「いつから芸妓が京都にしかいないと勘違いしてた?有馬温泉で芸妓さんに三味線を習ってきた」 中国&台湾の反応

150319-21.jpg

【有馬芸妓に三味線を学ぶ!】~ビックリ日本~

こんにちは!
今日は兵庫県の有馬温泉に来ています!
みんなは日本の芸妓を知っているでしょうか?
京都にしか居ないと思っているかもしれませんが、有馬温泉にもいるんです!
今日はその芸妓さんに三味線を教わりに行きます
                                                                   





 



1. 中国人の投稿者
日本、美しい島国。



2. 中国人の投稿者
なぜ、芸子さんの格好の写真を見せてくれないの?
美しい姿を見せてよ。



3. 台湾人の投稿者
すごいね!
日本人は伝統を尊重してる。
我々は、こういうところをもっと学ぶべきだね。



4. 中国人の投稿者
弾いていたのは「さくら」という曲ですか?



5. 中国人の投稿者
日本の新年も旧正月なのか?
皆さん明けましておめでとう!



6. 中国人の投稿者
頑張れ!



7. 中国人の投稿者
日本風のギター?



8. 中国人の投稿者
私はギターを弾くけど、この楽器はおもしろそう。
やってみたいな。



9. 台湾人の投稿者
三味線は、台湾の胡琴と同じくらい難しいんだよね。

150322-002.jpg

中国の弦楽器で、胡弓の類の総称。形状や材質などにより、二胡(にこ)・四胡(しこ)・京胡(きょうこ)・板胡(はんこ)・椰胡(やこ)・椀琴(わんきん)・提琴などがある。日本の清楽では二胡・四胡・提琴を用いる。



10. 台湾人の投稿者
三味線を見たら、家にしばらく触っていない二胡があるのを思い出したわ。



11. 台湾人の投稿者
すごく難しそう。
普通の人は無理でしょ。



12. 台湾人の投稿者
難しいとは思わない。
私は胡琴ができるぞ!



13. 中国人の投稿者
筷子兄弟(音楽ユニット)は芸子の歌を歌ってたな。
三味線がメインだった。



14. 台湾人の投稿者
舞妓は踊りの練習をするだけだと思っていたよ。
三味線も習わないとだめなんだね。



15. 中国人の投稿者
尺八も三弦(中華三味線)も中国では消えてしまった。
ただ、日本を見て中国の記憶が蘇るなんて、悲しいね。



16. 中国人の投稿者
日本の歌をよく聞くので、三味線は珍しくないよ。



17. 台湾人の投稿者
(中国のことわざ)
「台上三分鐘、台下十年功」(舞台で三分披露するには、舞台下で10年練習しなければならない。)
本当にすごいな!



18. 中国人の投稿者
これは猫の皮で作られてるって噂を聞いたことがある。



19. 台湾人の投稿者
いい音だし、とても日本らしい!
だけど難しすぎる!



20. 台湾人の投稿者
古風な国だね。
昔の伝統がちゃんと残ってるんだなぁ。





日本「歓迎光臨!(中国語)」 香港&オーストラリア「シナ人帰れ!」 (;`ハ´)「なぜなのか…」 【中国の反応】

これだけある!!!!着実にオワコン化していってるもの

日本の闇の深い地域

中国人「古代の日本には文字がなかった」

韓国人「韓国の歪曲された地図」→「日本も大きくなってる(笑)」


 

もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ

一日一回応援していただけると励みになります!








 


海外と直接交流する掲示板を作ってみました。
まだまだ未完成ですが、よろしくお願いします。





コメント一覧

166795- ▼このコメントへ返信
三味線は唐起源アル~!
166797通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>台上三分鐘、台下十年功
いい諺だな。
166798通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
でかい孫がいるんだな、と一瞬焦った
166800通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
東京でも向島とか浅草に置屋さんあるよ
166801通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
京都にしかいないのは舞妓さんです(^^)
166806通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※5
京都や関西文化の流れを汲むのが、芸妓と舞妓。東京系は芸者と半玉。
ただ、近年花街を復活させようとしている地方では、芸者(昭和) → 芸妓と言い換えている所もある。
芸妓・芸者文化は300年くらいの歴史があるが、最盛期は昭和初期頃。
166807通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
台上三分鐘、台下十年功とかやはり言葉は素晴らしい物残ってるな 中国。
韓国だとこんな、ほ~~という感心も全くないのだが。
女子12楽坊はどこいったんだ?
166808通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
この女は大仏のような体型をしている
166816- ▼このコメントへ返信
難しそう!
がんばれ!
166824通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※7
日本での配給会社が破産したり、著作権で訴えられたりして消滅したね。
もともと、寄せ集めの中国人に日本人や西洋人が作った曲を演奏させてただけ。
だから中華楽器の珍しさが薄れると急速に飽きられていった。
166825通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※1
時代的には唐じゃなくて元か明だろうと言われている
三絃は13~14世紀に琉球に伝わり三線となり、16世紀に日本に伝わり三味線へと変化した
166831通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日中関係は死んでる
166846通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
京都の町屋風の路地を歩いていた時、三味線の音が聞こえて来た事がある。
とてもゆっくりで、一音一音の間が長い。つまびくって感じだな。
でも音が確かなので上手い人が弾いているいるのはわかった。
しとしと雨が降る中での、なんとも情緒がある風景だった
166891- ▼このコメントへ返信
有馬温泉に芸子さんおったんか
167137通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
三味線は、中国からまんま伝わったまま
なのに
中国からは、きえたの?
204681通りすがり ▼このコメントへ返信
とっても楽しいですよ!
ギターと違って絹やナイロンの「糸」なので、指に優しいです。手が小さくても大丈夫。
コツをつかんで、綺麗な音が出たら感動します!
機会があれば、ぜひ体験してみてください。

お名前:
TOR荒らし対策で少しコメント制限中です。ご不便をおかけして申し訳ありません。




PR

ブログパーツ アクセスランキング