中国人「日本の剣道を長年やって気付いた。中国武術はゴミ」 中国の反応

  • カテゴリ:文化
  • コメント:142件
190608-001.jpg

日本の剣道を長年やって気付いた。中国武術はゴミ

武侠小説やカンフー映画、逸話にハマりすぎて、本物の中国武術というものを全然知らない人もいる。

先に起源についての話だが、日本刀はまだ中国との関連性があるが、剣道に関してはまったく関係ないと言っていい。

我が国の(武術の)流派はいくつあるか。
その名前を挙げられる?

諸外国は試合という形を通して、空手やテコンドーなどの武術を大きく発展させたが、我が国では武より文が重視されたため、受け継がれた武術はただのパフォーマンスになってしまったんだ。





 



1. 名無しの中国人
アメリカではそれ(竹刀)を持って出かけたら射殺されるよ。



2. 名無しの中国人
包丁使いは13億人いるぞ。



3. 名無しの中国人
たぶん実用性がないからだと思う。
カンフーはすごいと思ったことは一度もないわ。
ポンコツを打ちのめすのなら十分だけどね。



4. 名無しの中国人
体力作りは相当していたはずだから並みの人より上になっているはず。
ただ実戦ではそこらへんのチンピラにも負けそうだ。



5. 名無しの中国人
儒教はもともと役人が作ったものなので、馬術や剣術の思想は入ってたんだけど、発展して行くにつれてだんだん変容しちゃったんだよね。



6. 名無しの中国人
少林寺や武当山はずっと稽古はしてたけど、流行らなかったな・・・



7. 名無しの中国人
>>6
そんなもの流行るわけがないじゃん。



8. 名無しの中国人
日本の何でもかんでも「道」というのは信用できないと思うけど。



9. 名無しの中国人
日本人って他の国では主流となれなかった文化を取り入れて「道」にするクセがあるよね。
剣道とか茶道とかさ。



10. 名無しの中国人
>>9
何を言っているんだよ。
それらはもともと全部中国文化の集大成で、日本に伝わったものだろう。
自分たちが大事にしないで捨てたものを「主流文化ではない」呼ばわりするのは祖先に申し訳ないと思わないのか。



11. 名無しの中国人
確かに全部中華文化の集大成だよな。
なぜ日本人がそれを発展させたのに中国人はおろそかにしたのか考えたことないの?



12. 名無しの中国人
数年前、地元で1人の銃使いが十数人の刀使いを負かした。
以上。



13. 名無しの中国人
中国は古代から一般国民に対して弾圧がひどく、実力のある人でも頭角を現そうとしなかった。
なぜなら殺されるからだ。



14. 名無しの中国人
中国の武術は民間人に知られたものが少ないんだよ。
権力者に独占されるものがほとんどだったから。
それで大量の秘術が散逸していたわけだ。
けっして中国の武術が日本の剣道に負けてるわけではない。
歴史の長さを考えてもそれはありえない。
比べてはいけないものだ。



15. 名無しの中国人
冷兵器の歴史が長く由緒正しいのに対して、火器の歴史は短い。
だから火器が冷兵器に勝てるわけがない。



16. 名無しの中国人
剣道の実用性について議論した方がよほど説得力があると思うがな。



17. 名無しの中国人
無知の極みなり。
中国の武術の流派はみんな数千年前から受け継がれてきたものだ。
拳法しかり剣術しかり、流派しかり教養しかり。
小日本なんかのものと比べるな。



18. 名無しの中国人
実戦では日本の「空手道」だってテコンドーには敵わないだろう。



19. 名無しの中国人
スレ主はどこの道場でやってるの?
私は無限流の張緯倫に師事していて、今は初段だ。



20. 名無しの中国人
中国の武術は心や体を強くすることに重きを置くけど、日本の剣道は人殺しのための技術に過ぎない。
日本は神髄を理解せずに文化をパクるのが好きだね。



