中国人女性「日本の化粧品使うのが祖国に申し訳ない気がしてきたんだけど、代わりにどこの使えばいい?」 中国の反応

210116-008.jpg

日本の化粧品使うのは祖国に申し訳ない気がする

私たちは愛国すべき。
じゃあ日本の化粧品をボイコットしたら、替わりに何を使えばいいんだろ?
化粧は諦めなきゃいけないの?
何を使えばいいのか教えて!



中国人「400万円かけて整形した日本人女性が自然すぎてヤバい」 中国の反応

200910-001.jpg

400万円かけて整形した日本人女性が自然すぎてヤバい

この日本人女性は、高校卒業以来、4度の整形手術を受けたらしい。
整形を受ける前は自殺未遂に至るほどの生きづらさを抱えていたそうだ。
整形を経て、歩むべき人生を見つけた彼女は、25歳で起業。
整形に関するコンサルをしているそうだ。



中国人「こんな時期に日本に行くことになったんだけど、日本ではタトゥー入れてるとどんな扱いなんだ?」 中国の反応

200823-001.jpg

日本ではタトゥー入れてるとどんな扱いなんだ?

こんな時期だが、9月上旬にどうしても現地に行かなきゃいけない会社の仕事で日本出張に行くことになった。
仕事そのものは簡単な作業だが、現地で結構時間が空くから温泉などに行ってみたいと思ってる。
だが、日本社会はタトゥーに寛容じゃないような話を聞いたんだが、調べてもよくわからなかった。
知ってる人は教えてくれないか?
誤解を招きたくないし、現地の文化を尊重したいんだ。
具体的にどういうとこが駄目なのかを。
結構がっつりタトゥー入ってるんだ。



中国人「日本人女性が経済成長した中国の男性を見て真っ先に思うことがコチラ」 中国の反応

200628-001.jpg

日本人女性が経済成長した中国の男性を見て真っ先に思うこと

日本人女性が注目するのは、中国が強くなったことではなくて、「中国人男性のファッションがダサい」ということ。

東京のオフィスでは、日本人男性がきちんと身なりを整えて会社の会議に出席している。カップルで女性はラフな格好でも男性はきれいな格好をしていることもある。
北京、広州、上海などの国際的な大都市では、ジャージで高級レストランに行ったり、汚い革靴で重要な会議に出席したりする。女性が美しく着飾っていても、一緒にいる男性は汚らしい格好をしている。

なぜ日中にこれだけ差があるのだろうか?
日本人女性は、「中国の経済発展は目覚ましいが、中国人男性は服装がダサい。TPOに合った服を着るという概念がない。成金の人でも服装はダサい」と言う。

日本は空気がとてもきれいで、シャツを三日間着ていても、全く汚れないのだ。しかし日本では毎日服を着替える。
ある統計によると、日本人男性は平均してネクタイを27本、シャツを43着持っているという。春夏秋冬、一年中シャツの下には肌着を着用している。
日本人男性は服装でも細かいところまで気を遣い、中国人男性のようにどうでもいいとは思っていないのだ。

中国人男性はオシャレではないのは、自分に合う服がわからないから、そして学ぼうと思わないから。もしかしたら中国人男性の意識は永遠に変わらないのかもしれない。



中国人「日本人のファッションは外国人には理解できない」 中国の反応

200512-001.jpg

日本人のファッションは外国人には理解できない

ファッションの定義それぞれの国においては異なる。
日本では多くの若者が「自己流のファッション」を見せつけている。
しかしこの「日本のファッション」について外国人はどのように理解しているのだろうか?
以前、ある日本のメディアが外国人1200人にアンケート調査を行った結果、外国人たちは次々と日本人の「ファッション」について理解が出来ないと言った。
代表的なのは以下のものだ。



中国人「なぜ我々は無印良品を買わず、ユニクロばかりを好むのか?」 中国の反応

200120-001.jpg

なぜ中国人は無印良品を買わず、ユニクロばかりを好むのか?

 最近、とあるメディアが無印良品の中国での利潤が初めて下降したことを発表し、無印良品がすぐに否定したものの、争いのない事実としてここ数年、無印良品は中国市場で確実に売れなくなってきている。
 無印良品は2005年に初めて中国に進出、シンプルなデザインがすぐに定着し、多くの中国人消費者を獲得した。同時に、無印良品は比較的高価格で、ぜいたく品としての地位を確立し、無印良品を使うことがステータスであるというイメージを作り、中産階級が求めるブランド力をつけていった。







PR



ブログパーツ アクセスランキング