中国人「なぜ日本の苗字は奇妙なものばかりなのか?」 中国の反応

190412-001.jpg

なぜ日本の苗字は奇妙なものばかりなのか?





 



1. 名無しの中国人
どうおかしいというのか。



2. 名無しの中国人
少しもおかしくはないんだけど田舎っぽさがすごいよな。
例えば村とか田とか野とか竹、木、藤、井なんかを見るとそう思うよ。



3. 名無しの中国人
我々が中国式で読むとおかしいと感じるかもしれないが彼らは違うだろうな。



4. 名無しの中国人
国内の姓にも思いもよらないものが多くあるし。



5. 名無しの中国人
日本人にはもともと姓氏がなく、姓氏のない日本人は自分の姓がほしくなり、その多くは自分の周りの環境から姓を名付けた。近くに井戸があれば井上、山の下に住んでいれば山下、水田の近くなら豊田、それに植物や動物、石など地理的なものからつけられたものも多いぞ。



6. 名無しの中国人
今の姓は苗字として作られたものが多い。
だが明治以前の姓氏を知らない奴の方がおかしいんじゃないかな。



7. 名無しの中国人
まあ普通だろ。
彼らが我々の姓を見ればおかしいと思うところもあるだろうし。



8. 名無しの中国人
日本の姓は地名や物事からつけられたものだよ。



9. 名無しの中国人
我孫子だけはヤバすぎるだろ・・・

※中国語で「お前は俺の孫だ」みたいな意味の侮辱言葉



10. 名無しの中国人
>>9
千葉県の地域のひとつだよ。



11. 名無しの中国人
うちの近くに住む日本人は「河口 翔」という名前だ。
すごい名前だよな。

※「翔」の漢字は本来は中国でも日本と同じ意味ですが、ネットスラングでは「う○こ」の意味



12. 名無しの中国人
天皇、皇族だけは姓をもたないんだよな。



13. 名無しの中国人
古代日本に姓は存在しなかった。
4世紀末、大和朝廷は日本南部の多くの小国を統一して一つの国にし、その統治の基礎として氏姓制度を作った。
大和朝廷の大王(のちの天皇)を元首として、中央政権の貴族を掌握しながら朝廷に隷属する小国の国王との間に血縁関係のグループを作り、その集団を「氏」と呼び、貴族としてしまったのだ。



14. 名無しの中国人
おかしくはない。
読み方が異なるだけだよ。



15. 名無しの中国人
外国人から見れば中国の苗字もおかしいと感じるだろうな。



16. 名無しの中国人
日本人だって「中国人の苗字は奇妙なものばかりだ」と思っているんじゃないのかな。



17. 名無しの中国人
昔日本の平民には苗字がなかったからだろうな。



18. 名無しの中国人
地名だったり職業を用いるのは欧米とも同じだよ。
何もおかしいことはな、ちょっと考えすぎだ。



19. 名無しの中国人
少なくとも韓国よりはいいだろう。
3つくらいしか苗字ないし。







もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ

一日一回応援していただけると励みになります!











コメント一覧

306218通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
只、血統主義的で無いだけなんだけどな
偉くも無いのに血筋主張しても意味ないし
306219- ▼このコメントへ返信
日本人でも不思議に思う苗字は多いよな
306220- ▼このコメントへ返信
なぜ閉ざされた国の方が開かれてるはずの国よりもまともなのか?
306221通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
「菜」という字を日本人はよく女の子の名前に使うけれども、
あれも中国人からするとヘンらしいね。
「お惣菜」という意味だから。
306222通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
そういえばある中国人が神(じん)さんにびびってたなww
306223通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
朝鮮の名字は金朴李しか無いだろwww
306224通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国が朝鮮半島には「宗族」という慣習があるけれども、
これも日本にはないしね
306225通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
三つもあるのか。二つしかないと思ってた。
306226- ▼このコメントへ返信
中国の名字は響きがダサいし発音しづらい
306227- ▼このコメントへ返信
中韓の名字は種類が少ない
日本の名字は種類が多い
306228通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国って王の名字が多いよな
どんだけ自惚れてるんだよw
306229通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本人の苗字に違和感を感じるのは、文字的に近くても、文化が違うからじゃない?
住んでいる地域のランドマークを苗字に置き換えたからこうなるんだけど、それは各国そんなものだよね?