21. 名無しの中国人
同レベルの真剣勝負なら剣道が中国民間の剣術に勝てるとは思えないわ。



22. 名無しの中国人
中国軍ではもともと黒龍拳というものが日常の訓練に組み込まれたんだけど、殺傷力が大きすぎるため禁止になったんだよ。



23. 名無しの中国人
中国の武術は殺生や相手の体を壊すことが目的なので、競技項目にするなんてとんでもない。
あとなにもかも弟子に伝授すれば自分の仕事がなくなるということで、中国の実力者はだいたい体を鍛える程度のものしか教えない。それに、文化大革命時に民間では武術が禁じられたというのもあるのさ。



24. 名無しの中国人
中国の武術はもちろん実戦でも全然使えるよ。
ただ今では体を鍛える目的でやる人がほとんどだけど。



25. 名無しの中国人
今時、刀なんて誰も使わないだろう。
ミサイルを使え、ミサイルを。







もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ











コメント一覧

309529通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>日本刀はまだ中国との関連性があるが

また起源主張ですか?w
309530通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
テコンドーにはかなわないって 腹よじれるわ ナイスジョーク
309531通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
お茶を楽しむ文化は中国にも残ってるはずだがいんたーねっとが使える世代は飲まないのか?
309532通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
やっぱり
アメリカだと射殺されるんだな
309533通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国の術と日本の道は別物
ただ中国の術は実用性に欠ける、術と呼べないようなものがたくさんある
長い歴史で洗練されるはずの実践的なモノなのに、まるでつい最近素人が考え付いたようなものまである
それゆえマガイモノだらけにポツンとあるホンモノの術が一層引き立つけどね
309534- ▼このコメントへ返信
中国人より日本人の方が中国武術好きだろ絶対
また文化無くしていってるの気付かないの
309535通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
良く考えてみたら、江戸時代の剣術の道場とか日本独特だよね。
同時代の中国はおろか、欧米でも私設の格闘技学校あったなんて聞かないし。
309536通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>日本人って他の国では主流となれなかった文化を取り入れて「道」にするクセがあるよね。
剣道とか茶道とかさ。


まーたチンクはw
309537通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
文禄・慶長の役でなます切りにされてんのによく言うよw
309538通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
剣術と剣道がごっちゃになってるな。道で学ぶのは礼節や作法もだ術だけを教える格闘と一緒にするな。
戦国時代が終わって剣術が必要とされなくなった世で廃れていく事を危惧して出来たのが剣道。
必要とされなくなれば伝える事もなく廃れて行くしかない中国では理解できないだろうな。
銃や他の格闘より弱いとか言ってるのがその表れだ
309539歌舞伎囃子家 ▼このコメントへ返信
やはり、中国人も韓国人と大差ないんだな。
我が国の「道」が継承され続けたのは、早くから貨幣経済が成立し、知識を金に替える手段としてシステム化できたから。
確かに、茶道や華道、または武道の源流は中国にあるが、それらはただのマナーや戦闘術でしかなかった。
それらの知識を金にするためには独自性が不可欠で、だからこそ意味や哲学を確立し、さらに段や名取制度を生み出した。つまり、この集金制度、ビジネスモデルこそが日本の伝統文化継承の鍵であり、核心なんだ。
そもそも、戦闘術なんてものは武器の発展に伴い必要性が減少していくのは当然で、日本ではシステム化できたからこそ生き延びた。
その事実を知らずに、源流が中国にあるという一点で日本の伝統文化と中国のそれを同一視するのはナンセンス極まりない。


