中国人「これは感動!日本の伝統的な街頭紙芝居に我々の涙腺が…」 中国の反応

160416-001.jpg

中国人も感動!日本の街頭紙芝居】~ビックリ日本~

中国湖南省出身のユーさんと重慶省出身のリーさんが、大阪市都島区の住宅街で日本の紙芝居が見られると聞いて行ってきました。今急速に発展中の彼女たちの故郷では、このような伝統的な街頭パフォーマンスはもう見られなくなったそうです。彼女たちが目にした紙芝居とは?

動画





 



1. 名無しの中国人
今回は素晴らしかったね。
こういう伝統的なパフォーマンスは、幼い頃に日本の漫画でしか見たことがない。
詳しくはないけど、なんか懐かしい気がした。
動画を観てるだけですごく嬉しいし、感動した。
制作スタッフの皆さん頑張って、ずっと応援します。



2. 名無しの中国人
感動した!
どんな国でも、伝統文化を守る精神が一番大切だと思う。



3. 名無しの中国人
子供の頃に紙芝居を見たことがあるわ。
本当に懐かしい。
中国では、もうほとんど無くなってしまったと思うけど・・・
もしあったとしても、このおじいさんみたいなもんじゃないと思う。
本当に感動しました。



4. 名無しの中国人
物事を最後まで首尾一貫してやり遂げる日本人をすごく尊敬する。
おじいちゃんがお父さんに教え、そしてまたお父さんが息子に教え、日本人はたくさんの伝統文化を守り続けてきた。
これが中国では想像できないんだよなぁ。
中国人はお金を稼ぐためにはどんな手段をも使うし、ただそれだけを考えるから。
例えば、地溝油とか毒ミルクとか・・・



5. 名無しの中国人
今の中国社会では、人々は物欲を抑えられないからな。
みんながお金しか見てないし、文化や思想なんかについてちゃんと考えている人なんかいないと思う。



6. 名無しの中国人
経済のグローバル化が進んでいる現在、私は日本製だからってわざと使わないなんてありえない。
家にある電気商品のほぼ80%は日本製だよ。
携帯、カメラ、スクリーン、エアコン、車のエンジン、さらに身分証明書、中国の電子工作機械も日本製。
日本製の部品は世界を独占している。
日本人の物事に対する探究心についてはすごく感心しているよ。
どんなことに対しても絶えず進歩を求めてる。
それは、落ち着かない中国人にはできないことだと思う。



7. 名無しの中国人
今回の動画を見て深く感銘を受けました。
昔は中国にも飴細工などの伝統芸能があったけど、でも今は?
時間に追われる生活と物欲にまみれた社会には、おじいちゃんみたいに自分の好きな事をずっとやり続ける人はあまりいないよね。
親子2世代がおじいちゃんの紙芝居を見て成長してきたというのを見て、涙が出そうになったよ。
紙芝居に拘りを持つおじいちゃんを本当に尊敬します。
今回のビックリ日本はすばらしい!いいやん。



8. 名無しの中国人
中国には、こういう民間の芸人さんはもういない。
なぜかというと、みんなの考えが、全てにおいてお金が第一ということになってしまったから。
稼ぐお金が多さが、あなたの実力と社会的地位を証明しているからだ。
物欲とメンツが大事。
他国のいいものを紹介しているこの番組は素晴らしい。
リポーターたちも素晴らしい。



9. 名無しの中国人
昨日この動画を見ました。
昔お母さんに連れてもらって来たという方が、今では、自分がお母さんになって子供を連れて来ていました。
こうして、おじいちゃんの紙芝居は昔からずっとあるんだと思うと感動しました。
一人で紙芝居をやり続いてきたおじいちゃんは本当にすごい。
涙が出そうになりました。
確かに私たちは、こういう諦めないという日本人の精神が足りないのかもしれない。
こういう日本人に敬意を払います。



10. 名無しの中国人
この動画を見たら小さい頃の事を思い出すなぁ。
小学校時代に似たような人がいて、飴細工職人が飴を作るのを見るだけでもすごく嬉しかった。
少ないお小遣いで飴を買って食べてたよ。
これと同じベタベタした飴で串をグルグル回してから食べるやつ。
独特の食感がたまらなかったね。
当時は本当に幸せだった。
こういう素朴で純粋な時代が一番だなぁ。
今の時代、生活は良くなったけど、私は小さい頃の純粋な生活が好きだ。
子供の頃に山東省出身の人が近所にきて薪でナンを焼いてたのが滅茶苦茶好きだったけど、あの味と匂いは、もう消えてしまったよ。
本当においしかったのに。
現在は色んなおいしいお菓子がたくさんあるけど、私は子供頃の味が一番好き。



