中国人「中国と日本の発展の過程が全然違う件について」 中国の反応

  • カテゴリ:歴史
  • コメント:72件
160418-001.jpg

中国と日本の発展の過程が全然違う件について

西洋列強の脅威が迫る明治時代、日本は大勢の人を欧米に派遣した。
その人達が本国に戻った後、工場を開設したりして、すぐに近代化を実現し西洋列強に追いついた。
たったの40年でだ。
甲午戦争(日清戦争)で清を倒し、1905年にはロシアを正面から追い払った。
自らの力で強い国になった日本。
その一方、清朝末期の改革はどうなっただろう。
日本が急速に近代化していた時期、中国も西洋列強に囲まれていた。
そして、10万人以上の外国企業関係者を招き入れて、中国で商売させた。



中国人「日本人は曹操を勘違いしてるよなぁ…」 「中国で好きな偉人は?」日本人「曹操」 中国人「えっ?あの残酷無慈悲な人間が?」 中国の反応

  • カテゴリ:歴史
  • コメント:165件
151208-003.jpg

「中国で好きな偉人は?」日本人「曹操」 中国人「えっ?あの残酷無慈悲な人間が?」

1: カーフブランディング(秋田県)@\(^o^)/:2015/12/05(土) 08:51:03.59 ID:r30ATbOG0

2015年12月4日、台湾メディア・中時電子報は記事「予測不可能!日本人が一番好きな中国人はあの人だった」を掲載した。

日本人が一番好きな中国史上の人物は誰だろうか?先日実施された調査によると、三国志の曹操だという。中国では乱世の梟雄
(残忍で荒々しい人物)という評価が一般的で、三国志ならば諸葛亮、関羽、趙雲などが人気のキャラクター。なぜ日本人は曹操が好きなのだろうか。


全文はソースで
http://www.recordchina.co.jp/a124479.html

「中国で好きな偉人は?」日本人「曹操」 中国人「えっ?あの残酷無慈悲な人間が?」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1449273063/


中国人「なぜ日本の戦国時代は『内戦』と呼ばれないのか?」 中国の反応

  • カテゴリ:歴史
  • コメント:155件
151124-002.jpg

なぜ日本の戦国時代は『内戦』と呼ばれないのか?

日本の戦国時代の戦いを、武将同士の喧嘩とよく言うが、彼らは基本的に数万の規模で戦闘していたはずだ。
もしこれが武将同士の喧嘩だというなら、曹操と袁紹が起こした官渡の戦いは内戦じゃないってことか?



中国人「中国人は日本人を憎んでいるけど…文化壊したのは日本人やアメリカ人じゃないよね」 中国の反応

  • カテゴリ:歴史
  • コメント:172件
150831-001.jpg

中国人は日本人を憎んでいるけど・・・

中国の文化は日本人やアメリカ人に滅ぼされたわけではありません。
歴史上、中国人の素晴らしい部分は自分の国の人に壊されたのです。
中国の本土で中国人を殺す人は主にどの国の人か?
それは中国人です。
自分の国民を殺すなんて自殺と同じです。
自分達のことを外国のせいだと思わないでください。
まったく可笑しいです。


中国人「日本は大化の改新で天皇集権国家が確立したのに、どうして後にあんなに多くの貴族大名が出現したのか?」 中国の反応

  • カテゴリ:歴史
  • コメント:120件
150709-31.jpg

大化の改新で天皇集権国家が確立したのに、どうして後にあんなに多くの貴族大名が出現したのか

中国の春秋時代の後、地方貴族は基本的に絶滅した。
だからのちに富豪が現れた。
だが日本は中央主権国家になったのに、どういうわけか、やはり多くの地方領主が存在した。


中国人「150年前の日本と中国をご覧ください」 中国の反応

  • カテゴリ:歴史
  • コメント:167件
150530-11.jpg

150年前の日本と中国をご覧ください

1860年代の日本の写真。
アジア地区を写真に収めた初期のカメラマンで、イタリアとイギリスの二重国籍を持つフェリーチェ・ベアトが撮影した。
150年前にアジアに来た彼は、当時の日中両国を写真に収めた。
彼は初めて中国の皇室メンバーを撮影したカメラマンでもある。
彼が撮影した清の皇族恭親王奕訢の写真は、我々が最も目にする恭親王の写真だ。


中国人「徳川家康の四百回忌を記念する『四百年式年大祭』が凄い」 中国の反応

  • カテゴリ:歴史
  • コメント:99件
150527-11.jpg

徳川家康の四百回忌を記念する「四百年式年大祭」が開催される

栃木県日光市の日光東照宮で17日、徳川家康の400回忌を記念する「四百年式年大祭」が始まった。
50年に1度の式年大祭は、家康が戦乱の世を鎮めて平和をもたらしたことをたたえる東照宮の最重要行事で、みこの舞や流鏑馬(やぶさめ)の神事が披露された。
本神事には約1200着の衣装と小道具が用意された。

隊列の最前列には徳川家康、豊臣秀吉、源頼朝の神輿、それに続き馬に乗った神職者と武士が並んでいる。
隊列は参道の約1kmを1時間かけてゆっくりと歩いた。
まるで壮観な時代絵巻のようであった。

1616年、75歳の徳川家康が死去。
遺命により久能山(静岡市)に埋葬されたが、1617年に日光市に改葬された。
今回の武士の隊列は当時の移送の様子を模している。









PR

ブログパーツ アクセスランキング