バカにするだけの韓国人じゃないんだからさぁ、まず、受け入れるところから始めてほしいなぁ。
306230通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
渡辺とか斉藤だけでもそれぞれ10以上の種類があるぞ。
いくつかは申請のときの記憶違いが定着してしまったのかもしれないが。
それと海外から来た人が、由来関係なく適当にカッコいい名前をつけたのも含まれるだろうね。
306231通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
勝海舟だったか、姓に「物部」って書いてて驚いた事があった。
306232通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
自分たちは同じような苗字ばかりだということに
気付いてないノータリン国民
306233通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国人劉さんばっかじゃねーか
306234通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※11
王は氏であって性じゃないのだが。
それはそれとして、王氏は一度も王朝開いてないのも事実
306235通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
割とまともなコメントが多かった
306236通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
金、李、朴
確かに3つしかないな
306237- ▼このコメントへ返信
純日本人で良かった
306238通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※1
中国は古代は城塞に囲まれた邑内での近親結婚を避けるために
同じ姓の嫁をもらってはいけないという文化があったからだな。

日本だとどこでも暮らしていけるので貴族以外近親結婚を
心配する必要なかったから戦国まで姓なしのまま来たんだよな。
306239通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※6
チョン・ドファンもいるじゃん。
306240通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
姓(斎部、豊臣、源)と名字(織田、羽柴、徳川)は別物なんだが、藤原からして田舎臭いか。
まあこれも面白い。
306241通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
江戸時代の庶民に姓や名字が無かったというのは嘘だから。
武士階級以外は名乗らなかっただけ。

あと本姓は「藤原」でも伊勢に住めば「伊藤」などというように名字を変えた。
306242通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本人と中国人では名字の枠が違うってわかってるから、「奇妙」とは思わないかな
欧米人の名字と同じで、そもそも自国の言葉じゃないって前提がある
306243通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
なんか冷静分析できているコメントが多いな。どうした?
306244通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
英語表記だと、日本の名字は中韓より多彩で面白いんじゃないだろうか。
306245通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本の姓はほぼ源平籐橘の4つだって話だが
306246- ▼このコメントへ返信
日本の苗字は響きがキャッチーで好きだな。
HONDAとかSUZUKIとかYAMAHA。
CASIOは樫尾さんだからカシオなんだと最近知った。
っていうか、中国とか韓国で「苗字が社名」の会社を一つも知らないんだが。。
Li-ningっていう中国のスポーツメーカーは知ってるけど、苗字+名前のフルネームだからなぁ。。
306247通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本の長い歴史ゆえに混乱しやすい。
「名字」「姓」「氏」が混同しているが、別々だし一般的日本人は気にしない。
正式な姓(カバネ)も朝臣しか残らなかったので、ますますわからない。
たとえば源朝臣家康だが、徳川氏~松平氏~新田氏~河内源氏~清和源氏。
しかも家冒だから、そんなの中国人たちに理解できるわけもなく。
306248通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本から見れば中国もおかしいだろとかきちんと相対化して考えるところが半島とは違うな
306249通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国も田舎のような文字を使ってるじゃないか?
林や馬 李なんて日本じゃモモって意味だし

