中国人「うちの子は中国で日本人学校に行ってる。日中の教育の差について語る」 中国の反応

  • カテゴリ:教育
  • コメント:46件
180417-001.jpg

うちの子は中国で日本人学校に行ってる。日中の教育の差について語る

うちの子供は、中国の日本人学校の小学校の二年生。
日中の教育理念には、違いがある。
先に言っておくけど、私達夫婦は普通の一般人で、政治や歴史の話は教育に持ち込んでいない。
だから、スレのみんなも、その話はしないでくれ。
ただ日中の教育理念の差について語り合いたい。

一年生の時には、学校生活に慣れるのに精いっぱいだった。
今、二年生になって、いろいろな事が見えてきた。

まず、昨日の出来事。
昨日は学校でPTA活動があった。
親たちが学校で料理をして、子供たちに食べてもらうという活動だ。
これは毎年ある活動だ。

子供たちは、親に車で送り迎えされている。
子供たちは車を降りたら、先生たちが待っている校門に向かい、先生たちに挨拶をする。
中には、冬の寒い時でも半袖半ズボンで登校している子もいる。
上着すら着ていない。
寒くないのだろうか。

日本の学校では、上履きに履き替える。
体育館で運動するときは、体育館シューズに履き替える。
子供たちそれぞれの靴箱が決まっている。

以上の事だけでも、中国の学校とは違うという事がわかるだろう。
日本人学校は、日本の学校生活と全く同じ生活をする場所だ。
たとえ日本へ旅行に行っても、日本での生活の実態を知ることは難しいだろう。



中国人「息子が日本の保育園でよく先生に怒られてるんだけど、息子は悪くないと思う。」 中国の反応

  • カテゴリ:教育
  • コメント:130件
180406-001.jpg

息子が日本の保育園でよく先生に怒られてるんだけど、息子は悪くないと思う。

私は日本在住。
子供を日本の保育園に入れてるんだけど、今日、迎えに行ったら、他の子供たちが「○○くん(息子)は、今日も先生に怒られてたよ。○○くんは、毎日先生に怒られてる」と言っていた。
息子は4月から小学生。
帰り道、私は息子に「なんで今日先生に怒られたの?」と聞いてみた。
息子は「みんなで縄跳びをしていたら、友達のズボンがずり落ちたから、僕はそれを笑った。そしたら、先生に怒られて、縄跳びを取られた。」と言った。
日本の教育は本当に理解できない。
こんな事で怒るのか。

こんな事が多すぎて、もう疲れた。
例えば、これも縄跳びなんだけど、先生が「縄跳びを持って運動場へ集合」と言ったのに、息子は縄跳びを持って行くのを忘れた。
そうしたら、先生に帽子を没収されて、運動場の端に立たされた。
教室は運動場の目の前なのだから、教室へ取りに帰ればいいのに。

それから、運動会の時。
運動会の後、他の子供たちは運動場で片づけをしているのに、うちの息子だけさっさと帰った、と、運動会の翌日、先生に言われた。
息子はその日、運動会頑張ったで賞のプレゼントをもらうはずだったけど、「片づけやらなくてごめんなさい」とみんなに謝ったらあげる、と先生に言われたらしい。

昼寝の時間も、息子だけ眠らないから、先生がうちの子のおふとんを外に放り出した。

一番ひどいのは、息子と友達がトイレでケンカになった時、先生はうちの子だけトイレの個室に閉じ込めた。
息子はひとりトイレの中で泣いたらしい。
これには私も我慢できなかった。
その日、息子から話を聞いた私は、園長に電話した。
翌日、旦那と一緒に保育園に行って園長と話をして、保育園側は「次からは気を付ける」との事だった。

息子はわんぱくだけど、ちゃんと話をすれば理解できる。
罰を与える事が、日本の学校の教育の目的なのか?
最近、息子の性格が変わってしまった。
息子は「いつも先生に怒られる。もう怒られたくない」と言っている。
今後、私はどうすればいいの?
4月から小学生なのに、息子が学校になじめるのか不安。
中国の学校では、こんな小さな事で子供を怒ったりしないのに。



中国人「日本に留学したいんだけど友達に韓国留学を勧められてる」 中国の反応

  • カテゴリ:教育
  • コメント:69件
170415-001.jpg

日本に留学したいんだけど友達に韓国留学を勧められてる

私は日本のほうが好きだ。
でも政治的なことを考えれば、日本との外交対立は無視できない。
友達は韓国の方がいいって言うから迷ってる。
韓国は友好国だからだそうだ。
どう思う?



日本人大学生「中国人留学生の民度が高い」

  • カテゴリ:教育
  • コメント:47件
170406-001.jpg

日本の大学生が語る彼らから見た中国人留学生:民度が高い

高野佳子さんは日本の大学生だ、彼女の学校には多くの中国人留学生がいる。過去、高野さんは彼らとほとんど交流しなかった、偶然出会っても避けるようにしていたほどだ。友人は彼女に対しこう伝えた「中国人留学生はキャンパス内でも教室でも、とてもうるさい声で話している。彼らは短気で、怒ったときの表情はとても恐ろしい。彼らには団体精神がない。」だが、今の高野さんは中国人留学生と付き合いがある、それにかなり仲のいい友人もいるのだ。何が彼女の見方を変えたのだろうか?

大学2年生の時、ある授業で日本人学生と留学生がチームになって日本企業についての研究と討論をすることになった。そこで高野さんは中国人留学生が多くいるチームに入った。当時、彼女は日本人のクラスメイトに不満を漏らした、中国人留学生と一緒だと単位を落としてしまうと思ったのだ。高野さんはこっそり先生にもう一度チームを作り直すよう要求したが、先生はそれを拒否した。


だがその後、高野さんは中国人留学生の優秀な点を多く発見した、例えば情熱的なところだ。大学二年が終われば共同で授業を受けることはなくなる、だがどんな活動でも、中国人留学生は彼女を読んで一緒に授業を受けた。ある時、高野さんが体調を崩すことがあったが、中国人留学生たちはメールや電話で彼女の体調を気遣ったのだ。

さらに高野さんが不思議に思ったのは中国人留学生の豪快さだ、一緒に食事をするときに毎回、習慣となっている割り勘で彼女がお金を出そうとすると、いつもみんながそれを断るのだった。たまに彼女が食事をごちそうすることになっても、結果としてはみんなでお金を出していたのだ、冗談交じりで「私たちが大和撫子を破産させるわけにはいかない!」などと言いながら。







PR

ブログパーツ アクセスランキング