中国人「日本は大化の改新で天皇集権国家が確立したのに、どうして後にあんなに多くの貴族大名が出現したのか?」 中国の反応

  • カテゴリ:歴史
  • コメント:120件
150709-31.jpg

大化の改新で天皇集権国家が確立したのに、どうして後にあんなに多くの貴族大名が出現したのか

中国の春秋時代の後、地方貴族は基本的に絶滅した。
だからのちに富豪が現れた。
だが日本は中央主権国家になったのに、どういうわけか、やはり多くの地方領主が存在した。




 



1. 中国人の投稿者
中国の地方貴族はずっと唐の時代まで続いた。
漢末期は第一次最盛期だ。
隋唐は第2次最盛期。



2. 中国人の投稿者
道理からいうと、秦の時代からだんだん、貴族はだめになっていったんだよな。
漢では推恩の令が施行され、隋唐の時代には科挙が正式に確立したため、庶民もみんな機会が開け始めたんだ。

※推恩の令:前漢の武帝時代に諸侯王の嫡子以外の子弟にもその国を分割相続することを許可した法令



3. 中国人の投稿者
推恩の令の後、家族はやはり団結した。
でなければ土地を奪われた。
実際私の祖先はそのときの成金の一人だ。
本当だよ。
推恩の令はただ人々が一致していない家族が弱化させられていっただけ。



4. 中国人の投稿者
日本が天朝から学んだ集権制はほんのわずかだよ。
日本が集権国家になったのはとても遅かった。
中国の戦国末期ころにやっと集権制が現れたんだ。
日本は唐の時代には、実際この藩鎮割拠の問題は解決していなかった。
宋の時代にはじめて解決したんだ。



5. 中国人の投稿者
でもやはり貴族はなくなった。
日本はどうしてのちに天皇制が肩書きだけのものになったのか。
まるで改新が無駄になったようだ。



6. 中国人の投稿者
>>5
だから日本は表面的なものだけを学んだといっただろう。
ただ中国の制度を学んだだけで、管理方法、皇帝、臣下などは日本は学んでないんだよ。



7. 中国人の投稿者
やはり天朝は策略に長けているようだ。
日本は天朝に学んだとは言っても、のちの封建制度の発展などはヨーロッパ式だし。



8. 中国人の投稿者
天朝は科学技術は日本ほどではないけれど、策略、腹の探り合いについては、中国は日本より進んでいると思うわ。



9. 中国人の投稿者
島国では集権国家は無理なんだろう。
明朝の時代、あちらでは戦国時代。
戦国時代が終わればやはり封建制。



10. 中国人の投稿者
日本の天皇が実際の権利を擁したのは全部で何回なんだろ?



11. 中国人の投稿者
>>10
たしか少なかったはずだよ。



12. 中国人の投稿者
体制が違うだけで、実際は中央集権国家だろ。



13. 中国人の投稿者
中国と日本の歴史では貴族体制に違いがある。
飛鳥時代や平安初期には天皇は貴族藤原氏の圧力を受けていた。
それに天皇継承は前漢の中後期と似ているところがある。
天皇家の多くの後の時代の人は分かれて武家貴族になった。
平氏や源氏が最も有名だ。
これらが、日本全国にあっというまに武家勢力を発展させ、だんだんと藤原家一族が歴史舞台から姿を消していった。
武家貴族の一家族が大きくなり、日本の実質的最高統治者になり鎌倉、室町、江戸幕府を設立した。



14. 中国人の投稿者
もちろん、少数ながら白河法皇や後醍醐天皇など、少数の天皇は武力勢力を鎮めたが、日本の歴史の中では優れた天皇はわずかだね。



15. 中国人の投稿者
白河天皇の勇猛果敢さは、藤原氏の旧貴族の束縛を脱却したけれど、武力集団の強制に陥るとは想像してもなかった。
そして天皇制度はさらに衰退していく結果となったのだ。



16. 中国人の投稿者
歴史は永久にいかなる軌跡にも従わない。
みんな各々自分の考えがある。
日本は何を学んだか、日本がどんなだといったものでなく、当時の社会情勢、主権者の考え方など主観的なものによって決まる。



17. 中国人の投稿者
聖武天皇はある法令により武士階級を作り、のちの幕府政治の下地となったんだぞ。



18. 中国人の投稿者
中央集権国家は封建制には及ばないって。



19. 中国人の投稿者
歴史というのは、誰かが誰かに逆らい、のちに、誰かに逆らわれ戦争に敗れて自殺するということ。



20. 中国人の投稿者
中国では朝廷が変わるときには、前の朝廷に対し基本的に抹殺が行われたからな。
皇帝の親族、貴族が主な標的だったんだよ。



21. 中国人の投稿者
大化の改新は古代の日本が中国の隋や唐の経済や政治制度を学び、模倣して行われた改革だ。
大化の改新では唐の律令制度を基本としてたが、日本の古い制度も採り入れ、自分たちのものを作り上げたんだよ。



22. 中国人の投稿者
日本は世襲貴族統治制度を廃止し、中央集権国家を設立し、中央は2官8省を設立、地方は国、郡、里を設立して、中央から人を派遣して管理した。
それにも関わらずどうして地主がいるのかは謎。



23. 中国人の投稿者
大化の改新は日本が奴隷社会から封建制度へと移り変わる橋。
でも徹底的には地主制度が消滅しなかったってことだよ。




コメント引用元:既然大化改新后确立了天皇集权,为什么后来还有那么多贵族大名
 

もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ

一日一回応援していただけると励みになります!