11. 名無しの中国人
子供の頃、卷卷糖(水飴)のことを「麻糖」と呼んでたな。
そんで、中国で木の棒を叩いてるのは、殺虫剤を売る人だよね。



12. 名無しの中国人
私の子供頃は、それは麻糖稀と呼んでた。
麻糖稀をもち米の薄焼きで挟んで食べるんよ。
一つが大体1~2毛ぐらい。
今回の動画は、本当にすごく感動したわ。
こういう民間の伝統は永遠に継承してほしい。



13. 名無しの中国人
重慶も「麻糖」だな。
重慶の麻糖はいろんな動物の形にできるし、龍も作れるんだぜ。
すごいやろ?



14. 名無しの中国人
尊敬すべき民間の芸人だ!
特に年配の方々。
ひとつの時代は簡単には消せない。
これは記念すべき一里塚だ!!
感動だね!



15. 名無しの中国人
このおじいちゃんが動けなくなったら、後を継ぐ人いるのかな?
しかし、このおじいちゃん、めっちゃ喋ってるな。
喋ってるうちに、空が暗くなってるし。



16. 名無しの中国人
物がまだ少なかった時代のある記憶。



17. 名無しの中国人
私が住んでるところも、こういう飴はあるよ。
でもね、値段が高くなった。



18. 名無しの中国人
子供の頃は5毛を持ってたら、それはもうお金持ちだったもんよ。
アイス5分、ソーダ2毛、キャンディ1毛。
下校時に校門のそばにあった小さいな屋台っぽい店を思い出して、なんか懐かしい。
もちろん、俺達を殴ったチンピラのことも!
あ~、でも、「盗亦有道(盗人には盗人の道と得がある)」、誰かが何か悪いことをしたら、チンピラたちが罰してくれてたな。



19. 名無しの中国人
おじいちゃん、値上げせなあかんで~



20. 名無しの中国人
帽子が脱げた瞬間に白髪のおじいちゃんだと気づいて、涙が出そうになった。



21. 名無しの日本人
私は成都で仕事をしている日本人です。
今、23歳。
小さい頃に紙芝居を見ましたよ。



22. 名無しの中国人
一個がたった2元(30円)くらい?
おじいちゃんは、たぶん自分の子供の頃が恋しいんだろうね。
私も年寄りになったら、このおじいちゃんみたいに、自分の子供時代をこんな風に形に残して懐かしみたいと思いました。



23. 名無しの中国人
おじいちゃんが人を笑わせるたびに自分も楽しめました。
楽しそうで充実しているねぇ~





 

もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ

一日一回応援していただけると励みになります!








 


海外と直接交流する掲示板を作ってみました。
まだまだ未完成ですが、よろしくお願いします。





コメント一覧

231770通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国なら三国志だけで一生喰っていけるだろ
飴ちゃん売るだけじゃ食っていけねえか
でも話に尽きることがねえだろな
231771通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
お金はあの世までもっていけないのにね
231772- ▼このコメントへ返信
紙芝居よりおっちゃんの方が面白いな
礼二に模写してほしい
231773通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
幼稚園でしか観たことなかったな。
近所の街頭でやってくれていたらガキ友が大勢集まっていたことだろう。
231774通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
ああ、でんぷん煎餅に水あめ挟んで割りばし刺したものを売ってるおっさんがいたな・・・
買ったことないけど高かったんやろか
231775通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
2~30年前なら幼稚園で先生が紙芝居とかしてたけど今もやってんのかな?
231776通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
お前らは伝統を踏み潰して金だけ稼いでイキロ
231777通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
いい年齢なのに一度も見たことない
見れた子供は運がいいな
231778名無し ▼このコメントへ返信
中年だが、幼稚園ではみたけど街頭で紙芝居見た記憶はない。今でも残ってるのが凄い。やり続けているこのお爺さんほんと尊敬する。
231779通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本も高度経済成長やバブルなどの拝金主義時代を経たけど、
それで伝統文化が失われるなんてことはなく、細々ながら続いてる
中国が文化を継承できない原因は別のところにあると思うよ
231780通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
支那猿って日本のこういう動画を見たときだけ感激して、
伝統だなんだと語るけど自分がそれをする気もなく、
自国で同胞がやったとしても、金にならない、古臭いと
小ばかにするだけでしょw