それに中国人の庶民も苗字を持ってなくて、苗字を持てるようになって誰もが尊大な態度で
王とか黄とか劉だの勝手に王族の名前を付けて貴族であると名乗った

なんて恥ずかしい奴らなんだろう
306251- ▼このコメントへ返信
英語圏ではSONもミームで笑われてるけどな
306252通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
派手さは無いけど奢りも感じ無いところが日本の名字の良さ(※一部を除く)
306253通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
苗字は結婚で減ることはあっても増えることはほぼないから
苗字が少ないのは歴史が長い証拠でもある
客観的に見て。
306254通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
天皇家に姓がないのはとてもすごいことで、
古代からずっと姓を与える存在。
識別されることのない存在だったということ。
世界最古の大王家だよ。
大切にしないといけない日本の宝物。
306255通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
当事の日本の農民が氏をつけれるって考えてつけたものだからな
そりゃおかしかったり編なのもあるだろう。
国じゃなく自分でつけた氏が今でも続いてるってのを誇るほうがいいと思うぞ。
306256通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
だから中国に苗字って概念が無いだろ。
班田収受(均田法)の関係で、一度は全ての良民が氏姓を持っている。
306257通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※5
昨日のNHK「日本人のおなまえっ!」では神(かみ)って人が出ていた。お店で「3名でお待ちの"かみさま"」なんて呼ばれると客その他周囲の人の視線を一斉に集めると言っていた。
306258通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
おかしいのは当たり前、
中国風一字名称じゃないからね。
中華に一度も支配されたことないし、
日本人独自の名前だからだよ。
306259通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※32
李はモモじゃなくてスモモな
306260通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
今の日本に「姓」はありません
民法によって、名字は全て「氏」と決められています
ちなみに、姓は血統であり、氏は家族名です
306261通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※35
意味がわからない
意味をわかっていない
306262通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※「翔」の漢字は本来は中国でも日本と同じ意味ですが、ネットスラングでは「う○こ」の意味

地域や会社周りで翔くん案外いるのに身につけてはいけない余計な知識が増えてしまった。
今誰かに話したくで仕方ないwwwうっかり話して世間体悪くなったらどうしてくれるんだwww
306263- ▼このコメントへ返信
我々の視点でも中国人の苗字が奇妙と感じるものはあるのだが。

因みに中国人の最多苗字ベスト3は「1.王、2.李、3.張」だが、「何」は、日本語だと不定なものを言い表す意味があるし、「馬」はノウマの亜種の意味がある。

つまり、同じ漢字でも日本語と中国語では全く意味が異なる場合があるので、英語圏などの西洋人視点だと双方の苗字を混同して奇妙と感じても不思議ではない。
306264- ▼このコメントへ返信
大陸のように少ない姓をみんなで名乗るってことをしなかったからだな
藤原氏の本家は近衛家というが、これはあくまで増えすぎた一族の家の識別に用いられた通称のようなものであって、正式な氏はずっと藤原のままだった
でも、今ではそれを氏として使っていて法律上の書面にも近衛と記載されている。藤原は祭事などで使われる儀典的な姓に過ぎなくなっている
306265通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※17
王莽
新(しん、8年 - 23年)は、中国の王朝。前漢の外戚であった王莽が前漢最後の皇太子の孺子嬰より禅譲を受けて立てた。成帝の時、王莽は新都侯(新都は荊州南陽郡に在る)に封じられたことにより国号を新とした。
306266通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
朝鮮は金、李、朴でなく金朴李ね
金をパクる。という意味
306267通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
豪族や皇族出身武家の氏以外は苗字が無かった時代でも、それに相当するものとして、商人や村の世話役は屋号 村人は他所では出身村名+名前を名乗りにしてた 流れから、職名や地域名が多かったりする
306268通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本最初の氏は武内。武内宿禰の。
蘇我氏も平群氏なんかも、当時の氏族はほぼ武内の家から出てる。
306269梅白白 ▼このコメントへ返信
※2
大体職業か、暮らしてる地名のどちらかだよね。
306270通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
古代の話をするなら中国だって姓なんて無いだろうに
306271通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※24
功績があれば、庶民にも名字帯刀を賜ることがあった。
306272通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
欧米でも大体職業か土地に由来するものばかりだろ
米国の黒人は奴隷時代に雇われてた家の苗字とかが多いらしい
306273通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国も春秋戦国時代の魏を建国した一族は元々氏が畢だったけど、当時使えてた
晋から魏邑を与えられて以後魏を名乗ってたから地名から取る人もいたんだろうけど、
これは姓じゃなくて氏だからノーカンて考えなのか?
306274通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国人民は王様の所有物だから、王様の氏
日本人民は天皇の所有物だけど天皇は名乗れないから自由に氏を選べる
306275通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
庶民はどうかしらないけど、禹の子孫は姫姓を名乗ってたよ
306276通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※35
最近、外国から帰化する人が外国の姓をそのままカタカナ読みや漢字読みにしているから、増えているんだけど?
306278- ▼このコメントへ返信
久しぶりの良スレ!