 


海外と直接交流する掲示板を作ってみました。
まだまだ未完成ですが、よろしくお願いします。





コメント一覧

188691- ▼このコメントへ返信
大陸野郎の執拗な日本侵略「元寇」
日清戦争前には長崎で支那海賊が大暴れ
通州事件
支那海賊によるサンゴ泥棒
沖縄分断工作

糞支那野郎は迷惑行為ばかり
188692通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
支那畜には歴史なんてないだろ。
文化、サブカルチャーは歴史と繋がってる。

支那畜の過ごしてきた、受け継いできた歴史が今の支那畜の文化、ポップカルチャーに反映される。
支那畜にはマトモな文化は無くて、ポップカルチャーなんか皆無。大陸に存在してる14億の畜生は最近急に涌いて出てきた動物。
188694通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
支那豚が歴史だの文化だの料理だの…おこがましい
まぁ「狗肉祭り」と「纏足」「売春」だけは支那起源の文化だ
188695下半身親日チャンコロ ▼このコメントへ返信
欧米で南京像(笑)、イアンフ像を建て始めたのはチャンコロ(チャンコロ組織である世界抗日連合)

しかし、嫌いで嫌いで仕方ない国のAVやらエロ同人やらを盗んでオナニーとかよくできるな
チャンコロには恥って概念ないの?
チャンコロの性欲>>>>>>チャンコロご自慢の愛国、抗日
なんだね
チンチンシコシコチャンコロ
188696通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
ほほう、勉強してるんだな。
それに引き換えこのコメ欄はサルの集まりか(笑)
188697通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
権威(朝廷)と権力(武家)の分離というのが理解できないみたいだねぇ・・・
188698通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
マジレスすると藤原氏が常に実権を握ったから
188699通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※5
どこをどう読んだら勉強してると思えるんだw
天皇制なんて、共産党の造語を使ってる時点でお察しだわ。
188700通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中央集権が崩れ始めたのは屯田永年私財法で土地の私有を国家が許した事から
徐々に崩れ始めたんだと思うがね。地主がいる理由もこの法が出来たせいだな。
本当はもっと複雑な事情みたいだけどね。
188701通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
天皇家は平安時代に軍事力が無くなって、権威と宗教的な地位になってるからね。
軍事力がないから、実務は不可能になっていくけど、天皇陛下に認めて貰えないかぎり、日本の正統政府ではないという点は、全く変わっていないけどね。
188702通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※5
サル以外は同意する
日本人※1~4はサル以下
188703通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国は「貴族はなくなった」というけれど、士大夫階級は清末までずっと存続したからなぁ
あれは貴族みたいなもんじゃないのかね
日本の歴史は、律令政治がどんどん変質していく様子が個人的には好き。
ローマ帝国がビザンチンになっていくような感じで。
188704通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
面白いのは戦国、江戸の知識人は皇帝独裁の官僚主義による中央集権国家こそ進んでいると捉えていたんだよな…結果はこのとおりだけど歴史は糾える縄の如しやねえ
188705通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
隋だの唐だの明だの清だのと「主君」が変わっている以上は別の国だよな。
中国4000年の歴史=大陸の歴史≠国の歴史。
なんで威張れるんだろう? まぁもっとも、その属国でありながら、
188706通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
ここに書き込んでるのは朝鮮人ばっかりか?
そんなに中国と日本に歴史が有るのが羨ましいのか?
188707通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
こんなに日本の歴史は詳しいのにアヘン戦争以降の毛沢東の失政や天安門事件は知らないんだろう。

知識欠陥症なのカキコをみてみたい。
188708通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
農耕技術や流通経路が発展して地方の生産力があがったから。
以上
188709通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国人には「委託」とかそういう類の言葉の理解がないな

トップに全権があることとトップ自体が行使することは別の事なのにね
科挙等の無策を取り入れなかった古代日本人には感謝してるよ
188710通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
そんじゃ、オレがマジレスしとこうか
支那人のコメントを読んだが、少しズレている気がする
中国と日本の歴史を比較してみて違いを感じるのは
なんといっても律令体制以後からの乖離だが、その
点は支那人の疑問の根本は理解できる
しかし、日本史でなんといっても特徴的なのは
荘園制度だ。これをやらかした日本人はすごい
権力の無力化の歴史がここにある
そして増長した勢力が信長の時代には坊主ども
ということで、安土宗論などは読んでいて実に
面白い
ま、荘園制以降の日本史のダイナミズムの理解
まで支那人には及ばないのだろうが、日本史と
しては実に面白いところだ
188711通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※12
特権階級ではあるけど貴族ではないね、貴族は基本的に血と世襲によるものだから
宋代以降の官僚の特色は宰相の家柄でも3代進めば没落しているとかが珍しくない点
南宋の秦檜なんかも生きてる間は専横を極めたけど孫の代には屋敷を売り払う羽目になってたりする
188712通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※19
いや荘園って漢代には現われ始めてるんだけど、それにより都市国家的性質が消滅して
貴族が興隆するんだよ、んでその貴族を掣肘するために科挙があるんだよ
188713名無し ▼このコメントへ返信
特亜だというだけでAVだのチャンだのチョンだの喚いているのは本当に日本人?
あなたたちが嫌っている行為とまったく同じ素養のなさが透けてるよ。
中国人や韓国人、その他国家のコメントが翻訳されているサイトはたくさんある。

