ドイツ「東洋の食は中国に始まる」←中国人「ほぼ日本と韓国に持ち去られたんだが…」 中国の反応

  • カテゴリ:文化
211024-001.jpg

ドイツ「東洋の食は中国に始まる」

ドイツ紙によると、東洋の食は中国に始まるという。
「人口に膾炙する」とは人々は食べる事が好きであると述べている。
膾:薄い肉を生で食べる、現在で言う刺身の事
炙:焼肉の事
「中国美食膾炙人口」は、
現在、日本に持ち去られた「膾」
韓国に持ち去られた「炙」
中国に残されたものは「人口」だけだ・・・





 



1. 名無しの中国人
たしかに、大昔のじいさん達が色々と生み出したかもしれない。
でも、今言える事は「東洋の食は中国で終焉を迎えた」って事だけだ。
ドイツ人は中国料理に夢見すぎなのかもしれない。



2. 名無しの中国人
もし私達が皆ドイツ人の真面目な気持ちを持っていたら、現在のような悲惨な事は起こらなかっただろう。
私はドイツ人の真面目さが好きだ。
残念ながら、私達はこのようなうやむやな国に生まれてきた。



3. 名無しの中国人
この意見には賛同できないね。
日韓美食文化は孫子が趣味で広めたのがたまたま一部に残ってるに過ぎないよ。



4. 名無しの中国人
食材も危険だけど、中国料理の問題は衛生条件の悪さ、料理人たちの生活習慣に大きな問題がある事・・・
だから私は極力自分で料理を作ってる。



5. 名無しの中国人
これは間違いなく現実問題だ。
今の新疆では、みんな干しぶどうの品種や精油の分類も出来ず、みんなどう稼ぐかだけを考えてる。
切餅は新疆の伝統料理だと知ってほしいよ。



6. 名無しの中国人
私はこの国家で年老いていく事を恥じる事はない。
「膾」がどうだ、「炙」がどうだなんて、外国の人は私達の半分も知らないのではないか?
我々は一人一口で天下を取ると教わったんだ。



7. 名無しの中国人
これは違うよ。
文化とは、カスとか精華ではないはずだ。
誰かがあなたに何かを言ったとしても、最終的な学問とは自身で学ぶ事だろう。
しかもあなたは、最後には何が精華で何がカスかを論理的に結論付けようとしているけど、そんなこと他人に話す事じゃない。



8. 名無しの中国人
盆栽なんかも、外国人はみな日本から来てるって言うよね。



9. 名無しの中国人
中国料理は主として文化にある。
日本の料理は生活にある。



10. 名無しの中国人
一つの料理は一つの国の文化を代表する。
中国に始まったとは言えないんじゃないかな。
日本は料理の方面では考えが飛びぬけているよ。



11. 名無しの中国人
料理は一つの国の物じゃないだろう。



12. 名無しの中国人
はるばる中国にコックの修行にきたドイツ人がいた。
1ヶ月くらいで中国料理を極めて帰国してしまったよ。



13. 名無しの中国人
>>12
呆れて帰っただけじゃないか?



14. 名無しの中国人
>>13
まさしくその通り。



15. 名無しの中国人
中華民族はずっと寛大だった。
慈善事業や志を変えないで貫き通す所もあった。
今日の中国を見てみろ。
どうしてこうなった。



16. 名無しの中国人
これは中国に対するドイツ人の皮肉でしょう。



17. 名無しの中国人
田舎者には中国料理文化なんて分からない。
中国料理は感性に満ちた彩りだ。
理性なんてどうでもよくなっちゃうね。



18. 名無しの中国人
人が行き来がどうであろうと不思議ではない。
中国の各種文化は世界に広まっているぞ!



19. 名無しの中国人
伝統的文化と、工業革命を端とした現代文明とのつながりは何か問題がある。



20. 名無しの中国人
だからと言って、日本と韓国は中国の飲食文化を盗んでしまったとは言えないだろ。



21. 名無しの中国人
日本人が生モノを食べるのが中国式の飲食ってわけじゃないしな。
日本は島国なので、資源に乏しくて、昔に食べ物があまりなかった。
だから海産で栄養を補うようになったんだ。



22. 名無しの中国人
だいたい、日本と言えば生食文化を思い浮かべる人が多いと思うよ。
それのどこが中華料理に関係するというんだ?
お前は中国の時代劇の中で生ものを食べる場面を見たことがあるのか?



23. 名無しの中国人
料理を作るのは、栄養・視覚・美術を融合させる芸術だぞ。



24. 名無しの中国人
もし日中の飲食文化を結合させれば、それは美食となるのではなかろうか。



25. 名無しの中国人
美味しければ何料理でもいいよ。
ほんとお前らは細かいな。



26. 名無しの中国人
飲食文化は時代とともに進んでいく。
だが、天はただ中国の遅れていく飲食の習慣を見守っている。







もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ













PR



ブログパーツ アクセスランキング