中国人「日本の衰退から学べること」 中国の反応

  • カテゴリ:経済
  • コメント:74件
170506-001.jpg

日本の衰退から学べること

私は反日ではないが、かつて世界中が憧れた日本は既に過去のものだ。
全世界を良質な日本の家電製品が席巻し、誰もが日本製品を買い求めた。
だが、今はどうだ?
東芝や松下は毎期赤字を重ね、日本企業の発表する新商品に感動する事はなくなってしまった。
我々が日本の衰退から学べる事はきっとあると思うんだ。



中国人「世界で最も綺麗な国と最も汚い国を対比したら、日本が信じられないような結果に!」 中国の反応

  • カテゴリ:社会
  • コメント:68件
170504-001.jpg

世界で最も綺麗な国と最も汚い国を対比したら、日本が信じられないような結果に!

信じがたいことに、日本は世界で最も清潔な国のひとつだ。日本の道はとても清潔で、「ホコリひとつない」と言ってもいいレベルだ、外でごみをポイ捨てする人を探すのも難しいだろう。



中国人「中国アニメと日本アニメの違い、中国は永遠に日本にはなれない」 中国の反応

170503-001.jpg

中国アニメと日本アニメの違い、中国は永遠に日本にはなれない

今の中国アニメは下降の一途を辿りつつある。
ずっと人気があり、イギリスを超えて、米国に追い付いて、何の問題も起こってない日本のアニメとは全然違う。
中国アニメ「喜羊羊」を真似した子供は火傷事件を何度も起こしている。
それでも国産アニメの発展を保護し、日本アニメ文化が中国の子供へ悪影響を与えることを防ぐために、テレビ局は日本のアニメを放送禁止にしている。

どのテレビ局も幼稚なアニメしか放送出来ず、中国の子供のIQは低下し続けている。
ドイツでは中国のアニメが子供のIQを下げるという理由で放送禁止にしたりしている。

ある一つの実験を行った。
中国のアニメが好きな子供と日本のアニメが好きな子供を集めて友好的なアニメ交流会をして、簡単なクイズを行った。
「どのように空を飛ぶか」という質問を出した時、日本のアニメが好きな子供の回答が殆ど飛行機、ロケット、一対の翼を作る、反重力を利用する等だった。
中国のアニメが好きな子供は、左右の足で空気を蹴る、上に跳ね上り続けて飛ぶというような回答をした。

比べてみると、中国のアニメが好きな子供の考え方は面白くないし、現実に合わない。
明らかに中国アニメの影響でIQが下がったのだろう。
逆に日本のアニメが好きな子供の回答は日本のアニメが知識方面で子供を教育していて、彼らに科学的根拠がある答えを教えていた。

中国のアニメが子供に与える影響は教育というよりも洗脳に近い。
友情、団体精神、夢、家族愛、努力ばかりで面白くない。
薄っぺらいものを繰り返し強調している。
逆に日本のアニメは奥深い。
アニメが社会の暗い面、残酷な真実、弱肉強食、本当の人性、正義が邪悪に勝つのを反映してる。
中国のアニメのように甘くないのだ。

間違いなく中国では子供に対して過保護すぎる。
もし中国の子供がこのまま国産アニメを見続けるなら、日本のような国には永遠になれないと思う。



中国人「昔はすごかった日本の電子産業はどうしてしまったの?」 中国の反応

  • カテゴリ:経済
  • コメント:57件
170502-001.jpg

昔はすごかった日本の電子産業はどうしてしまったの?