自分の書き込みをもう一度みた方がいい。日本人で、理由があって特亜を批判したいならきちんと内容を議論してくれ。

品位を下げすぎなんだよ。
韓国人にも中国人にもまともな人たちはたくさんいるけど、翻訳されて目立つのはキチガイ発言ばかりになる


それでお互いが馬鹿だ土人だの言ってるだけ。日本人なら、記事と関係ないコメントはやめてくれ。

日本における天皇の在り方を中国が理解するのは無理だと思うわ。どうも見当違いの発言が多くなってしまうみたいだ。

台湾の人が「天皇は天皇だろ。日本にしかない皇帝で、我々がいう皇帝とは違うし、天皇以外に例えようがないと思う」って大陸出身の中国人と話していたのを耳にしたことがある。

中国みたいに革命が起きて入れ替わったりしてないしね。日本の神をGODと訳して、外人が混乱するように、天皇を無理やり英語にするから皇帝がどうとか混乱するんだよ
188714西夏の旅行者 ▼このコメントへ返信
朝廷とは、午前仕事するが、午後は遊んでた。

藤原氏は荘園で、国家の税金を横取りし放題の、
超汚職政治。地方の仕事は丸投げだから武士の
台頭を招き、やがて没落していく。

異民族の侵入などがないから、権力闘争と賄賂
取るだけに特化した、貴族共の専横を招いた。
一見「源氏物語」等の文化が栄えたが、地方の
庶民の生活は放り出しの、いい加減政治。

武士は武士で直ぐ殺す、暗殺平気でするが、
フビライ帝の使者半年も放置したり、直ぐ首刎
ねる、外交の下手さ、賢くない。鎌倉幕府も
行政改革は失敗してる。
重農業主義で、貿易で儲ける発想が無かった。

おじゃる丸じゃないが、貴族は怠けで放蕩三昧。
武士は武士で直ぐ殺す。一長一短のクセのある
連中だったぞ。
188715通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
俺にはこのレベルでも中国の歴史を語れないわ
188716- ▼このコメントへ返信
中国の場合、地方領主ではないからな
中央から官僚が派遣される
地方から収奪して中央に帰る
地方の発展も遅れるし、地域に根を張れないから没落する

地方領主は地方を大事にする
自身の基盤だし収奪ばかりでは自身の基盤が弱まる

まあ日本も中央から派遣するのを最初は踏襲したが、文明は京都にしかなかったから行きたがらず赴任せずに代官を置いた
代官が力をつけて武士の発生、封建制に至る
188718通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
さすがに奴隷社会は無いなw
それは西洋だろ
188719通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
世襲血縁による貴族から、システムとしての成上り擬似貴族(士大夫とか)に移行したのが
結果的には、中国で天地開闢級暴政、天災級失政が度々起こる原因だったんじゃあ…

全部おKすべておKの皇帝(操り人形)の権力と社会の間に
『其れって如何よ…貴族たるものが、そんな事やって恥かしくネ?』
の最後の常識を働かせる貴族階級が居なくて《成上りのヒャッハーとお零れ狙いの親戚連中》ばかりが
政権中枢でウロウロ・・・ヤッテヤルゼーテンカトルゼーな小金持ち富裕層の倅や、何だか行動力とカリスマだけは有る訳ワカラン地方人が最高権力者(実質)に。…此れはナンでも在りに成るでしょ?

前例墨守グダグダ駄目御坊ちゃん連に成る危険性も多いけど、或る程度は《良識ある御高貴な方々》の常識や良識が無いと駄目かねえ?…そういう階層が無いと掛からない政治的ブレーキ・安全装置って物もあるって事かねえ…
188720通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
大化の改新から武家の台頭まで何百年あると思ってるんだ?
ぶっちゃけそんだけの期間つか1,000年以上あって国の体制にほとんど変化がない支那や朝鮮
がおかしい。皇帝の一族変わるだけじゃねーか。

マジレスすると支那でも実際に運用されてたか怪しい、公地公民制なんてもん馬鹿正直に取り入れたのが原因。現実に合わない制度に対してドラスティックな形で反作用が現れた。
188721- ▼このコメントへ返信
お前らも古い貴族制度の崩壊後、藩鎮やら士大夫やら郷紳やら軍閥やらが持つ国になったやん。そら日本よりは集権的だし、科挙もあるけども。
というか共産党様の怨敵を忘れちゃいかんよ。不忠者め。
188722通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※8
中国人が中国の用語を使うのは当たり前だろ
188723通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
賄賂国家で集権も封建もあるまいに。法より賄賂が優先するんだから。
上から何をペイントしようとメッキしようと・・それは表面だけ。
中国には独裁しかないよ。思想が変わらない限り。
188724通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※2
現代文化ではないけど京劇とか1度見てみたいと思うけどね
後これは香港だけど俺はキョンシー映画が大好きだ

