中国人「なぜ日本の技術水準は神格化されているのか?」 中国の反応

220327-001.jpg

なぜ日本の技術水準は神格化されているのか?

日本の産業的優位性をもって、日本の技術が中国に対して絶対的に優位であると解釈している人が多いということだろうか?





 



1. 名無しの中国人
日本が持っている産業だけで比べるならそりゃ強いだろ。



2. 名無しの中国人
ノーベル賞大国だぞ!



3. 名無しの中国人
日本人のノーベル賞受賞者のうち、何人が日本に残っているかが問題だよ。



4. 名無しの中国人
1. 基礎科学は科学技術発展の基盤である
2. 世界ののトップジャーナルに掲載される中国の論文数は日本の5倍、人口は日本の14倍である。



5. 名無しの中国人
生物医学について中国の国際ジャーナルでの立ち位置は、日本や欧米にはるかに劣っているんだが・・・



6. 名無しの中国人
日本の科学技術レベルは確かに非常に強い。
産業界にいれば、この発言に疑いはないことは分かるだろう。
日本の技術レベルは、本当にかなり強力なポイントを持っている。
高精度な製品があるからな。
ヨーロッパやアメリカの競合他社は、一般的に日本のメーカーだ。
日本も、今世紀に入ってから明らかに衰退していると言うが、日本が世界に通用しない工業製品というのは、本当に思い当たらないほどだ。
一方、韓国は日本をベンチマークしているが、一部の産業で世界第一級のレベルに達しているだけで、総合的には日本よりはるかに悪い。



7. 名無しの中国人
他のことはわからないが、この30年、中国や韓国は電子機器やiTで日本をリードしており、私たちが子供の頃は家に日本の家電があったが、今は基本的に韓国や中国製の家電を使用しているという状況だぞ。
随分変わったもんだ。



8. 名無しの中国人
私は今日本に留学して勉強している。
今の中国の技術は、日本より優れていると思うよ。
電子決済ひとつとっても、中国では携帯電話1つで何でも払えるが、日本ではほとんどの場合、現金が必要なんだよな。



9. 名無しの中国人
>>8
日本は最も基本的な電子決済のセキュリティすら持ち合わせていないからな。
本当に技術が追いついていない。



10. 名無しの中国人
>>8
今はスマホすら要らないぞ。
手ぶらで入って勝手に顔認証されて商品持って出てくるだけだ。



11. 名無しの中国人
電子決済自体は技術力ではなく、これは旧態然的なビジネスモデルと技術革新の争いだ。
多くの国の銀行の利益はあまりにも頑固で、これらのビジネスの技術革新を妨げている。



12. 名無しの中国人
人にやさしいビジネスモデル・イノベーションが重要。
技術革新かどうかを語る上で、注目する点だな。



13. 名無しの中国人
まず、日本の技術レベルはもちろん世界第一級であり、日米の研究プラットフォームはほぼ連動している。
第二に、日本の強みは研究ではなく、ものづくりの水準にある。
これはほとんど日本の伝統的な強さであり、日本人の勤労意欲は冗談ではなく、職人気質の高さは常に他国をリードしてきた。
日本の産業力と呼ばれるものの多くは、科学的な研究ではなく、精密なものづくりから生まれているんだ。
第三に、日本人が子供の頃から受けてきた教育が、様々な分野で生来の強みを発揮していることだ。
民族の問題とは別に、日本人の民度の高さが日本の産業の成功を左右しているところもある。
もちろん、日本単体では大したことない、あらゆる面で日本を追い越している、ライバルはアメリカだ、などと言うこともできるが、そんな日本に対してこれ以上説明する気にはなれないな。 自信を持つことは良いことだが、過信はちょっとバカを見るんじゃないかと思うよ。



14. 名無しの中国人
土地も資源もない国が、戦後わずか20年余りで世界第2位の経済大国になり、一人当たりGDPも1980年代、1990年代には世界トップクラスになったが、これは技術や産業のレベルがしっかりしていなければどう考えても不可能なことだよ。
ほとんどの分野で、中国はまだ日本のライバルではない。



15. 名無しの中国人
軍事産業、ソフトウェア、医療に加えて、日本の他の産業の発展が米国と似ていると感じるよ。
基本的にハイエンドを占有するブランドを持っている。



16. 名無しの中国人
中国はあまりにも速く発展している。
そのせいで多くの人々の情報は更新が追いついていなくて20年前の概念のままだったりする。



17. 名無しの中国人
日本の時代ではなくなったのは間違いないが、中国や他の国の時代であるとは言えない。



18. 名無しの中国人
日本の実際の技術レベルは神話的だよな。
まあ日本の工作機械がなければ中国の工場は閉鎖せざるを得ない。







もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ













PR



ブログパーツ アクセスランキング