309540- ▼このコメントへ返信
ほんと中国には昔からの良いものがたくさんあるのにその良さに気付いてない奴らばかりだな
もったいない
309541通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本の場合、剣術が実用のもので競技や鍛錬のために再編したものが剣道だろ
~道は実用するためのものじゃない
309542通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
サッカー選手と野球選手がどっちが優れているかなんて議論が意味があるか?
どっちが上かなんて比較することが無意味な話だよ。
銃で刀を持ったやつを全員殺したっていってるやつが一番的を得ている。
それぞれの国で自分の文化を大事にすればいいだけだよ。
309543通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
こいつら何を言ってんだ
道は騎士道然り日本独自のものではない
道や道徳のない人民は未開になるしかないんだよ
歴史がそれを証明している
309544通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
そもそも剣道は危ない技減らしてスポーツ化したもんだろうに
本物の剣術なんてもっと危ないし柔術は戦国自体の殺し技だぞ

拳法は型重視しすぎだな殴り合いでお互いやり取りするより掴んで極めたほうが明らかに強いんだから
更に殴り合いに特化したボクシングやら蹴りと極めに特化した柔術に勝てるわけない
309545通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※10
剣道が生まれたの文明開化以降なんだけど
一応言っとくけど江戸は戦国時代じゃ無いからな?
309546通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
この間テコンは中国人にボコボコにされてただろ
309547通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国では極めようとしても尊敬されない
価値が出ない
たとえ流行ったとしても偽物が大量に出てくる
そして本物との区別がつかない客側
荒らされ全員終了
正直者が報われない

明治に剣道ってのは決めたってだけで江戸後期から武具と竹刀つかって稽古してたよ
ただの稽古の一つ
309548通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国でも、ちょっと前に総合格闘をやってる若者が、
中国拳法の道場破りみたいなことをやって、みんなやっつけちゃったんだよな

中国人ってプラグマティズムが強烈だから、
何年も時間を潰して拳法やった人と同等の戦闘力になるなら、
その時間を金儲けに使って、いざというときにはナイフや鉄パイプを選択すれば良いじゃんっていう人たち。
武術なんて衰退するだけだよ。
309549D ▼このコメントへ返信
日本の剣道が人殺しのための技術に過ぎないなら、実用的ってことだろ?
逆に日本のは実用的じゃないなら、身体や精神的修養主体の文化だってことだし。どっちよ?

て言うか、武術、武道なんて中国だろうが、日本だろうが、実用的か精神的か体育的かスポーツかなんて、行う個人の問題。
その人がどうありたいかで意味が変わるし、強さも変わる。
中国武術が、または日本の武道が優れてるとか強いとか関係なく、個人が強いかどうかしかないのさ。
309550通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※17
は?文明開化前にはもう出来てるよ。お前の文明開化って何時の事を言ってんの?
全日本剣道連盟が定義した古武道剣術のうち江戸時代後期に発達した防具着用の竹刀稽古(撃剣)を直接の起源とする。←一応の定義だが思想はもっと前にあるぞ
309551- ▼このコメントへ返信
ワイ空手(JKA)と少林寺拳法経験者。
組手やってみるとわかるが、中国武術はぜんぜんダメじゃない。
詠春拳とか八極拳なんか近間ではくっそ強いし、小林拳(少林寺拳法とは無関係)の蹴り技なんかもすげー伸びてくるからくっそこえーよ。
間接技や投げ技もちゃんと合理的。
で、急所攻撃前提だから基本からエゲツない。
詠春拳からEBMASが生まれて護身術として現代で評価されてるように、武術としてはすげーんだよ。
中国武術をバカにしてるヤツは何も知らないバカよ。

ただ、どうしようもねえファンタジー追求型の中国拳法オタが多いのも事実だな。
こいつらが癌。
309552- ▼このコメントへ返信
数千年続いてる中国武術なんて無いんだが中国でも一般人は知らんのだな。
309553通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※5
中国武術の歴史は何度も王朝や政府が変わっていく中で実践的なものほど危険だとされて少しずつ淘汰されてきたからね、特に文革でそういったものはほとんど消えたそうな。

そういった淘汰を避けるために有名どころは武ではなく舞と言う形で伝承してきたわけだが、昨今の映画的な派手なカンフーが大衆受けするようになってからは、武術界もそちらにおもねるようになり、結果わけのわからんごった煮となるのであった。
309554ハインフェッツ ▼このコメントへ返信
いや、得物持つ剣道で武術が弱いっつっても、そりゃ当たり前だでな。
空手や合気道習ってて批判するなら判るけど。

