中国人「日本の女の子はなぜマスクを好むのか?100人の女の子にマスクを外す前と後の顔を見せてもらったら真相がわかった…」 中国の反応

200122-001.jpg

日本の女の子はなぜマスクを好むのか?100人の女の子にマスクを外す前と後の顔を見せてもらったら真相がわかった・・・

日本に行ったことがある人もない人もみんな知っている。日本人はマスクをつけるのがとても好きで、季節を問わずいつもつけているということを。



中国人「日本が世界一位のものって何かある?調べても全然出てこない」 中国の反応

200105-001.jpg

日本が世界一位のものって何かある?調べても全然出てこない

日本の強い部分を知りたい。
長い間調べているが、客観的に日本の優れたところを紹介している情報はほとんどない。
「世界一位だった」というパターンがあまりにも多い。
それと、ふわっとしたものも多い。
日本の社会の雰囲気は世界一、日本の美女は世界一といったもの。
私は客観的な現状が知りたいのだ。



中国人「日本の一般人男性がめちゃくちゃ可愛いロシア人嫁をゲット 3人の娘に恵まれる」 中国の反応

191228-001.jpg

村重杏奈の父親と母親

日本の一般人男性がめちゃくちゃ可愛いロシア人嫁をゲット 3人の娘に恵まれる

最近、日本のあるネット民が「一般人男性がめちゃくちゃ可愛いロシア人嫁をゲット 3人の娘に恵まれる」というスレを立て、注目を集めた。
この男性は日本のアイドルグループHKT48の村重杏奈の父親で日本人である、母親はロシア人だ。彼女には2人の妹がいて、日本のテレビでは「村重美人三姉妹」と呼ばれている。こういった特殊なハーフの家庭について、ネット民たちはコメントを次々と書き込んだ。



中国人「日本人女性が出産して70日で体型を戻し、太っている時がひどすぎるとコメント」 中国の反応

191214-001.jpg

日本人女性が出産して70日で体型を戻し、「太っている時がひどすぎる」とコメント

最近、日本のとある女性がネットに経歴を晒した。産後すぐは太りすぎていて自分とは思えなかったが、70日後には体型を元に戻すことに成功し、産後5日目と70日目の比較画像をアップし、「産後5日目の私、キモすぎる」とコメントした。この件についてネット民たちのコメントが集まった。



中国人「日本人の『列に並ぶ』という習慣は既に病的なレベルになっている」 中国の反応

191209-001.png

日本人の「列に並ぶ」という習慣は既に病的なレベルになっている

私は日本人ほど「列に並ぶ」民族を見たことがない。
中国人は「食が大事」という信仰を持っているが、日本人は「列に並ぶ」信仰がある。

神戸に行った時、美術館で葛飾北斎展があったので見に行った。
しかし、結構な人気で列に並んで1時間以上待ってから中に入ることができた。
脚は葛飾北斎が使った筆のようになってしまった。

おそらく、日本での生活が長い人にとっては「1時間列に並ぶ」ということはそれほど苦痛ではないだろう。
平日のランチでも、午後のティータイムでも、人気のレストランでは1時間以上待つのは普通である。
葛飾北斎の浮世絵を見るために並んだ時間はたった1時間20分、こんなのは並んだうちに入らないんだろう。

この様に書くと、何を大袈裟に・・・と思っている人がいるかもしれない。
しかし、全く大袈裟ではないのだ。
この2ヶ月ほど、毎週末行く大阪の梅田阪急百貨店の地下1階の食品売り場にはいつも大行列が出来ていて、地下街にまで列がはみ出している。
阪急百貨店は警備員を雇い地下街利用者に迷惑がかからないように管理している。

私がこの行列を見た最初の感想は、「芸能人がサイン会でもしているのか?」だった。
しかし、2回目3回目に通ったときにも大行列だった。
それで気になって調べてみると行列の目的は店舗オリジナルポテトチップスの為だった・・・
たかがポテトチップスのためにたくさんの人が何時間も並んでいたのだ。

日本人に「なぜ日本人は並ぶのが好きなのか?」と聞いたことがあるが、日本人はただ笑うだけで明確な答えを持っていなかった。

私の予想だが、日本人が病的なまでに並ぶのが好きなのは、並ぶという簡単な行為で「秩序の美」が保たれるからではないか。
公平と公徳を重視する日本社会において、「平等」は一種の公平性を表すもので、「列に並ぶ」ということは最も簡単に公平性を表すことができる。
あの長い列に文明社会の公徳が表れているんだと思う。



中国人「日本のライバル県の小競り合いがひどい 相手側の料理すら食べたがらないレベル」 中国の反応

191205-001.jpg

日本のライバル県の小競り合いがひどい 相手側の料理すら食べたがらないレベル

島国である日本といえば、国土面積の狭さを連想せずにはいられない。日本には一都一道二府(東京都、北海道、京都府、大阪府)四十三県があり、それぞれに勢いはあるものの、すべて合わせても雲南省ほどの大きさである。

だがこんな小さな国でも、「ライバル県の小競り合い」からは逃れられない宿命である。日本の地域間の小競り合いはひどく、相手側の名物料理などを食べないといったレベルにまで至る。







PR



ブログパーツ アクセスランキング