日本の女性「中国の男性は割り勘をしない」 中国人「中国の男性は本物の紳士だ」 中国の反応

170403-001.jpg

日本の女性「中国の男性は割り勘をしない」

中国在住の日本人女性に「中国の魅力はどこにあるか?」と聞いたところ、ほとんどの人がこう回答していた。
「中国の男性は女性にお金を払わせない。」
これについては100%同意する。
中国で数十年生活し、よく外食に行くが、毎回「女性でよかった」と思う。
  
日本人が一緒に外食に行くと通常割り勘にする。
ある時友達と食事に行って、終わり頃に私と二人の日本人女性が財布を出して「割り勘」をしようとしていると、一人だけ一緒に来ていた中国人の男性が我々の前にやってきて会計を終わらせてしまった。
中国では、男児の辞書に「割り勘」の文字はないのだ。
女性がその場にいれば、彼らは「自分が支払うのが当然」と考えるのだ。

中国人女性も男性が支払うことに慣れていて、彼女たちの辞書にも「割り勘」の文字はない。
男性が支払うのが当然のことだと考えているのだ。
ある時、一組の中国人夫婦と私が一緒に東京から来る家族を迎えにいった。
私たちは早めに空港に着いたのでコーヒーを飲みながら待つことにした。
迎えるのは私の家族だから、コーヒー代は私が払うべきだと考えたが、支払いの段階になって友達の奥さんが私の手を引っ張り「彼が支払うべきよ、彼は男性なのよ」と言ったのだ。



中国人「日本人の民度は本当に高いの?日本の無料貸し出し傘、2300本中2100本が戻らず 日本人「どうせ中国人が返さないんだろ」」 中国の反応

170330-001.jpg

日本人の民度は本当に高いの?日本の無料貸し出し傘、2300本中2100本が戻らず 日本人「どうせ中国人が返さないんだろ」

昨年3月26日の北海道新幹線開業と同時に北海道函館市で始まった雨傘の無料貸し出しサービスが22日、本年度で廃止されることが決まった。
昨年12月末までの実施期間中、用意した2300本の雨傘は、未返却数が2100本に上った。
事業主体の北海道新幹線新函館開業対策推進機構(函館)が市内のホテルで理事会を開き、今月末での機構解散とともに、廃止を正式に承認。
承継先を決めた別事業もあるが、雨傘については「傘を安定調達できない。承継先が傘の購入費を出し続けることになる」とし、断念した。

雨傘の貸し出しは、観光客のおもてなしを向上させる目的で始め、函館市のロゴマークを貼った新品をJR函館、五稜郭両駅など市内6カ所に配置。
誰でも無料で使い、いずれの場所でも返すことができた。

異変が生じたのは、昨年5月の大型連休後。
当初の千本が100本に減って500本を追加購入し、8月中旬、さらに500本を仕入れる事態になった。

同機構は1本300円の傘を8月に100円の商品に切り替え、経費を節減。
函館西高などから寄贈を受けたが数は補えず、「函館はマイカー通勤が多く、市電などにも放置傘はわずかだった」(同機構)。
未返却の傘はホテルや飲食店ではほとんど見つからず、誰がどこに持っていったのかわからないという。
函館市観光部は、雨傘について「返却率が悪すぎて、市民の税金を投入できない」と話した。


170330-002.png



中国人「日本人の笑顔は真心からのものなのか?」 中国の反応

170328-001.jpg

日本人の笑顔は真心からのものなのか?

多くの映画などで日本人は愛らしく笑っているが、彼らの自殺率と一人当たりのストレスの大きさはみんなが知っているだろう。日本は環境がとてもいい国で、飲食も環境もすばらしい。日本製品は質も価格もすばらしい。だが彼らの幸福度は決して高くはない。だから我々は彼らの笑顔は環境に迫られてやっていて、実のところ苦しいと考えているのではないだろうか?私はそう思うのだが。

そして中国では我々の笑顔は多く見られるものではないがまぎれもなく真心からのもので、無理やりやっているのではないのだ。そう考えると、日本の人々も我々がうらやむほどのものではないのだろう。我が国もそのうち全面的に日本の上を行くことになると思う。私は祖国にそれだけのことができると自負している。祖国よ、がんばってくれ。



中国人「日本で人気のホストTOP5、過去より進化している」「吸血鬼…だと…?」 中国の反応

170322-003.jpg

日本で人気のホストTOP5、過去より進化している

今日たまたま見つけた、日本のホストクラブのホームページ。
日本語はわからないけど、写真を見ればわかる。
日本で今人気のホストの顔を見てみよう。
どうやら毎月ランキングを公表しているようだ。

日本で人気のホストTOP5
第五位:朱野 翔 23歳 183㎝
第四位:孝明
第三位:東城 誠さま 出生年:1862年(吸血鬼という設定らしい) 182㎝
第二位:東条 つかさ 175㎝ 典型的な日本のホストって感じ
そして第一位は彼。
美神 つかさ



中国人「日本のこういうところが外国人に嫌われている」 中国の反応

170318-014.jpg

日本のこういうところが外国人に嫌われている

どんな国でも、外国に好かれるところと、嫌われるところがある。文化の差異や社会環境の違いによるものが多い。
この前は日本の好かれているところを紹介したので、今日は嫌われているところを紹介したいと思います。



中国人「日本人は拾った財布を自主的に警察に届ける民族、そのコメントを御覧ください」 中国の反応

170316-001.jpg

日本のネット民のコメント「日本人は拾った財布を自主的に警察に届ける民族だ」

日本のネット掲示板に立てられたスレで、日本人は自主的に拾った財布を交番に届ける民族だというのは本当か?というものがあった。
もし8万円入っていたらどうするのか?
もし私なら、誰も見ていなければ持ち去るだろう、人がいたら交番に届けるが。



中国人「日本人男性が思う理想の彼女の身長。背が高い日本人女性は独身でいるしかない」 中国の反応

170315-001.jpg

日本人男性が思う理想の彼女の身長。背が高い日本人女性は独身でいるしかない

日本の街頭インタビュー。
日本人男性が日本人女性に求める身長、1位は163㎝らしい。
背が高い日本人女性は独身でいるしかない。



中国人「日本の若者の飲み会で、中国に関してこんなことを言っていた」 中国の反応

170314-001.png

日本の若者の飲み会で、中国に関してこんなことを言っていた

「日本の若者の飲み会」
中国人の友人が言うには、日本人はストレスが大きく、通勤はジョギングに近いレベルのスピードで歩いているそうだ。
だが、中国に来た日本人は逆にこう言っている。
中国人の生活はとても疲れる、車の奴隷、家の奴隷となっている、日本では考えられないことだ、中国では流行語にすらなっている、と。
では、中国人のストレスと日本人のストレス、一体どっちが大きいのだろうか?










PR

ブログパーツ アクセスランキング