※25
うーわ、悲惨!
309555- ▼このコメントへ返信
道を理解出来ないからゴミ人間ばっかなんだよw
309556通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※17
ええっ、どの異次元軸で生きている人?
文明開化ってこちらの世界では明治だが?
剣道がどの時代から生まれて確立していった知らない無知な人?
309557通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国はとりあえずマナー教室から始めようか。
話はそれからだ。
309558- ▼このコメントへ返信
ん?テコンVが何だって?
309559通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本人は一応学校で武術を全員習うからこれを議論する権利はあると思うけど、習っていない中国人が武術を想像だけで語るのは滑稽としか言いようがない
そうでなくても中国武術は文革の時にほぼ消え去っているんだし
309561通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国って中身からっぽw
日本文化が羨ましいからって何でも自国起源だと思い込んでる
ほんと朝鮮猿とそっくり
309562通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>中国の武術は心や体を強くすることに重きを置くけど、日本の剣道は人殺しのための技術に過ぎない。

剣道の理念は「人間形成の道」であるということを
初心者のうちから徹底して理解させているのを知らないのか。
人殺しのための技術を学ぶ場は日本のどこにもないし
そんなものをわが子が習いに通うなんて考えるとぞっとするわ。
それが普通の日本人です。
309563通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国武術は、伝承者でない限りシステマチックに教えないし、習わない。
使えるワザを2~3知っていれば実用には十分という考え方。
だから名人・達人を訪ねて行っても2~3手しか知らなかったということがよくあった。(宗道臣)

もし伝承者にふさわしい人間が現れなければ消失してもいい、
悪人に教えるよりはマシという思想らしい。
さらに、伝承者の教授法も、師匠が稀にワザをかけてみせるだけ、というものだった。
系統的に次はこれ、と教えるものではなかったという(同)

日本では戦国以前から「表何太刀」とか言ってシステマチックになっているし、千葉周作・加納治五郎・大山倍達らによって、よりシステマチックになった。柔道初段の試験でさえ「手わざ足技」等初等システムの習得が義務付けられている。

309565通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
体の動かし方、体裁きはどの武術でも参考になるだろう。
ただ、やはり武器をもってる方が強いわな、リーチが違う訳だから。
309566通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
文革でかなりの武術家が台湾や香港その他外国に逃れた。それでも広い中国ではまだ多くの武術が存続している。
それから武術はたいてい棍刀槍剣を兼修するので比べるなら古流剣術。
309567通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
強いかどうかはさておいて、中国武術は美しいと思うよ。
カンフーレディーとか大好き!
309568通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>34
それは宗道臣がまともな武術を習ってないだけの話
309569- ▼このコメントへ返信
大陸と島国では気質が違うと思ってたけど、こういうところでも考え方が違うもんなんだな

「道」は技と心を鍛えて己の道を極める為もの、喧嘩の為のものではないというのが日本の考え方だよ
309570通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
物理的に理にかなっている武術が一番実践的であることに間違いはない。

例えば、飛んで攻撃する様なもの武術とは言えない。作用反作用と筋肉のバネを効果的に利用していない。
309571通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
本スレ20全く逆だろ
支那のが殺傷の方法で日本のが心技体を鍛えるものだ
今の支那畜見てもわかる
お前ら朝鮮人か?レスがそっくりだぞ
309572通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
カンフー映画とか見てると、中国は深いなと思うわ。
中国だったら、やってそうだし。