188725- ▼このコメントへ返信
武士は武士で直ぐ殺すとか言ってるバカはなんなんだw
現代の感覚を当てはめてるバカか

戦う事を決意したなら使者を殺すなんて世界では普遍的な作法

戦国時代でも九州あたりは酷かったが、北関東東北なんて予定調和のちょっとした土地争いレベル
まあ伊達正宗は異常だったが
謙信がやってたのも関東管領としての調停の戦い

武士が野蛮すぐに殺すとかいうのはコリアン思考

188726通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※27
貴族制では政権が安定しないから皇帝独裁の官僚国家になったんやで
九品官人法が廃されて科挙が用いられたのは時代の必然や
188727- ▼このコメントへ返信
そもそも賄賂が蔓延るってのも巨大な権限の強い中央集権国家だから
巨大な官僚機構が腐敗や汚職を招く

腐敗があるからじゃない
巨大すぎる官僚機構が腐敗を招く
188729通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
つーか、支那人はこうは考えんのか?
なぜ支那は伝統的に中央集権で今なお、それが続いてるのに、軍閥やら地方軍管区の力が強く、また地域対立が激しいのかと。
188730通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
戦国時代にも江戸時代にもちゃんと天皇がいて機能していたことを彼らはわからないし
根絶やしの文化だから二重に行政権があるなんてわからないのだろうね。
日本が中国から学んだのは官僚制もそうだけど宦官外戚の影響を完全に排除すること。
宦官制度はできなかったし、外戚は天皇家、徳川宗家も見れば解ること。
大奥がいくら力を持っても自らの子を将軍に出来たわけではない。
皇族はちょっとちがって外部の血をあまりいれなかった。
基本的には男系。外戚の影響が出ないように。
188731通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
そもそも天皇と大名は全然違うだろ。
天皇は先祖代々すべての日本人が祀ってきた存在、まあ日本というお家の主みたいなもの。
大名は日本各地の実力者、まあガキ大将みたいなもの。
だから大名ごときが天皇にちょっかいを出そうもんなら日本人全員を敵に回すことになる。
188732- ▼このコメントへ返信
大唐崩壊後、剣と拳が支配する世界へまっしぐらの中で、文治官僚国家を作った匡胤さんとゆかいな仲間たちが偉大だったんですかね。
結局その後は士大夫も土豪化していきますし。
188733通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※5
どこが勉強してるんだ。
天皇制の肝心の点。すなわち宗教の面の事に触れていないじゃないか。
天皇は皇帝よりローマ法王に似ている。すなわち宗教の祭司として役割が大きい。
また古代の神々の子孫としての存在という面も重要だ。

それに日本にはシステムとしての奴隷制は無かったぞ。
チベットで農奴を解放したというのと同じ位ピントが外れてる。チベットは酪農が主体だから土地に固定した農奴はいなかったのにだ。

皇帝は全ての権力を集中して持っていたが、日本では権力は分散していた。
権威と権力が違うという事をシナ人(文化・文明の意味でのシナ)は本当に理解できていない。

多分、中共では宗教に関係した事を教えられないのだろう。だから表面的な類似しか理解できないのだろう。
日本で、いや、世界で土着の宗教と世界宗教(仏教・キリスト教・イスラム教)が(日本のように)共存しえた国があっただろうか。
それが理解できない限り中国人が天皇を理解する事は不可能だと思うよ。
188735通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
いや行政権は単一だぞ。日本の場合、権威と権力の分離だな。

まぁ、日本の場合、権力自体も、制度的に分立構造とって、集中化が
起こらないようなシステムになってるんだけどな。西欧の三権分立とはまた違うが。
軍事には軍監置くし、奉行だったら二奉行制とか。


188737通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
どれだけ中央に権利権限を集めたところで采配振るうのは各小集団なんやで
今と違って中央の意向なんて聞いて来れる暇は無いんやで
そんな事が続けばどう言ったパワーバランスの傾き方が為されていくか位は猿以下のおれらにだって想像できるんやで
188739通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
むしろその時代時代に合わせて変化していかないといかに過去のいつかの時点では優れた制度でも腐っていかないか?
逆に中国の歴代王朝の根本的な変化の無さは不思議だ。
188740通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
芸の無い中国のマネなんてするわきゃないよ。
そこまで、何度も侵略をされ民族が変わる国も珍しい。
日本人は縁起を担ぐから、滅亡した国なんて真似するかよ!
188741通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
大名の殆どが天皇家の子孫です
争いは、全部やらせで
子孫でない者同士を殺し合わせてたのです
188742通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※6
それ別に朝廷が意図的にそうしたわけじゃなく、実権の方を朝廷が失った結果の産物だから
当初目指したのは中央集権体制に間違いないし、一度は(表面上かも知れないが)完成したはずなのになぜ失う羽目になったのか、なぜその後の体制がそれを選ばなかったのかって話をしてるんだろ
話を理解してないのに脊髄反射的、感情的な罵倒を吐くのは日本人が馬鹿だという逆宣伝の材料にしかならないんで迷惑極まりない
188743通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
毎度毎度王朝倒して歴史をやり直して中世が無かった中国にはわからないだろw
188745通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
ちゃんと古くから勉強したなら臣籍降下に何故振れない
後継者以外の皇族や貴族は自分で食い扶持は稼げって宮殿から臣下の身へ落とされたのだよ
税金を使う側から税金を納める側へ回された
臣下に下った人達が武家の元になる人達
そう考えれば古代から今の今までずっと皇族や貴族に連なる血脈がずっと
日本の支配層だという事が判る
188746- ▼このコメントへ返信
古代中国は、とにかく古いものが良いとされる世界だからねえ。
普通に数千年前の政治制度を復活させようとする奴が史上に出てくるが、冷静に考えたらよそではありえん。ドゥーチェもびっくり。
儒教のせい、というよりは、儒教以前からある意識で、儒教がそれを取り入れてるんだろう。
188747通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※7
まあ、天皇家(皇室)と藤原家は一体だからな。別物みたいに見えるけど、藤原家(冷泉家などの分家も含む)からしか妃を娶らない事になったから、天皇家と藤原家は男系から見ると違うけど、血族という観点で見れば結局同じ。
常に外戚が藤原一門なのだから。

