中国人「日本の製造業が衰退し、中国に潰される?『豚を演じて虎を食らう』に騙されてはいけない」 中国の反応

210323-001.png

日本の製造業が衰退し、中国に潰される? 「豚を演じて虎を食らう」に騙されてはいけない

この20年間、日本はほとんど「衰退した先進国」という印象を諸外国に与えており、経済発展は後退し続け、技術開発も停滞している。

これは本当にそうなのか、それとも日本が意図的に作った「偽の衰退」なのか。



中国人「日本で『院子』になるのがどれくらい難しいか説明する」 中国の反応

210222-001.jpg

日本で「院子」になるのがどれくらい難しいか

学者は、その国の科学技術力の象徴であり、科学技術のレベルを表しています。 その国の科学アカデミーは、科学技術の発展を支える礎となる、数え切れないほどの人々の憧れの称号です。 中国の科学構築の道では、両学会の学者が非常に重要な役割を果たしています。 科学者の先輩たちに感謝をを伝えるべきでしょう!

しかし今、非常に興味深い現象が起きています、10年前、我が国にはタバコの害を研究した「タバコ学者」がいました。 そして今、もう一人「マオタイ学者」が指名されています。 もしかしたら、彼女は本当に自分の研究をしていて、マオタイ酒造に計り知れない利益をもたらしているのかもしれません。 しかし、彼女の研究は具体的にどのようにして国の発展に貢献したのでしょうか。 マオタイ酒を中国の「国酒」にしたからでしょうか? タバコや酒の分野の学者の名前は本当に理解できません。



中国人「日本は科学技術強国とか呼ばれてるけど」 中国の反応

210212-001.jpg

日本は科学技術強国とか呼ばれてるけど

高い科学技術を持っていると言われる日本は、欧米の技術を模倣しているにすぎない。
ほとんどの科学技術はアメリカや欧州を真似て発展させたものだ。
日本の技術は西洋先進国の現代科学技術を混ぜ合わせたものだ。
カメラのレンズは自分たちで研究して作ったものだけどね。
昔は大型トラックを開発出来なかったのに、今は自動車大国とか言っている。
一方、中国は、軍用の最先端科学技術においては独自の科学技術を持っている。
今後は、民間でも技術は向上し、いつか中国は次世代の技術革新を起こすだろう!



中国人「中国の高速鉄道はぶっちぎりの世界一です」 中国の反応

210122-001.jpg

中国の高速鉄道はぶっちぎりの世界一です

中国の鉄道総延長は10万kmを超えていて、高速鉄道総延長は3万5千kmを突破した。

高速鉄道総延長ランキング:
中国(35000km)
スペイン(3100km)
ドイツ(3000km)
日本(2800km)
フランス(2700km)

中国の三大高速鉄道の総延長
京広高速鉄道(2240km)
京沪高速鉄道(1318km)
哈大高速鉄道(921km)



中国人「日本が実現しそうな遠隔無線給電が凄すぎる」 中国の反応

201205-001.jpg

日本が実現しそうな遠隔無線給電が凄すぎる

日本メディアによると、日本では通信電波を利用したデジタル機器の遠隔給電技術が成熟しつつあるという。 日本の総務省は、2020年にパナソニックやオムロン、東芝などが使用する3つの専用無線周波数帯を割り当てる方針だ。 日本、アメリカ、中国は無線給電の分野で熾烈な競争を繰り広げており、日本の官民が一丸となってこの新技術の応用を推進している。
日本、アメリカ、中国は無線給電の分野で熾烈な競争を繰り広げており、日本の官民が一丸となってこの新技術の応用を推進している。

11月29日付「日本経済新聞」が報じたところによると、総務省は2020年に省令を改正し、携帯電話の信号周波数を920MHzに近づけ、無線電力伝送に使われる5700MHzのうち、信号周波数を4000MHzに近づけ、アマチュア無線などを使ったマラソン番組をそれぞれ放送するという。 干渉を防ぐために、企業は無線送信機を設置する前に事前に宣言をする必要があるようだ。

第一弾として、総務省が無人の屋内環境での無線送電技術の利用を認めるとしている。 総務省は、電波による人間への影響や他の通信機器との干渉などを評価した上で、屋外や居住環境への利用を徐々に拡大していくことを期待している。 日本政府は、規制を設けることで、この技術の応用への企業参加を促進したいと考えている。
パナソニックは、家庭やオフィス、工場、インフラなどの監視・メンテナンス用として、湿度・温度センサーと一体化した名刺サイズの信号受信部品を開発している。 ワイヤレス給電技術を利用することで、コイン電池は5メートル離れた場所からでも、2~3日ごとに充電することができる。そして、1,000円以内の受信機の価格、数万円以内の無線送信機の価格を維持することを目指している。
オムロンは工場向け制御機器の製造に特化しているようだ。 無線給電技術を用いて、タグやロボットセンサーを管理する機器に電力を供給し、2022年の関連製品の発売を目指す。 100個近くのセンサーを並べても失敗することが少ないのが特徴である。

東芝は、インフラやカメラ、将来的には小型ロボットなどに利用していきたいと考えているようだ。調査によると、無線給電の世界市場規模は年間20%で成長しており、2027年には290億ドルに達するという。 京都大学の研究者によると、日本、米国、中国はそれぞれ特許の4分の1をマスターしており、今後は特許や技術仕様の競争が注目される。



中国人「日本の高齢者の神器:倒れないバイク…」 中国の反応

200722-001.jpg

日本の高齢者の神器:倒れないバイク…元々の製造の理由は外国で売るためだった

日本が経済的に発達した国であることはみんな知っていて、日本から輸入される自動車にも大小さまざまなブランドがある。そんな中、日本で製造されるバイクにこんなものがある。彼らが生産するバイクは経済的であるばかりか、耐用性も素晴らしい。今日まで、日本が生産する多くのバイクは知名度がかなり上がっていて、排気量が小さいバイクや、こういった新型のバイクも耐用性は十分なものになっている。



中国人「日本の最先端ITマスクが凄い…想像力が豊かすぎる!」 中国の反応

200708-001.jpg
200708-002.jpg

日本の最先端ITマスクが凄い・・・想像力が豊かすぎる!

日本のとある会社が、マスクに装着できる扇風機を開発。磁力でマスクの表と裏に装着し、マスク内に風邪を送ることが出来るので清涼感が得られるようだ。大きさは6センチほどで、重さは約30グラム、一度の充電で8時間ほど使用できるという。7月下旬に発売予定だそうだ。







PR



ブログパーツ アクセスランキング