ペイメイとか、弱点を移動させたり時間によって弱点が変わったり、つまりこの中国人は中国拳法の奥義を極めてないということ。でも、その前に死んでしまうかもしれないからやらない方がいいとは思うが...
309573通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
現在のスポーツの殆どは中国の武術が元になっているからね
309574通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
まず日本刀は、蕨手の刀から来ていて、全く大陸の影響を受けていない。
奈良時代のはじめの大和朝廷では、大陸由来の直剣(両刃)が主流。
草薙の剣も直剣。
蕨手の刀の技術を取り入れて太刀ができ、打刀に発展した。
まぁ大陸でも青龍刀のような刀があったけど多くは片手刀。
剣は刺す武器なので、独特の剣技はあったかも知れないけどね。
逆に大陸では日本刀を模倣して苗刀を作ってたりする。
日本の主力輸出品でもあったしね、日本刀。
309575通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
武漢大学で、和服をきて花見すると殺されるから、 日本の剣道をやると、同じく殺されると思う。
309576通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※2
テコンドー自体、完全に剣道とフェンシングのパクリ競技だしな。

剣道だと、真剣→木刀→竹刀 ってちゃんと歴史系列あるけど
テコンドーのあのスティックってどかから来たんだよwww
309577通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
戦国時代だったか、少林寺に留学してた僧が確かいる。その人が、少林寺拳法を伝えたかどうかは知らんけど。
309578通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
剣道をやると、人の道を学ぶ。
中国人に道徳観念は無いので、剣道はやらないと思う。中国人がみんな剣道や柔道をやれば、多民族への弾圧虐殺、民族浄化、宗教弾圧、人身売買、生体臓器狩りもやらない。
309579通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国武術は長い歴史の中で実践を忘れて形骸化してったんだろ

日本の古武術でもマイナー流派は酷いもんだよ
術理もクソもあったもんじゃないよ
309581通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※1
剣道部出身だけど、中国拳法とは全然違うよね
そもそも竹刀自体が木刀の代用品で日本刀の技の鍛錬のためだし

まあ、日本ではみんな「道」にしちゃうというのは同意。
309583通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本刀と中国の関連って?
初耳なんだが
309586通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
オススメしたい中国武術があるんだ
法輪功、っていうんだけど
309587通りすがりのカワウソ ▼このコメントへ返信
そりゃあチャイナは建国100年未満だから歴史も文化も無いよな~

カワイソウ・・・
309588通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
まぁ明、清、中華民国が弱兵だったことから、お察しだろw
309589通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※23
中国拳法が本当に強いのなら、格闘技として大成しているんだよ
しかし現実にはそれはない
そもそもアンタの評価基準は「自分が見て凄かったから」というのが
これまた説得力がない
アンタがプロとして世界の舞台で活躍できるレベルなら
その目で見て凄いと言うのなら説得力もあるが、ただの素人の経験者が見て
凄いなんてのは町の喧嘩自慢ですら凄い奴になってしまう
判断基準が低い位置なのに、その基準をクリアしたからレベルが高いなんてのは
常識的に考えたらありえないと分るだろ?
309590通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>中国の武術は心や体を強くすることに重きを置くけど、日本の剣道は人殺しのための技術に過ぎない。
防具をつけて竹刀で打ち合う剣道でどう人殺しが出来るのか
実践目的で警察官が学ぶ柔道剣道も捕縛制圧目的だし
中国人は日本の武術全般に相当の幻想を抱いているように思える
309591通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※17
お前が言ってるのはスポーツとしての剣道だろ?
色んな流派から取り入れて今の競技としての剣道を作ったけど、剣道自体はそれ以前から当然あるよ。
そもそも、競技を作る上で参考にした「色々な流派」の存在自体がそれを示している。
309593通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
なんか最近、中国拳法とテコンドーの集団がケンカになって、
テコンドーがボコボコにされてる動画見たんだが

まぁ、全ての格闘技の起源は手搏図に描かれたシムルだけど
309594通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
お茶も中国武術も元はインドの方から渡ってきたって中国人は知らねーんだろうなあ
309596- ▼このコメントへ返信
22. 名無しの中国人
中国軍ではもともと黒龍拳というものが日常の訓練に組み込まれたんだけど、殺傷力が大きすぎるため禁止になったんだよ。