あと天皇が武家に滅ぼされなかったのは、平氏と源氏という武家の本家が天皇家だからだよな。所詮は武家は分家。自分の権威の源を否定するのは至難の業なんだよ。

中国の地方豪族は別の血筋だから、皆殺しするんだろうけど、、、。日本で皆殺しに近い事をやったのは平家一門に対してだけ、たった一回。
188748通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
奴隷社会ってなんだ? そんなのねーぞ
188749- ▼このコメントへ返信
一旦まとめたけどでかくなり過ぎたり社会が発展したりで末端まで目が行き届かなくなって分解、というのは世界でも普通だろ。
欧州もインドもそうだ。ルーシとかもか? んでばらばらになってもキリスト教世界、ヒンドゥー教世界といったふんわりした文化的繋がりは残るが、
中国においてはそれが強かったというか、ばらばらなままでは座りが悪い懐古厨文化だったというこっちゃろ。
あと匡胤さん。
188750西夏の旅行者 ▼このコメントへ返信
※33
だから徳川家康は儒教で礼儀を取り入れ、
綱吉犬公方将軍は、捨て犬を食べたり、病気馬を
放置したり、動物虐待や、武士が切り捨てゴメン
を減らす様に努力した。

実際武士は仕事するが、結構残忍でもあった。
人切りのエキスパート。
一説だと、北条政子が頼朝そそのかし、範頼を嵌めて
殺させ、頼朝も政子が殺したのではないか、と。
で頼家は時政が、義時は実朝暗殺を黙認。
北条氏による源氏抹殺・簒奪が、源平合戦の最後の
勝者、北条氏。

井沢元彦さんの逆説の日本史よんでみなさい。
安直に最初の使者は放置で、大宰府など見られまくり。

おまけに時宗の馬鹿は、南宋出身の元朝に恨みある禅宗
の坊主に唆され、高麗征服まで無謀を言い出す始末。

で撃退しても、恩賞無しで、御家人信頼ガタ落ち。141年
しか鎌倉幕府はもたず。
188751通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※50
つまり、中国の孫子の兵法は、異民族との戦い前提。
外人との戦い・統治なので、全部は日本には適合し
ない。山本勘助も、唐の兵法は全ては合わないとさ。

同族との裏切り・切り崩しなので、革命自体は起きない。

関ヶ原の戦いも、直接戦闘より、事前の小早川への
裏切り工作の情報戦。兵の配置だけなら、ドイツの
モルケト将軍も、「絶対に西軍が勝つ」と予想した。
プロイセンとナポレオン3世は、外人同士の戦い。
兵が家族残してるのに、外国軍に裏切るなんて考え
られないから。