面白かった!
苗字が田舎臭いなんて考えたこともなかった!
でも、言われてみれば納得。

中国では「羽生結弦」という名前はカッコいいそうだ。
日本でも「羽生」ってカッコいい風潮あるよな。

306279- ▼このコメントへ返信
ここのコメは浅い知識を上から目線で語るものが多い

なるべく飛ばして読んでるけど多すぎて疲れる…
306281- ▼このコメントへ返信
>朝鮮の名字は金朴李しか無いだろw
いや、文があるだろw
306283通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国は昔の王朝で、強権的に二字姓を一字姓に改めてたな。
五胡十六国、五代十国で異民族が多く入りこんでね。
おかげで三国志や史記でも有名な漢族由来の二字姓が極端に少なくなった。
中国でも同姓同名の子がクラスに複数居たりして混同するくらいだからな。
逆説的に言えばかつての異民族が、有名な姓を名乗る事になったんだろう。
どんな剽悍で獰猛な野蛮人の異民族でも、中華の中に入って世代かさねると漢族になるからなw
306284通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
なんか氏と姓を区別出来てない人多そう
306285通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※60
では、あなたはその知識を長文ウザと思われようが、
存分に披瀝すれば良いのでは?
306286通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国の有名なピアニストに
「ランラン」という人がいて
初めて聞いたとき、どんな字書くの?
と思って調べたら「郎朗」だった
306287通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
王族でもないのに王とか李とか付けてる異民族がよく言うわw
韓国ほどではないにしろ多様性無さ過ぎてサッカーとかスポーツのユニに名前乗せられないやん。
全部LEEとかあんな格好悪いのないでマジで。
306288通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※52
古代中国は逆に性があって名がないやつが多いと思う
306289通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※15
中国には「百家姓」っていうよくある名字を集めた教科書みたいなのがある
実際には500以上あって、小学校低学年くらいの小さい子がそれらすべての漢字を覚える
だから名字のバリエーションは実際には相当多いぞ
306290通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>少なくとも韓国よりはいいだろう。
>3つくらいしか苗字ないし。

金朴李ですね、わかります
306292通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※1
いうほどか?藤氏姓の奴とか全国津々浦々にいるし
先祖が武士だけど~なんて昔のネット自慢のテンプレやんけ
自分は偉くないけど先祖は偉かったんだぞ~なんて一番ありがちだし

マジレスすると日本の名字が中国のそれと違うのは単に文化の違いだし名字自体は紛れもなく血統や一族を表すもの
というか今よりはるかに儒教の影響が強くて尊属卑属・本家分家といった
血縁上の階級がこの上なく重視された時代だからこそ
庶民は公の場で名字を名乗れなかったり家系図ねつ造するのが流行ったわけだから
「血統主義的でない」どころかむしろ逆
本当に血統にこだわりがないのなら誰がどんな名乗りをしようと規制なんかしないわけで
306293通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※58
アスペかよ
集団の中で婚姻を繰り返していけば最終的には収束するって意味でしょ
現代みたいに地球の裏まで1日で行ける時代でもなし国際結婚や異民族間結婚が普遍的だったとでも思ってるのか
名字というのは基本的に減るものというのは単なる事実なんだが
306294- ▼このコメントへ返信
中国の苗字を奇妙と思ったことはない
バリエーションが乏しいなと思うだけ
306295通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※6
多い姓の上位順に「金朴李崔鄭」の五種の姓で全人口の6割以上を占める。
ちなみに「カネパクリサイテイ」で簡単に覚えられる(笑)
306296通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※28
紀・葛城・物部・蘇我・大江・菅原・在原 など沢山ある。
時代を遥かに下って「豊臣」と言うのも姓だな。
306297通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>我孫子だけはヤバすぎるだろ・・・

