中国人「日本の農産物の高さは結局のところ国家政策の問題だった」 中国の反応

  • カテゴリ:農業
  • コメント:12件
181220-001.jpg

日本の農産物の高さは結局のところ国家政策の問題だった

ずっと答えを探していて、普通の日本人に聞いても欲しい答えは出てこない気がしていたんだが、今年の夏に農家の人とかかわることがあって、ついに真相を知ることになった。
生産者が手にする時点では高くないが、店で売る時には最初の8倍の価格になるそうだ!
日本の農産物は商品であり、価格は商人に完全に左右されていたんだよ。
日本国内で農産物は必需品に属していて、国が厳格に価格を管理しているのだ。
例えばコメは突然20%価格が上昇すると政府が調査をすることになっている。
だから日本の価格は基本的に2~3倍の間でコントロールされているんだ。





 



1. 名無しの中国人
土地が少ないのがダメだよな。



2. 名無しの中国人
>>1
私もそれが問題だと思っていた。
だが広い農地がなくても農業の発展はあり得る。
日本の農業機械設備は発達しているが、播種技術と応用の効率については中国に劣っているんだよ。



3. 名無しの中国人
>>2
中国の農業がそんなに素晴らしい技術を?
日本の援助によって中国の農業技術がどれだけ助かっているか知らないのか?



4. 名無しの中国人
>>2
どういう技術なのか具体的に教えてほしいんだが。



5. 名無しの中国人
技術の問題じゃない。
水稲はそもそも機械化が難しいし、中国は農民が多く存在するからな。



6. 名無しの中国人
日本のことはわからないが、国内の中間搾取はひどいものだぞ。
農民は高い収益を得られず、商人は税を支払っても高い利益を上げてる。



7. 名無しの中国人
今後、植物工場ができたら問題はある程度解決するだろ。



8. 名無しの中国人
増産はできるだろうが、中間マージンの問題には変化は起こらないんじゃないの。



9. 名無しの中国人
農産物が安くなることがいいことだとでも?
農民の利益が保証されないなら、誰が農民をやりたがる?
国家の食糧安全は誰が保証する?



10. 名無しの中国人
日本政府はずっと農業を保護し続けているよね。



11. 名無しの中国人
>>10
確かに保護していて改革する気もないね。



12. 名無しの中国人
>>11
なぜ改革が必要だと思うんだ?
今の農業政策は日本の国家利益に最も適合したものだから保護してるだけだと思うよ。



13. 名無しの中国人
日本の農産物価格が高いのは農協とは関係ないのか?



14. 名無しの中国人
>>13
そういう既得権益集団が改革の疎外と輸入の反対を進めている主体だよ。
自分で自分の首を絞めているんだ。



15. 名無しの中国人
>>14
笑わせるなよ。
日本政府がもしそんなことを考えて盲目に農産物の輸入を拡大したら日本の農業は終わりだぞ。
日本社会の安定、国の安全も打撃を受けてしまうぞ。



16. 名無しの中国人
高くないよ。
バナナが398円で20本ほど、ミカンは248円で12個ほどだ。
リンゴはちょっと高くて98円、パイナップルは1個298円だ。
高いか?



17. 名無しの中国人
上海で野菜を買えば十数元、数十元になることもある。
北京は上海より物価がかなり低いけど。



18. 名無しの中国人
中国からの農産物の輸入が少ないからだと聞いたんだけど。







もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ

一日一回応援していただけると励みになります!











コメント一覧

299028通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>>日本の農産物の高さは結局のところ国家政策の問題だった