ただ、どうも安徳天皇は、落ち延びて静かに潜んで
出てこない条件で、見逃してもらったらしいですよ。
徳島や四国や九州には、平家の落ち延び里がある。
出てこない下っ端は、見逃したみたいです。
188752通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
韓国とかはちゃんと中国の中央集権国家制度を持続できたよね
中国と日本ではなく、中国の制度を取り入れた韓国と日本のその後の違いを
比べたほうがいろいろ分かるかも。
188753通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国人が日本の歴史に興味を持ったのね、日本は二重行政みたいなものなのを勉強してほしいし、聖武天皇の時は武士階級とは関係有りません。歴史の流れを年代で追ってほしいですね。日本人が何故天皇家を守ってきたかも知ってほしい。
188754名無しの日本人 ▼このコメントへ返信
まともな答えも出せないのに中国人を貶してる馬鹿ばかりの※欄はこちらですか?ww
188755通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※6
まあ、中国で最初の長期の統一政権は漢ですからね。曹否が後漢を滅ぼしたから、下剋上が多発した部分が有りますよね。
もし、何か幕府的な物を創り、それで満足してたら、漢の朝廷は神聖にして不可侵な物になってたかもね???
一度下剋上の先例が出来ると、次が起こり安く成るのも仕方無いですよね。
漢の高祖に曹参って家臣が居たのは有名ですし、夏候嬰って人は高祖の馬車の専門の御者でした。
つまり、曹操は江戸時代なら安祥譜代の家に産まれてるんですよね。譜代重恩の主家を簒奪しても問題ないなら、別に譜代でも何でもない、司馬氏が曹氏を簒奪して何が悪いって事に成ります。
日本の場合、平清盛は桓武平氏で始祖は桓武天皇の皇子ですし、源頼朝は清和源氏ですからね。もし皇室の神聖さを否定すると、源氏や平氏の尊貴さを否定する事になりますし.....
上杉謙信だって、元の姓は長尾氏で、長尾は坂東八平氏っ言われる有名な桓武平氏の庶流家ですからね。
皇室は尊いから、桓武平氏の流れをくむ越後守護代長尾家も尊いって理屈ですね。
上杉謙信があの時代ではずば抜けて尊王家だったのは、その辺が関係してると思います。
188756通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
王朝が変わるってのは、たとえ同じ土地であっても
別の国になる、って事だと思うんだが。
アメリカと中国が戦争をしてアメリカが勝って
中華人民共和国がアメリカ合衆国の州として分割されたら、
そこはもう中国じゃないじゃん。
だから今の中華人民共和国とそれ以前の王朝を、
同じ継続した国と考えるのは無理があると思うなあ。
だから日本の事がわからないのかな。
188757通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
大陸だろ。歴史が分断され、異民族が王朝を立て、また一からやり直しの繰り返しだから、進化しなかったんだよ。なまじ華人系が多いから、中国という国が続いたと勘違いしてしまった。華人でも言葉が違う、民族がちがうんだよ。広大な土地でばらばらの民族を1つにするには、覇王が独裁でまとめるしかない。また内戦が始まるよ。
188759通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
どっちが進んでるとかの話ではなく、国情によって権力構造が違うってだけで比べるような問題じゃないよな
188762通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
墾田永年私財法で開墾した土地の所有を認めたからでは?
188763通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本の古代朝廷は大陸から
律令のうち律(法律のこと)より令(刑罰のこと)の方を
積極的に学んだとか聞いたことがある
188764通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
軍閥、盗賊、xx党
地方勢力がウヨウヨ湧いてる中華が何を言ってるの?
188765通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
律令制はあくまで理念であって、唐のように全国的な中央集権が確立されたわけではない。
「律令制」(カッコつき)の時代だったというのが、近年の歴史学。
188766通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※59
思うんだがって言われても国の概念なんて場所時代ごとに異なりますからねえ、そんな一見解だけで決め付けられましても
188767通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
東軍が勝っても豊臣性が滅ぼされることはなかったし
遺恨を残さないのがまともな人間の取る選択だよ
天皇が残ったのも同じ。罪も無いのに滅ぼしたら可哀想だもん。

中国人は自己中心主義のいかれた奴が多いからな
国も民も法律を守らない連中だし、歴史が物語ってるね。
188768通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
国、郡、里を設立して>
残念ながら大化の改新っていうのは無かったんだよ。
日本書紀には、郡で書かれた大化の改新詔勅があるが
実は700年までは評だったんだよ、大化の改新が事実なら
詔勅は評で書かれてなければダメなんだよ。
まあ蘇我入鹿を討ち取ったのは事実だと思うけど
場所は九州の朝倉だろうね。
188769通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国や韓国の移民を見ればわかるだろ
現地人に溶け込まず同化するような事はしないでコロニーを作るのは太古から繰り返されてた習性
大陸ってのは川の流れのように民族が入れ替わり建ち変りして動いていく
そして淀みのように定着した民族が国となって覇権を争う
簒奪するのが基本だから正当性のようなものはないし
驕り昂ぶって威張り散らすような愚帝しかうまれない
188770通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
島国だからってのは大きいな
強い異民族にやられる危険性が大陸に比べればはるかに少なかった
仮に元にやられてたら天皇もそのままでいられたか分からん
大陸に近すぎて大陸国家に飲み込まれてたら天皇なんてとっくに滅んでる
188771通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
単純に言えば「違う」からだな
比べるのは意味が無い
西洋はローマからなぜ野蛮なキリスト教の台頭へと
移ったのだろうか?と言うようなもん
イスラムも昔は遙かに先進的だったりしたしな
188772通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※53
wwwコロされた揚句 ハムにされて食われる国からしたらチョロ過ぎだけどなw
188774通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
ぶっちゃけ端から見て
全く理解できないのが中共の文革だったりする
あれ中共以外誰も得してないだろう?
莫大な犠牲まで出して鎖国して
誰が得したの?
188777通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
委託してただけだし、しかも委託先も皇家の血筋じゃないとダメだったし
188778通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
基本的に墾田永年私財法のせいでしょ
日本では伝統的に、土地は個人の物、中国では国の物
188779通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
大化の改新から戦乱の時代まで何百年だと思っているんだ?
188786通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
春秋戦国の頃の周王の存在に近い
権威は利用しつつも政治的には軽いという
188788通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
他国との残虐性の大小の違いがその後の体制に影響してると思うよ。
天皇の権力がしだいに希薄されていった時期があっても、
天皇の権威は利用されたりしながら、継続されていった。
それを良しとして受け入れたのは、抹殺されないだろうとの、
思惑があったから、今でも象徴として残されているわけで、
それが、世界でもっとも長い王朝の存在になっているのだと思う。
188789通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国人の歴史認識の偏りに驚いた。
古い日本の歴史は中国共産党に悪い影響を与えないから規制を受けないらしい。
近代の日本の歴史に関しては中国共産党の胸毛三寸と言う印象です。
188790通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本で出版された中国の歴史シリーズの中国語訳版が
大人気でよく売れているそうじゃないか
それだけ、偏った歴史観に疑問を持つ中国人が多いか
らだろう
支配者が代わるごとに中国の歴史は新しい支配者の勝手
な論理で書き換えられてきた。そして今は共産党史観