藤子A先生にケンカ売ってんの?
306298通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※65
牛牛(にゅうにゅう)というピアニストもいるよ
306315通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※3
だって、自分の名前も書けないくらいだから。
306341通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
村の住人同じ名前を付けたりしてた。
吉田村の住人は全員吉田姓になったりしてるんだから。
転生スライムじゃないけど、明治期に役人が適当に名前を付けたりもあったらしい。
306345通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※78
地域にもよる。
鹿児島の島津家中の兵力は郷士だったからね。
武士階級が全体の2~3割居た。
百姓商人職人も準郷士みたいなもんだ、戦闘訓練だってやってたし武装してたしな。
で、百姓と郷士は通婚できて、郷士は城士と婚姻できたから、百姓と城代家老が従弟とかになったりした。
あと源平藤橘の氏も大江氏やら秦氏やら伴氏やら凄く多い。
氏が不明の古代からの日本人も居る。(由来を失伝するくらい古い)
逆に系図を買ったり弄り倒してるから江戸時代以降のはあてにならないのも多いw
あとな、氏族は同じでも苗字は分家で増えてたからね。(島津分家ですら新納北郷伊集院と腐るほどある)
自由に苗字は変えてたから増えまくったのもあるし、改名も凄く多かった。
近代に戸籍が整備されてからだよ、減って行く理論はw
明治でも、徳川宗家から徳川慶喜家が立家したんだし。
306356旭日 ▼このコメントへ返信
朝鮮人の姓は3つ位しか無い? てっきり3つ以上の計算が出来ないと思ってた!
306358通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
姓があって、その上で苗字がある。姓と苗字は別の物だ。
306359通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
姓を登録するときに
出す方も受け取る方も漢字をよく解らなかったので
書いたまま登録しちまったからだよ
306361通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>9. 名無しの中国人
>我孫子だけはヤバすぎるだろ・・・
 -
 何もヤバくない。
 我孫子という名前は、古代の日本人が、自分の孫のことを愛情を込めて、
「我(ア)の孫子(ビコ=日子=彦)」と呼んだのが始まりであり、
そのように呼ばれた孫が、長じてそう名乗ったもの。
                                   

306377通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※53
功績がなくてもほとんどの百姓は名字を持ってた。
たとえば江戸時代の寺社の供養記録などを見ると、記載されてる百姓の90%以上には名字が記されてたりする。公的に名乗ることが許されなかっただけ。
だから「賜った」のではなく「名乗ることを許可された」とするのが正しい。
306380通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
十何億もの人口の国で1字姓は非現実的だろ、同姓同名がどれだけいるんだよ。
つい最近まで奴隷国家だったから、姓を持たない奴隷がほとんどだったから1字姓で足りたんだろうな。
日本人が奴隷解放してしまったら、キムチは我先にと貴族階級の姓を付けてしまった。だから姓の種類が少ない。
千何百年も前から日本人は漢字の欠点を見抜いていてひらがな等を併用して文化を発展させている。中国人は漢字に縛られて古代文明から何一つ発展していない。米中戦争の終結時には漢字を捨てて英語を使いだすんじゃないかな?少しは文明人になれるかもしれない。
306382通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※58
アスペ以下の精神障害ですか?
実際に苗字が減少した調査なんてない。
出生率と出生数が減って、人口が減るから苗字のバリエーションが減る、
というのは養子を取らない、名跡を継がない、帰化人が新しい苗字を作らない、
出生率が下げ止まる、出生数も下げ止まる、とか社会そのものが変わる、
と言う変数を入れてないからね。
306446通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>11. 名無しの中国人
うちの近くに住む日本人は「河口 翔」という名前だ。
すごい名前だよな。

※「翔」の漢字は本来は中国でも日本と同じ意味ですが、ネットスラングでは「う○こ」の意味


知らないところで中国人からこんなこと思われてるんか。
哀川翔が、哀川う◯こか。
306482通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※68
中国は 三千種あるらしいけど
日本は 三十万種だからなあ
人口比で言っても「少な!」って感じても仕方ないよ
306487通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※5
神(じん)さんって中国人にもいると思うけどな
中国人と結婚した小学校の時の先生、苗字が神に変わってたし
306488通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※69
忌野清志郎の曲で「おーいキムって呼んだら、みんなが振り向く」って歌ってて笑った記憶がある
なんの曲だったかは覚えていない
306533- ▼このコメントへ返信
宗主国に罵られる韓国をご覧下さい
中国が苗字をもっと与えるべきだった。監督不行き届きですね!
306549通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
何で韓国では金と李しかないのだ?朴もあったな。日本が満州に関与して以来、愛新覚羅なんて清国由来の苗字迄増えた。
306587通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
源平の昔は 戦場で名乗りを上げる際にも 苗字と姓を区別していたように書いてあるのを読んだ

熊谷の次郎 平の直実
相馬の小次郎 平の将門

など

お名前:

TOR荒らし対策で少しコメント制限中です。ご不便をおかけして申し訳ありません。


PR

ブログパーツ アクセスランキング