日本の野菜は中国みたいにタワシでごしごし洗って泥落ししたり、
何時間も専用溶剤につけて農薬抜きしたりする手間がいらないんだってば

お客がミンチ肉を素手でいじくりまくって詰め放題とかもやってねーし

どっちかってえと販売方式と企業倫理と衛生観念の問題だと思うぞw
299030通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国人がここまでアホだと助かるな
このままずっとアホでいてくれ
ただしマナーはすぐにでも覚えろ
299033通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
農産物が高いのはそのほとんどが人件費だからだろ
安くするためには大規模機械化しかないがそうすると田畑が狭すぎる
結局狭い田畑で高品質なものを作る努力を人手を使ってやるから高いままになる
299034通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本は環境的に途上国と比べて生産に過剰に費用が掛かるから高くなるんだよ
人件費も高いから工業製品と同じように生産物に費用を掛ければそりゃ高くなる
高いからと言って輸入品に頼れば国が危険になるから輸入に制限かけて高い価格が基準になる
なので政府の方針と言われたらそうなんだろう
299035通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
お前らJA知らんの?
299037通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※5
農協だな。たしかに直送で売ればかなり安くなる。この中国人が指摘してる通りだな。
こういう自国のシステムに何の疑問も持たずに外国人のほうに反発してしまう。
JAもニンマリ
299039通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
段ポールに入らない野菜は、売れないからな。
消費量の半分くらいは、直売所で買ってる。
299040通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
3. 名無しの中国人
>>2
中国の農業がそんなに素晴らしい技術を?
日本の援助によって中国の農業技術がどれだけ助かっているか知らないのか?
4. 名無しの中国人
>>2
どういう技術なのか具体的に教えてほしいんだが。

中国政府が農薬まみれで見放した土地を日本が何年もかけて回復させた話はよく聞くけど。
299042通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
個人では豊洲みたいな卸売市場には出せないから。
大量に生産しないと利益がでないし、大量に捌くにはJAに出荷するしかない。
JAに出荷するにはJAの指示に従うしかない。
299043通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国人は歴史上常に強かな商売人だったのに何でこんなに商売や流通に疎くなってるの?
それに農家のおじさんは原価を言っただけで自分達の人件費とか入れてないんじゃないの?

農家
美味しいブドウ8房、売り物にならない傷入りのブドウ1房、酸っぱいブドウ1房
本来なら1房100円だけど、傷入りブドウと酸っぱいブドウの損失分があるので、美味しいブドウ8房に上乗せするので1房125円見込みで出荷

農業
県で採れたブドウを全て集めて競り市場で卸売業者に売る

卸売業者
消費者が10房求めてるのに8房しかなかったから市場原理により価格が上がり、1房140円で競り落とす
そこに卸売業者の人件費を乗せて1房150円で小売店に売る

小売店(スーパー)
スーパーで働く人の人件費とスーパー店舗維持のための経費を上乗せして1房160円で売る

市場経済なら農家とスーパーでブドウの値段が違って当たり前
何で中国人は商人魂を忘れて消費者視点なの?
輸入に頼るということは国内の農家だけじゃなく、農家から小売店たどり着くまでの流通に関わる人達全てが失業することになるよ
安けりゃいいってもんじゃない


それに日本で果物食べたことあるなら分かると思うけど、日本の果物は種から育て方から農家が苦労して甘くしてる
そのことに対して農家は正当な対価を得るべきでしょう?
輸入の酸っぱいブドウより、日本の農家が日本人の好きな味になるように努力して作られたブドウが高くなるのは当たり前
日本は古代から水が豊富で水分は水でとって果物は甘さを味わうお菓子の位置づけ
中国やヨーロッパの大陸は古代から乾燥地帯が多かったり水が汚染されていたので果物で水分補給していた部分もある
だから日本は甘くなるように果実の量を間引いて果物を作り、大陸は収穫量を重視して甘さを犠牲にした
そういう歴史や文化的な違いもあって、果物の甘さを重視しない中国人から見たら日本の果物が高く感じる
どっちが良いとか悪いとかじゃなく、歴史や文化による果物に対する認識の違い
ただ残念なのは20-30年前の中国人ならそれを理解して甘い果物をどうやって作って日本に輸出しようかと商売人魂炸裂させていたはずなのに、今の中国人はどうしたら売れるか何が売れるかを考えなくなって値段しか見なくなってるってこと
これは一人の日本人として、そして黄色人種として本当に残念だよ
世界のどこに行っても商魂逞しく這い上がるタフさが中国人の持ち味
1980年代くらいまではサンフランシスコで日本系アメリカ人が良いブドウとワインを作り、中華系アメリカ人は日系が作ったワインの高品質を認めて高値で買って、それを中国人持ち前の口八丁とハッタリで白人相手に更に高値で売って、日系人と中華系は仲良いビジネスパートナーとしてボロ儲けだったw
それも天安門以降に共産党の扇動によって中華系は日系を憎むようになってなくなった
残念だよ、本当に
299109通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※9
あなたが青果物販売業者だとして、作り方が謎の農産物を無批判に仕入れますか?
信頼できる生産者のみからならともかく、玉石混淆の多数の生産者から受け入れしなくてはならないとして。
299234通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
結局のところ、市場に出せる農産品は秀果だけということなんです。3割方規格外で廃棄。

お名前:

TOR荒らし対策で少しコメント制限中です。ご不便をおかけして申し訳ありません。


PR

ブログパーツ アクセスランキング