まともな議論がしたかったら、言論出版の自由を実現
してからにしろよ中国人さんたち
188791通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中央権力と地方権力の葛藤なんて、どこの国にもある話
各国ともそれなりの対応をして、その国に合った社会を構築していくもんだ
物事に付けた名前に勝手なイメージを付加して、空論を作り出すのは中国人の悪い癖
188792通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国には人民を愛してくれる中国共産党があるのだから人民は余計な事を考えなくていい 关
188793- ▼このコメントへ返信
聖武天皇の時代に武士はいないと思うんだが
188794通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
旧皇族と旧華族を復帰させろ
日本国に民主主義は不向きだと思う
貴族政治でなければ発展しない
188796通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
過去の日本人は天朝に学んだからこそ、権力と権威を分けたんだろww
やっぱり支那人は何にも分かってないな
188797通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
大陸は基本的にふたつの大河の灌漑農業を支えるための治水システムと土木システムを必要とするから、必然的に巨大な中央官僚制度を必要とする。
日本は島と山岳で分断された細かな土地で天水農業をやっていたから、中央官僚制度は特に必要ではない。
それぞれの土地を管理する封建領主だけで充分。
日本の封建制度成立は必然的ではあるよな。
188798- ▼このコメントへ返信
大化の改新ではなく壬申の乱じゃないかな。
188800通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
ひとつの王朝(政体)が300年も続かなかった中国から言われたくないw
188805通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※88
日本も権力機構は300年続かないからなあ
天皇制が続いているのは良くも悪くも実権を失ったから
188821通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
四条天皇は癒しキャラ
188839通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本は権威と権力の分離が平安時代には完成していたから。
188842通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※88
すごいブーメランを見た、中国の方が歴史的に見て安定期がはるかに長いのを知らんのだろうか
そもそも日本の王朝が政体といえた時期などたかがしれてるわけだが
188844通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※73
鎖国云々はおいといて文革で得したのは毛沢東派閥というか実質毛沢東の為だけの乱痴気
188846通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※2
中国には伝統芸能の演者を養成する学校があって、文化大革命でも途切れなかったんだが…
188847通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※23
>藤原氏は荘園で、国家の税金を横取りし放題の

何言ってんだ?
国家所有の開墾地が尽きたから私的開墾とその所有を律令制下で合法的に認めたのが荘園だろ。
※9の墾田永年私財法なんて理系の俺でも知ってる中学日本史レベルだぞ。
188850通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
政権のトップが、直接の軍事力を手放したからだよ
ただ 指揮官の任命権だけを持っていたんだ
だから軍の指揮官が地方へ行けば、勝手に行動するのは目に見えている
188852通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
お前等なんでそんなに詳しいんだよ。歴女?
188862通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国と違って日本は単一民族国家だから

日本と言う国をひとつの家に例えてみれば、天皇は本家の頭領
実際に家を切り盛りするのは源平藤橘などの分家の有力者
庶民(遠縁)が成り上がろうと分家(近親)が没落しようと
天皇が本家の頭領である事に変わりは無い
188863通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※38
いや、形骸化してた時代いっぱい。
ほぼ忘れ去られてたし。
188866通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
まあ天皇とゆうか天皇を頂く貴族階級が、(土地や利権を配分し国を治める)実権を失うかわりに、国を統治するする者を認めることで、統治の正当性を与えるという形態に変わったとゆうこっちゃ。
天皇は宗教者ではないけれども、権威とゆう点では西洋の封建主義社会で、ローマ教皇が各国の王を認める形態に似てるけどね。
188885通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国でも地方軍閥が事実上の地方支配者だったはずだが・・・・
科挙に合格して地方長官になっても、実験は地方の有力者が握っていて、中央から来た秀才達はむなしく詩文でも詠んでるしかなかった。今現在でも中国の地方閥は相当の力を持っている。

日本の場合、地方の経済的発展にしたがって社会が進歩していく。ヨーロッパ風の進歩史観が受け入れられた所以である。開拓領主(武士)に指示された地方貴族が力を得たのち、各地の武士団の棟梁が戦国大名となり、江戸幕府下でも地方支配者となる。

ちなみに、「西欧と日本にしかなかった封建制」と古代中国からの封建制とは別物。
前者は純粋な取引関係という意味であり、後者には宗教的な主従関係がある。
日本が後者から前者に変わったのは北条政子のとき。天皇の呪力にビビル武士たちのケツを叩いて「鎌倉殿の努力を無駄にするな」と京都を10万の兵で囲んだw
188907通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
やっぱ封建制を独自に構築した鎌倉幕府は偉大だわ
188914通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※95
藤原道長の政治が、藤原氏の政治がそんなに良いか?
京都で遊びほうけの腐敗政治だろう。

都以外の地方に人々は、自力で土地を家族を治安を守る
しかなかった。で神主の武闘派が剣を振るい武士へ。

藤原氏は、橘や菅原や大友や嵯峨源治を放逐したら、
後は天皇の外戚として京都で遊びほうけの、腐敗政治
だぞ。

蘇我氏や聖徳太子がれほど苦労して完成させた律令制度
は、藤原氏の私物化組織ではないか?
188974通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
天皇は絶対の存在であって、最強の力を手に入れた人間は天皇に擁されて国家元首になるっていうシステムが
中国人には理解できないんだろうね
もし天下を二分する勢力があれば天皇を手に入れた方が正当性があって、それに逆らうのは逆賊というね
188991通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>中国の春秋時代の後、地方貴族は基本的に絶滅した。