お前が黒龍拳伝承者になるんだよ!
309597通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国武術は伝承が上手く行かなかった物が多いんだろうな
勿体無い話だわ
309598通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※17
 
無知はコメントで鞭打たれる。
コメント入れる前に少しは調べる頭無いのか?
309599通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国武術は洗練させればかなり実戦的だと思うんだけどなぁ…
309600通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
今の中国はただのゴミ国家になりさがったからな
309601ハインフェッツ ▼このコメントへ返信
※55
まあ、残酷な事を言っちゃうと少林拳なんかの源流になったとされるアレにしてからが、義和団事件起こしたカルト教団だという話で、武術極めると三国志時代の将軍が乗り移って銃弾も受け付けない不老不死の体になる云々ってのだったらしいからな。

…もしもそれが本当だったらイギリス如きに負けてねーわけで。
むしろ逆にタオパイパイ級の武闘家を一個中隊のレベルで量産して世界征服していてもおかしくないわけで。
309602通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
20. 名無しの中国人
中国の武術は心や体を強くすることに重きを置くけど、日本の剣道は人殺しのための技術に過ぎない。
23. 名無しの中国人
中国の武術は殺生や相手の体を壊すことが目的なので、競技項目にするなんてとんでもない。
あとなにもかも弟子に伝授すれば自分の

ご覧くださいこれが矛盾(むじゅん)です。
309603通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※23
そんなもん一般人相手に強いってだけで、ほんのちょっとでもフルコン空手やボクシング、総合やってる相手には歯が立たないシロモノだぞ。

309604通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>>諸外国は試合という形を通して、空手やテコンドーなどの武術を大きく発展させた

テコンドーは近代になって空手を朴ってでっちあげて、これが空手ですニダてウソついて海外で道場増やしただけですがな
別に移民のいっぱいおる中国やったらすぐ同じような事できますし、なんやったらテコンドーの起源主張したらよろしがな

(´・ω・`)
309605- ▼このコメントへ返信
中国武術はすき勝手に流派を名乗る適当なやつらを取り締まらなかったので、正しい伝承として残ってないだろ
それに多分それだけでは飯が食えず継承されずに廃れたんだろ、
309606- ▼このコメントへ返信
剣術も柔術もただの殺し合いなので社会が安定すると必要性が薄れる。
生き残りをかけて一般に普及させるためにスポーツ要素が強い剣道や柔道が出来たって事だと思う。
中国武術だって同じで生き残る為に変化しただけでなにも継承してないって訳じゃないと思う。
ただ、スポーツよりはアメさんのチンピラがやるブレイクダンスやラップのバトルみたくなっちゃったのかと思うけど。

訳もわからず見栄え重視でふわっとしてるテコンドーよりは数億倍まとも。
309607ななし ▼このコメントへ返信
確か中国のストリートでテコンドーがボコボコにされた動画見たが
309608通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
既出だが柔術や剣術など人殺しの技を平和になった時代でも
残るように危険性の高いものを抜いたのが剣道なり、柔道なりだよ
前田光世が残したブラジリアン柔術のようなものもある
ちなみに日本刀は中国の影響を全く受けてないよ
日本の事情に合わせて作り、発展してきた
むしろ倭寇でその存在を恐れた明の将軍が苗刀として中国側で似たようなものを作ってる
309609通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
格闘家とやったらどっちも大差なく負けるけどな
309610通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※46
テコンドーは空手のパクリじゃね。
クムドじゃね
309611- ▼このコメントへ返信
少林拳は日本の少林寺拳法が大金出して復活させたものだぞ?
309612通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
戦国時代に朝鮮半島から海を渡ってやってきた少林拳の使い手が忍者の起原
309613通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
少林寺はなぜか株式上場して奥義書をネトオクに出してたくらいだからな
309614通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※39
考えはその通り。でも道って云うのは中国の、ろうし、とかなんとかのからきてるらしいよ。名前わすれちゃたけど。
309615通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
剣道やってる息子を見てると
綺麗に正座して御辞儀して背筋もシャンと伸びてて
本当に素晴らしい「道」だと思う
いやまぁ強い弱いは別として・・w
309616通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
剣道が中国武術の集大成?中国の剣術とかまったくイメージ沸かないわ。せいぜい片手で青龍刀ぶん回してるくらいのもんだろ。どこに共通点があるんだよ。
やっぱ韓国の親分だけあって起源を主張して溜飲を下げるのは一緒だな。
309617- ▼このコメントへ返信
>>日本刀はまだ中国との関連性があるが