シャープは身売り、東芝は巨額赤字。

日本の“液晶の父”シャープが台湾の鴻海に買収された。
東芝が49億ドルもの巨額赤字を出した。
1995年、世界のトップ企業500の中には、149社もの日本企業がランクインしていたが、2015年のランキングでは、54社しかランキングしていない。日立は78位、シャープ、東芝は100位以下であった。
かつて栄華を極めた日本の電子産業は、なぜ衰退してしまったのだろうか。

松下電器の2012年の損失額は7000億円、2013年も損失額は7000億円だった。
ソニーは2008年~2015年の8年間で、2012年と2015年にしか利益を出していない。

日本企業の衰退は、家電から撤退して新しい事業を始めるのが遅かった事にある。
2011年、ハイアールが日本の三洋電機の白物家電事業を買収した。
2012年には、日立が56年もの長きに渡り続けてきたテレビ事業から撤退、2013年には、東芝と松下が中国のテレビ工場を閉鎖。
2014年、ソニーがパソコン市場から撤退。
2015年、東芝がインドネシアのテレビと洗濯機工場を他社へ売却。
2016年、NECのパソコン事業がレノボへと渡った。

世界の液晶市場で、日本企業のシェアは下がっていくばかり。
ソニーは2008年に全世界の液晶シェア率13.7%であったが、2016年には5.6%に下がっている。
東芝は2008年にシェア率6.4%であったが、2015年にランキング外となり、シャープも2008年にはシェア率9%であったが、2014年にランキング外となっている。

同様の状況は、世界のパソコン市場とスマホ市場でも発生している。
日本ブランドは衰退しているのだ。
この10年間で、日本の家電製品は中国市場からほぼ姿を消し、中国メーカーの家電製品がお店に並ぶようになった。



中国人「日本人が韓国の農村をディスる:家屋は崩れてアフリカにも劣る 韓流ドラマに騙された」 中国の反応

  • カテゴリ:韓国
  • コメント:52件
170501-001.jpg

日本人が韓国の農村をディスる「家屋は崩れてアフリカにも劣る 韓流ドラマに騙された」

前几年很多人都喜欢去韩国旅游,但现在几乎都不去了。日本人在网络上吐槽韩国农村,房屋破烂根本不像电视剧里那么好看。

数年前は多くの人が韓国旅行に行っていたが今はほとんどなくなった。日本人はネット上で韓国の農村をディスっている、家屋がボロボロでテレビドラマほどきれいではないからだ。


170501-002.jpg

本当の韓国の農村はテレビとは全く違う。家も道路もボロボロだ。


170501-003.jpg

これはトタン製の小屋だ、我が国の農村には遠く及ばないな。



中国人「当時世界第二の経済大国だった、1960年代~1970年代の日本をご覧ください」 中国の反応

  • カテゴリ:経済
  • コメント:43件
170430-001.jpg

当時世界第二の経済大国だった、1960年代~1970年代の日本をご覧ください

1965年~1973年、日本の経済は急速に発展していた。
当時はアメリカに次ぐ世界第二の経済大国だった。
1956年、日本は先進工業国家になる事を目標に、新たな時代に突入していた。
1956年からの18年間で、日本は世界第二の経済大国となったのである。

日本の急速な経済発展には、アメリカの助けが必要だった。
当時のアメリカは、日本に多額の支援をしていた。
そして、世界はこの東洋の小国に驚かされた。
たくさんの人がアジアに目を向けるきっかけとなった。

この頃、日本は教育や科学技術研究に力を入れるため、たくさんの大学を創設した。
70年代の日本はすでに繁栄しており、当時の東京は世界最大の都市のひとつとなっていた。



中国人「日本人が作った親孝行する国民ランキング 中国は一位で、日本は最下位だった」 中国の反応

170429-001.png

日本人が作った親孝行する国民ランキング 中国は一位で、日本は最下位だった

中国は礼儀の邦だ。日本の団体が作成した親孝行する国民ランキングでは、中国が一位で、日本人は最下位だと言う結果になった。



中国人「日本でラーメン屋をやるのってどうなんだろう」 中国の反応

  • カテゴリ:料理
  • コメント:91件
170428-001.jpg

日本でラーメン屋をやるのってどうなんだろう

私は甘粛省武威の人間だ。
昔の凉洲だ。
臊子面,牛肉面,干拌面,揪面,凉面などを作ることができる。
それに羊肉泡馍も作れる。
卒業したばかりで日本の文化に興味があることから、日本でがんばりたいと考えている。
料理以外にできることはない。










PR

ブログパーツ アクセスランキング