そんな状態だから、何も残らないんだよ。
231781通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
最後に見たのは35年くらい前だったと思う
長編続き物のヒーロー物語、子供が主人公のギャグ話、
教訓が込められた昔話とか何種類かを1回で見せてくれた
お菓子もソースせんべいとか型抜きとかあったよ
計算問題や推理クイズの紙芝居もあって、
正解した子は水あめせんべいとかをもらえてうれしかったなあ
231784通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
昭和41,2年頃まで遊び場にしていた神社に定期的に来ていたな
ただでも見れるのだが水飴かせんべい月水飴を買うのが礼儀だった
231785通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
小学校の頃近所の公園に紙芝居のおじさんきてたな
学校の前で輪ゴムを飛ばす、割り箸のような細い木で作った鉄砲も売ってたおじさんもいた
今は見ないな
231786通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
幼稚園は当然としても、近所の図書館でも紙芝居は定期的にやってね?東京だけかな?
俺朝でもチューが紙芝居に目覚めていたな。
231787通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
闇芝居の元祖ですな
231789通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※15
こちら京都でも図書館で読み聞かせや紙芝居はしょっちゅうやってる。
おそらく全国区なんだろう。

たまに思いついたように老人が近所の公園でやってるが、
あれはもう老後の趣味であちこち回ってるだけのようだ。
231791通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
大阪はまだ紙芝居が残ってるほうだよな。紙芝居の絵の貸し出し矢があるし。
子供の時紙芝居を見て、道徳とか、社会の決まり事とか、小遣いの無い子は
飴を食べずに我慢する事を学習していくんだよね。
231792通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
このおじいさんの紙芝居を子供の頃に見たわ、まだ現役でやっていらっしゃるんだな。水飴、ソースせんべい以外に型抜きもあったけどまだあるのかな。
231796通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
見るのはいいけど、クイズに参加するなよ・・・。子供だけで楽しんでるのに、大人が荒らすな。こういう気遣いが出来ないのが中国人。
231797- ▼このコメントへ返信
共産主義だからでしょ。
国民が何をするのか決めるのが共産主義なんだから…

本当共産主義って文化破壊にしか繋がらない。
231837通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
うちは田舎だけど、紙芝居は無かったなあ。羨ましい。
その代わり、時々校門の前に、変な科学グッズやおもちゃを売ってる人がいたよ。
パフォーマンス見て感激して100円とかで買うんだけど、到底同じことが出来なかったり
パチもんだったり。でも翌月、また買っちゃうんだよね。
小学生は、自分の目線の上にある大人の顔なんて覚えないからなあ。
ただただ同じ目線上にある「魅力あふれるグッズ」に釘付け。
悪徳商売なんだろうけど、いい思い出だし、今もし見かけても買っちゃうと思うよ。
ノスタルジーを100円で買えるなら、是非見かけたいもんだ。
231839通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※20
まあ、日本人なら参加しても、ゲットした賞品は子供にあげるかもね。
でも可愛らしくていいじゃん。
本気の中国人なら、子供蹴散らして爺さん襲って根こそぎ奪ってくわけだし。
231866通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
紙芝居の次は飴細工を紹介すればいいよ、中国にもあるって言ってたから喜ぶと思う
231879通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
東京はあちこちでやってる
子供の頃見たのを定年後に趣味でやってるジサマが多いね
なので自作の話も多い
231899通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
子供達の「ハーイ!」が超かわいいw
個人的にはクイズとか大人が参加するなよって引いたけど、あの爺さんからすればこのくらいの年頃の娘さんなら、ほとんど子供と一緒かもな
232009通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
自分の私利私欲だけで生きてる老害は早く逝けと思うけど
こういう爺さんは長生きしてほしいと思うわ。
幼少の頃は、パソコンやスマホや英語学習よりも、外で友達
と遊んだり、年長者と触れ合う時間のほうが大切だと思う
けど、幼児趣味の変態野郎がいるから難しいだろうな。
232026通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※7
日本もそうなりつつあるがな
このお爺さんの世代が亡くなったら消えていく技術や伝承は少なくないよ
232072通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
一回だけ、公園でせんべい食いながら黄金バットの紙芝居見た記憶があるなー。絵がめっちゃ怖かったのだけ覚えてるわww
今思えば、貴重な体験だったんだな。保育園の頃だったからほとんど記憶にないのが悔やまれる。
232216通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
お菓子を買ってみるのがルールだったわ。ポン菓子って呼んでた。
おじさんの声があるから、生ステージみたいなわくわく感があるんだよな。
232260通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※25
そうか、結構やってるのか。
昭和前半の私の親は観たというが、昭和後半生まれの私は観たことがない。
今の方が、復活して多いのかな。

お名前:
TOR荒らし対策で少しコメント制限中です。ご不便をおかけして申し訳ありません。




PR

ブログパーツ アクセスランキング