじゃないかなあコノヒト。ラディゲやフローベールあたりについても同じ感想を持つんじゃないかと思う一方、魯迅の(『阿Q』や『狂人日記』以外の)小品についてはどうなんだろうか。
161969通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
原文より翻訳文の方がフィルター通ってる分、汲み取り易くなってる場合もあるそうだね。
実体験としては、元は同じ作品でも翻訳者次第で理解の難易度が全く違ってくるってのを何度か経験したな。
和→中の翻訳家って層の厚さはどうなんだろう。
161970通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
フランス書院の翻訳作品て下半身親日国にはあるのかなぁ。
161971通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国とは言っても読んできたのは翻訳作品じゃなく、帰化人含め日本人作家のオリジナル作品ばっかだ。
西遊記とか三国志とか原作が中国でも、翻訳と言うより題材に拝借って扱いだしな。
161972通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
引っ越しするとき本整理することにした。
段ボール20箱、捨てるのは忍びない、古本屋にタダで良いから引き取って?
カバーが付いてないと受け取らない。
?????????????
俺は本を買った瞬間に邪魔なカバーを捨てる。
本だろ、ほとんど新品の様な本だぜ。
161973通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
ソローのウォールデンは正直名著とは思えない
スキナーのウォールデンツーは名著だけど
161974通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
びっしり漢字だけの本なんて考えただけでも読む気が失せるわ。
中国人の本の平均購入量が少ない原因のひとつかもな。
161975- ▼このコメントへ返信
翻訳が下手なだけじゃないのかな?
芥川作品なんて日本語の見本てくらい綺麗で読みやすくて分かりやすいよ。
日本語覚えて日本語で読めば面白いと思うよ。
161976通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※53
貴重な本なら保存しとけ
そうでないならそんな売り物にもならないもん価値0だからさっさとリサイクルに出せ
161977通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
昔の小説ならなおさらのこと原本の文章自体に美しさや面白さがある
詩と同じでその言葉だからこその流れや響きがある
単純に直訳したら表面的な意味しか伝わらない
いろいろな理由からその言葉、その単語を選んで書いたはずの文章が
平凡な文章になり下がる
もちろん翻訳家が両方の言語と文化を熟知していれば
うまく意訳することもできないわけではないが外国文学の翻訳が盛んな日本でさえ原本を超える訳などほとんどない
翻訳で元の作品を理解しようとするんじゃなくて
翻訳とはこういうものだと理解した上で読むしかない
161978通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
子供の頃に夏目漱石の小説と宮沢賢治のを読んで大好きになり、大人になった今も大好きだ。
でも確かに昔の作品には難しい言い回しとか、今では使われてない言葉が数多くあったりして(注)でいちいち意味を確認しながら読まないと理解できなかったりするね。
161979通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
川端の文章は書かれた当時の日本でもぼんやりした文章って言われていたらしいからまちがってないかもw
あわあわとした文章に精髄があると批評したひともいる。その辺がわかるひとにはぐっとくるんだろう。
161980通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※20
台湾では翻訳が出てるみたいだけど、その題名「腦髓地獄」w
161981通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
文学なんてものは高尚でもなんでもないからね
文学を読んでる自分を高尚だと自慢したいだけの人間ほど
いろんな文学を全部理解しようとしたり
まるでいろんな文学を理解出来てるかのように言う
文学はその時の作者の強い考え方や物の捉え方が作品に出てるから
それに共感できなければ面白くもなんともないし
逆に共感すればものすごく衝撃を受ける
これは文学に限らずアニメでも漫画でもそうだ
その時期の自分にとって共感できるかできないかってだけだから
芥川だろうと太宰だろうと川端だろうと
面白さを感じられるかどうかは人それぞれ
自分が面白いと思ったからって他人もそうだとは限らない
自分がその良さを感じられて理解できたからって他人も同じように感じるとは限らない
だからその時は何がいいのかも分からずつまらないものでしかなかったのが
いろいろ経験や環境が変わって見方が変わると良さに気づいたりもする
逆に自分が変わったことで面白く感じていたのがつまらなくなることもある

だからその作品の良さを理解できるできないで偉ぶったり蔑んだりする幼稚な人間は滑稽極まりないというだけ
161986通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国人と純文学.....だと?!