中国人は日本に逃げた渡来系の貴族しらんの?
189009通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※54
同族じゃねーよww
まともに日本史を習ってない、授業聞いてない、日本史に興味ない奴ばかりw
大和側の国民は疑心の目で現状を噂し、天皇と豪族は裏で模索
殺された王家血筋は東へ逃げる事を側近三輪氏に告げられるも、残った民が苦しい思いをすると嘆いた
怒りの蘇我氏、悲しみの大伴氏、考える大物部
俗に出てくる大物主とは、天皇と呼ばれる以前の名称である
189063通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>大化の改新は日本が奴隷社会から封建制度へと移り変わる橋。
でも徹底的には地主制度が消滅しなかったってことだよ。

地主制度=奴隷社会、と彼らは考えているんだな。
そうすると古今東西、奴隷社会ってことになるんだが、中共も含めてね。
封建制も中央集権制も観念的一義的に考えるからわけわかんなくなるのだよ。
189073通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
天皇親政に障害だった蘇我氏を打倒したけど
今度は功臣の中臣氏(藤原氏)が、それに代わったから。
189075通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
平安時代・・検非違使、都の防衛・犯罪の取り締まり・治安維持
検非違使は令外の官・・律令(法律に記載されない官)法律上は存在しないが現実には存在する、現在の自衛隊と同じ立場だよ。
貴族や学者は昔から軍隊や争いを徹底して忌み嫌ってた。
189078通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
朝廷から権力を奪った武士たちが自分が偉い理由を天皇の血を引く名家だからて事にしちゃったからねぇ
駄目だこりゃw
189081通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
古墳時代の直前に各地に王がいる国ができ、それらを纏める大王が成立。

朝鮮半島の権益を失い、唐に対応するため、唐の制度を真似て天皇に権力を集中、
各地の王は官位を与えて官僚にした。

その体制が次第に崩れ、武家政権に移行、戦国時代には各地の大名が各々権力を握り、
元の分権体制に戻った。

明治維新で、藩を廃止し県を置き、県令を中央政府が指名する事で再度中央集権に戻り、
その後、議会制度を導入し現在に至る。
189086通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
唐から導入した律令制はそれなりに考えられたシステムだったが、実際には機能しない部分が多く、続けると国力が徐々に衰えていくとわかった。

例:機能しない律令を統括する部署における、冗員雇用の負担。
例:公地公民制は田畑の開拓意欲を大きく損ない、放棄耕作地を請け負う人間も現れにくくなるため、徐々に農業生産が落ちていった。

桓武天皇の時代には使えないモノは大方放棄され、新しい統治法が都度に追加されていった。
システムも機能するモノが出来るまでには試行錯誤が必要だから、経験としてムダではなかったと思う。
189104通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※50
足利義満・・・いや何でもない。
189142通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※103
横から失礼だが
何をもって良い政治かってのは人それぞれだが
今の価値観でもって過去を断罪するのは意味の無いことだな。
あと平安時代当時の公家、公卿だって遊んでいただけではなく
国を良くしようと頑張ってもいたんだがな。
だがしかし律令、摂関政治、院政と色々試したが体制的に限界が来ていた。
荘園とそれを管理する武士の時代の現実に追いつかなかったわけだ。
そして治承・寿永の乱をきっかけに武士の時代たる鎌倉時代が訪れたわけだ。
189150通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※108
蘇我氏は臣だ、これだけは嘘をつけない
藤原氏は臣でも大連でも、そのまだ下の部とも書かれていない
一緒に起こした天智天皇に名前から何から全て貰った
ちなみに元からいる中臣氏は藤原氏でも卜部氏でもない
仏教に反対した中臣氏族の方は、どう見ても違うもよう
189233通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
そもそも日本が中央集権だったことなど一度もない。
国司とかたてたのは各地域に昔からの土豪がいたから。
しかも任期つき。
これは武家社会でも同様で大名は任地に赴いていただけやね。
だから廃藩置県なんて荒技ができたんだ。
正直現代の転勤族と変わらんと思うわ。
問題は現代が地域社会の窮乏で日本の歴史至上、
中央の権力が一番強くなってるのではと思われること。
もっともその中央の権力も党利党略や省益のせいで
ちゃんと機能してないのが最大の問題かもな。
189246通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本とヨーロッパは封建主義だからな。
やっぱ封建時代を経験しないと、まともな近代国家にはなれないんだな。
189250通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国人たちが言っている貴族というのは地方領主だろ。これが離反したりするから中央から役人を派遣するようになる。平安貴族は京都に生まれ育っていて、やっぱり地方に派遣されたりする(行かないのもいる)。「貴族」の指し示してものが同じでないのだから、議論時代がなんだかなーな感じがする。
189436通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
まあ、地方の有力者なんてのはどこかで天皇家の血を引いてるんだけどね
豊臣だってもうちょっと続いていれば引くことになっただろうし

191681中国は ▼このコメントへ返信
向き合わなければならない。 今しないと

お名前:
TOR荒らし対策で少しコメント制限中です。ご不便をおかけして申し訳ありません。




PR

ブログパーツ アクセスランキング