中国人「これを見れば日本人がどれだけ「恐ろしい」かあなたもわかるだろう」 中国の反応

170107-001.jpg

これを見れば日本人がどれだけ「恐ろしい」かあなたもわかるだろう

日本は他人の目から見ればとても不可思議な国だ、多くの面で他人とは異なっている。日本はとても「恐ろしい」ところだ、今日はそのうちの3つのポイントを紹介しよう。



中国人「日本人は宗教を信じないのになぜ民度が高いのか?」 中国の反応

170105-001.jpg

日本人は宗教を信じないのになぜ民度が高いのか?

日本のネット民がネット上のスレで言っていた。日本人は宗教を信じないのになぜ民度が高いのか?これは海外の人にとってとても謎めいているのだ。スレ主の疑問は多くの日本のネット民の議論を生んだ。



中国人「この4人の日本の女性なら誰と結婚したい?」 中国の反応

161210-001.jpg

この4人の日本の女性なら誰と結婚したい?

日本の晩婚化はどんどんひどくなっている、専門家も「こんなに単身の男女が多いのにどうして一緒にならないのか?」と警鐘を鳴らしている。

そして、日本のある雑誌社がとある漫画家を招き、家庭環境、年齢、容姿、学歴、仕事の条件が異なる4人の女性を描いてもらい、投票を行ってもらった。日本の男性はどういった選び方をしただろうか?あなたなら誰を選ぶだろうか?

上の画像がその4人の女性である、もっとイメージしやすくするために、ある日本のネット民が4枚の似たタイプの女性の画像を探してくれている、それぞれの女性の状況を見てみよう。



中国人「中国人と日本人の見た目の差はどこにあるのだろうか。双方のネット民の意見をご覧ください」 中国の反応

161205-001.jpg

中国人と日本人の見た目の差はどこにあるのだろうか。

中国のネット民の意見は、
「日本人の目は小さいが、中国人の目は大きい」
「日本人が話しているのを聞くと、ケンカしているみたいだ」
「アジア人で礼儀正しく、それが嘘っぽいのは、絶対に日本人」
「日本人は全体的に中国人よりも痩せている。でも歳をとると太っている。日本人男性は体毛が多くて気持ち悪い。日本人女性は貧乳で脚が奇形」



中国人「日本人は公共のマナーを重んじるけど、どうして電車で席を譲らない?」 中国の反応

161204-001.jpg

日本人は公共のマナーを重んじるけど、どうして電車で席を譲らない?

日本に行くと日本人のマナーの良さに感心する。
家の婆ちゃんは「日本人は中国人と見た目はそれほど変わらないが、認めなければならないのは日本人の礼儀と公徳心は中国人より美しい事だ」と言っていた。
しかし、電車の中でお年寄りが立っているのに、若い人が平気で座っている様子を見ると、疑問が生じる。
日本人は礼儀正しいのになんでお年寄りに席を譲らないの?
日本ではお年寄りに特別な配慮がないのか?
手を貸すとか、席を譲るとかあまり見かけない。
もしかして高齢化の日本社会では、お年寄りに対して中国人と違う認識があるのか。



中国人「日本人民のこれらの習慣を、あなたは受け入れられるだろうか?」 中国の反応

161201-001.png

日本人民のこれらの習慣を、あなたは受け入れられるだろうか?

日本という国については、複雑な気持ちを持つことだろう。この国の人民の習慣をあなたはどれだけ理解しているだろうか?まず、彼らはティッシュを使う事が少ない、2枚のハンカチを用意して、一枚はお手拭きに、もう一枚は顔を拭くために使う、鼻をかむのにもハンカチを使い、持ち帰って洗ったらまた使うのだ。



中国人「日本の若者は世界で最も「悲観的」 その夢は仕事をして家庭を支えること」 中国の反応

161130-001.jpg

日本の若者は世界で最も「悲観的」 その夢は仕事をして家庭を支えること

アメリカのブルームバーグのウェブサイト11月24日の報道によれば、日本の貿易相手国の若者のほとんどは前途が明るく、就職生活で生涯成功へ向かうと考えているようだ。だが日本では、こういった考え方をもつ若者は40%に満たない。マンパワーグループが調査した18カ国のうち、日本は最も悲観的だった。日本の若者はここ数年で経済的な苦境を経験し、政治的な動揺を経験したギリシャの若者よりもさらに悲観的で消沈した様子だ。

日本はこういった「やる気を失った状態」から抜け出す努力をしているがその効果は少ない。安部晋三首相は経済を刺激し復活させようとしているが、日本の若者は完全に自信を失っている。こういった心理は経済にも影響を及ぼしており、未来にも関わってきている。

日本のミレニアム世代は世界で最も高齢化が進む人口を支える世代だ。若者の半数が低賃金で、出口のない仕事をすることになる。それ以外に、日本は世界で最も債務負担が重い国である。

国の年金システムを疑っていることで、20代の若者は既に定年退職後の生活を憂慮していて、どうやってお金を手に入れるか細かく考えているのだ。低廉な賃金が多くの人に結婚やマイホーム購入、育児を諦めさせている。マンパワーグループの調査によれば、約37%の人が死ぬまで仕事をするつもりのようだ。

日本の若者は安定的な保障を重要視しており、安倍首相が語る「偉大な創業国花」に必要な「活力」は有していないと見える。

23歳の大矢大介さんはある工場でオペレータをしている。彼は「もしできるなら、大企業で働きたい。そうすればもっと安定するのに。」と語った。

OECD経済局日本韓国課長ランダル・ジョーンズは、「これは大きな問題である」とし、日本の若者は「大企業や政府にある種のコンプレックスを持っている」と語った。

OECDは、こういう態度を変えることは日本の重要な挑戦であると考えている。日本の創業率は世界でもかなり低い。イノベーションを進め、生産効率を高めることで、人口減少の状況下でも生活レベルを上げ続けることができるだろう。ジョーンズによれば、日本は大量の特許と企業の内部留保を有しており、経営者がそれらの資源を十分に活用できていないのだそうだ。

報道によれば、多くの人にとって、夢は基本的に同じだそうだ。

「安定した仕事と、結婚生活に足る金があること。」










PR

ブログパーツ アクセスランキング