冗談うますぎる
161987通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国人なら中島敦から入ったほうが親しみやすいと思う。
161988通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※53
そういう、みてくれ価値のない綺麗な本を
愛書家は好むものだ
市場に出してくれ
帯やカバーは要らない
161990通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
話題にあがってる川端も東野圭吾も大阪の人だね
でも一方は美しい文学で、もう一方は大衆的
ガルシアマルケスはコロンビア
要するに国は関係なく純文学が苦手なだけじゃないの?

161991- ▼このコメントへ返信
本って巡り合わせだよね。
161995通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
ロシアや東欧、中南米共産圏の文学もすばらしい。

一方、中国はソ連様に建国してもらった傀儡国家のくせに、
文学やアート、文化全般でソ連どころかキューバの足元にも及ばなかった。

161997通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
率直に、読書家はやはりインテリだと再認識たわ、憤青や五毛が湧いてこない
162003通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
そう言えば中国人の友達に東野圭吾たのまれたなー
162004通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※7
賢治の『雁の童子』って知ってる?舞台が中国なんだけど。
162017通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※69
別に憤青や五毛でもいいんだけど、中国では無教養な奴ほど愛国だからな。

それが先進国との違い。

162021通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※72
いやw先進国でも同じだよw
教養のない人間ほど相手を蔑んで自分の価値を落としてるだけなのに気づかない
162022通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※73
・・・と必死に工作してるけど、アメリカや日本でも教養のある層ほど保守愛国だからね。

日本で中韓擁護してるお花畑なんて、特亜の呪われた歴史や民族性も知らず、地図でどこにあるかも言えない連中が多い。
162023通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
「百年の孤独」なんか読むより「孤独のグルメ」でも読んでろ!
162032通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国は「毛沢東語録」以外は禁書じゃね?
162039世界のIGZO ▼このコメントへ返信
※45
〜雪国〜♪
162061通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
いきなりアードベクプロビデンスとか飲んだようなもんだろ。
ビールでいいんだよ。ビールで。
162072通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
まー中国人も言ってるけど、下地となる文化、慣習といった知識と感覚が違えば理解度も変わってくる。
特に雪国(というか川端)自体が、現代日本人の感覚で読むと違和感ある作品だし。
162074通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
翻訳のせいってのは絶対あると思う
翻訳された文章って妙にサッパリしすぎてるなと思うことある
162077通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
自分も純文学などの文学の世界は理解できない
162111通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
わりとマジレスするとこういう話をしている中国人は大学生で
ここいらで「中国人なんて〜」とか言ってる層より
あきらかに知能レベルからして上
英語の洋書を買ってみたけど〜とか議論してる日本人に
英米の底辺がスマホから「へぇ日本人って本読むんだ」とか
言ってたら聞いた方が苦笑すんだろ、そんなん。
わきまえろ。
162113通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※74
世界中の研究で保守右翼層は底辺のバカがなるって結果出てるんですけど…
別に左翼が〜とかそういう話ですらなくてあたまが悪いと
ものごとの細かい区別がつかなくてたとえば日本人の中のいいひとわるいひと
中国人のなかのいいひとわるいひとって細かい理解ができないから
いっしょくたに「あれがわるもの、これがいいもの」ってやるという結果。

おまえの発言が明確に示してるとおり。
162131通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※83
ばかばかしいw

そんなもん、特亜猿や嫌われる側の劣等民族に都合の言い結果ありきで資金が出てる研究に決まってるじゃん。
「煙草は身体に無害、いやむしろ身体に良い」「韓国人は優秀な民族(笑)」って「研究」も山ほどあるぞw

現実に「人類みな兄弟~多文化共生~」なんて言ってるのは、脳内お花畑の低脳。

まぁ、それ以前にお前の幼稚なコメントからは、まったく知性も教養も伺えないんですけど?w



162132通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※82
知恵遅れですか?

