中国人「なぜ欧米の人名は中国語の表音表記で、日本や韓国の人名は翻訳表記なのか?」 中国の反応

  • カテゴリ:文化
211121-001.jpg

なぜ欧米の人名は中国語の表音表記で、日本や韓国の人名は翻訳表記なのか?

ドナルド・トランプ=唐纳德・特朗普
ジョー・バイデン=喬・拜登

だが日本人や韓国人はそのまま綺麗な中国語表記に出来る。





 



1. 名無しの中国人
中国、日本、韓国が漢字文化圏にあるからだろ。



2. 名無しの中国人
日本や韓国の名前は漢字で書かれているので、それをそのまま使えばいいからでは?



3. 名無しの中国人
日本や韓国の人名表記は、実は本当の読みと全然違うんだけどな。
音そのまま表記した方が分かりやすいんじゃないか?
ちなみに、日本語では「習近平」は「しゅうきんぺい」になるそうだ。



4. 名無しの中国人
韓国人の人名
ハングルの種類は40個で、任意の母音と子音が単語に綴られており、ハングルは漢字との対応関係があり、例えば、거=巨、경=京、국=国となる。 韓国人の名前を漢字に対応したハングルで書くことで、相手の名前が漢字でどのように書かれているかを知ることができる。 しかし、ハングルの発音に対応する漢字が複数あるため、間違った漢字を書いてしまう可能性がある。 固有の単語の中には、対応する漢字がないものもあり、その場合は音訳を選択する。

日本人の人名
連続ドラマによく出てくる俳優に池内博之という人がいるが、仮名書きにすると、「いけうちひろゆき」となる。 日本の漢字の簡略化のプロセスは、中国の簡体字とは異なるので、時には変換が必要になる。 例えば、野沢那智=野泽那智、松田祐実=松田祐实、吉岡亜衣加=吉冈亚衣加となる。



5. 名無しの中国人
中国語の翻訳では、漢字に対応する仮名に合わせて、仮名を漢字に置き換える。
例えば、鈴木あみ=鈴木亜美など。



6. 名無しの中国人
上原亜衣、三上悠亜、波多野結衣、書いてみると親近感があって日本語じゃないみたいだな。



7. 名無しの中国人
日本語では多くの女性がファーストネームにひらがなを使っているが、「めぐみ」のようなものは「恵」という漢字に対応しており、「眉姑咪」と書くのは変だからだよ。



8. 名無しの中国人
男性でもカタカナの名前になることもあるよ。
中国では漢字を登録することは義務ではないが、名前を漢字で発音することは必ず求められるから気を付けた方がいい。



9. 名無しの中国人
そうだな、例えば、「宮崎あきら」を訳すときに、最初は「宮崎光」と訳していたんだが、これは絶対に間違っていて、後でその人が「宮崎晃」なのか「宮崎彰」なのか判断できなくなってしまっていた。



10. 名無しの中国人
日本の若者の名前は音読みでつける傾向になっているようだ。
まず名前の音ありきで決めているんじゃないかな?
それに名前自体も短くなっているようだ。
私の周りの若者で3音以上の名前を持つ人は基本的にいないよ。



11. 名無しの中国人
韓国のIDカードに記載されている名前は中国語で、中には1つの単語で複数の漢字に対応するものもあったりする。



12. 名無しの中国人
それは中国語ではなく単なる漢字だ。
中国語は言語であり、漢字は文字だよ。



13. 名無しの中国人
私は以前、韓国の会社で働いていたんだが、韓国人の名刺にはすべて漢字名が入っていて、会社名にも漢字名が入っていて、韓国から引っ張ってきた機械や設備の銘板にも、工場名や産地名に中国名が入っているものがあったよ。



14. 名無しの中国人
韓国人の場合、名前が漢字で登録されているので、李俊基-李准基,李基宏-李起宏のように、韓国の有名人が中国人に名前を間違えられた例があるんだが、いずれも後に有名人自身がどれが正しいか明らかにしているよな。



15. 名無しの中国人
これはベトナムやタイなんかでも同じなのかな?



16. 名無しの中国人
>>15
ベトナムは中国名に変換できるけど、タイはできない。



17. 名無しの中国人
タイは中国文化の影響をあまり受けていないからな。
結びつけるとすれば、タイと日本はともに仏教文化の影響を受けているということになるのではないか。



18. 名無しの中国人
日本人の名前については、「渡辺」の複数のバージョンのように、様々なバリエーションが簡体字表記となると一つの文字に統一される。



19. 名無しの中国人
逆に、日本では中国語の名前をそのままカタカナで表記するケースが増えているようだな。



20. 名無しの中国人
文化の違いというだけのことだろう。
中国人に分かりやすいようにするために、中国語の発音で呼べるようにしているんだよ。
当の中国人は一般的に「どうでもいい」と思っているんだけどな。







もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ













PR



ブログパーツ アクセスランキング