日本語で読んでると思しきコメントはどこにも見当たらないけど?

そもそも、お前自身が低脳低学歴の劣等民族・特亜猿のくせにありもしない理想化されたインテリ同胞像にすがって物を言って恥ずかしくない? スネオかコバンザメみたいな奴だなw
162158通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国語数年勉強しててそこそこできるけど、日本語の本を中国語に翻訳すると情報量が1割くらい減るんだよな。俺は勉強がてらラノベの翻訳版と日本版を読み比べたりするけど例えば日本の文章だと口調で誰が話してるかわかるんだけど、翻訳すると「」の前に名前付けないとわからないレベルで口調が同じになる。
他にも日本語の微妙な表現とか意味は同じでも雰囲気に合った言い回しで作者があえてそういう使い方をして差別化を図ってる言葉が意味は合ってるけどざっくりとした表現に訳されているケースもあって残念な気持ちになる。例えばだけど飲む、呑むを→飲とか殴る、打つ、叩く、を→打 とかね。

後は駄洒落とかパロディとか日本の時事ネタとかを何が面白いのか理解せず言葉だけ訳してる場合もあったり※同音 みたいな一応注釈あるけど別に面白くないとかね。

知り合いのオタクの中国人の日本語学習者には子供用の日本語の本から読みなれて行って日本の本を日本語で理解できるように薦めている。
162233通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国人と絡むと誰もが驚くのは、決して自分の非を認めないことと、自説を曲げず譲らないから会話・議論が成立しないコト。彼らと一緒にいてもなにひとつ実ることがない。
共感とか協働が出来ないのは想像力が欠けている、ないし圧殺してるからじゃないか。驚くほど利己的で利他がまるっきり無いんだ。唯一の靭帯が金銭であるように思う。
162254通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※87
それあるね。

しかも「日本はこうだ」「日本人はこうだ」「日本の歴史はこうだ」と中国人同士が内輪で吼えてたような物凄くレベルが低くて薄っぺらい持論を叫んで、当の日本人に否定されたり訂正されると馬鹿みたいに発狂する。

韓国猿もそうだけど、自分たちに都合いいだけの「日本論」なら同胞の間だけでやってくれと思う。
162288通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
いくら分かりやすくても西村京太郎は日本以外では面白さが伝わらないかもしれんな
162376通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※84
横だがブーメランか?
幼稚なのはどうみてもお前じゃねえかw
ののしることしか出来てない
いま流行りのわざと馬鹿日本人を演じて日本人のレベルを下げる工作っていうあれか?
それならいいけどな
本気で書いてるなら救いようのない幼稚な人間だなお前
162387通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信

朝鮮人を見ると気持ち悪い印象を受けるのには訳がある。

朝鮮は中国の属国だったから毎年処女を献上して女が不足した。
だから朝鮮人は代々母親と結婚したり、実の姉妹や娘を犯す歴史が続いた。
加えて中国の歴代王朝は朝鮮半島に中国の障害者や犯罪者、精神異常者を捨て続けた。

そういう人類の負の遺伝子を凝縮した奇形民族が朝鮮人だ。
162394通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※91
ふっるいコピペ久しぶりに見たwww
162396通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※86
そこが中国語の良さでもあるからな
短い言葉なのにキレがあって、それでいて深い
詩には最適でも小説みたいに冗長なのには不向きかもな
162458通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
コピペの出来の良さに感動w
162481通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
多分だけど川端康成はそこまで考えて書いてないと思うんだよねぇ
162635通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※87
それ中国人に限らないから・・
どちらかというと中国人は人の話を聞く方で、特に信頼する相手の主張はよく聞く。
で、なぜか日本人を一番信頼している・・
162691通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※71
舞台になってるのと中国人が
川端作品を理解するのとはぜんぜん
ちがう話だろ

お名前:
TOR荒らし対策で少しコメント制限中です。ご不便をおかけして申し訳ありません。




PR

ブログパーツ アクセスランキング