>また起源主張ですか?w

日本刀は中国に輸入されていて、日本刀を扱う技術や流派もあったのよ。
日本刀を模倣した苗刀というのもある。
そのことを言ってるんじゃないか?
309619通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※1
渡来人から製鉄法を習って、刀は輸入品で知っていったってことだろ
学校の勉強を暗記だけとかテストの点数だけとかで終わらせんなよ
何でも起源説は嫌いだけどバカだとそれも否定できなくなるぞ
309620通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国人も朝鮮人も、突如その土地に民族が沸いて出たと思ってるんじゃないのか?
西から文化を持った民族がアジアに流れてきた、そしてそれが繰り返されて来た、そんな事なんか学ばないんだろう。

309621通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
剣道って剣術の竹刀撃ち込み稽古と競技的な側面も強い試合稽古の煮凝りみたいなもんで、それにプラスして宗矩以来発展してきた修身的側面を強調して付加したようなもんだし。
技術だけを切り取ればそもそも試合以外での実用性を云々するものではないな。目的が違う。
まあ、修身的側面が今ほど強調されるようになったのは主に戦後で、GHQの物言いがつかないように苦心した結果なんだけど。
309622通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
まぁ究極一番実用的に強い格闘技なんてどうせ地味で派手さもない感じだろ
レベル高すぎると大体見栄えはつまんなくなるのが世の常
寝込み襲ってナイフで刺す方がどんな格闘術より実践的に強いわけだし
309624通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※55
あんたも評価基準うんたら言うなら何も経験してないあんたが上から目線で経験者を批判しても説得力なしだぜ。
それに23さんも派生した護身術は評価されてる例も挙げてるじゃない。

あんたの言う通り中国拳法は格闘技スポーツ化してないから強さの判断が一般人にはしにくいんじゃないかな?
フェイントの多い動きの印象からしても武器ありの乱闘や殺傷に対応して生き残る術だから一対一前提の現代格闘スポーツとは相性悪そうな気がする。
30962586 ▼このコメントへ返信
最近海外反応サイトに取りあげられてた実際の戦国合戦を再現した動画も刀や槍は道具、柔術で転がし急所を脇差しで突くと泥臭くも合理的な戦法を紹介してたよ。剣道や柔道とは別物。
強さを語るのに格闘技スポーツだけに比重を置いても意味ないんじゃないかな?
309626通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
こういう話をすれば専門家が飛んでくるとおもうんだけど
中国では武術自体があまり人気ないのかな
かなりトンチンカンなコメントも多いし
309628通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本の武術スレとかならいろいろ知ってる人が来るけど
なんか、知らない人というかまったく
そういう感じの人が集まるところではない場所で話してるのか
知らないことをとりあえずなんか言ってみてるだけで微笑ましいというか。
日本だと剣道柔道のさわりぐらのことは高校で教えるので
”まったくやらない人”が想像で語り合うよりはマシ程度にはなってるかもしれない。
(でも、なんかMMA(総合格闘技)がサイキョーだよ!TVで観たもん!って子は湧くw)
309630通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
テコンドーこそ空手を劣化コピーしたなんちゃってなのにな
ウリナラ起源の茶道と同じでポットでお湯入れるようなもんだよ
309631通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
というか国籍問わず武術っていうのは前提となる使用条件とか社会的環境とか文化的要素とかがあって、その上に生まれる技術体系にすぎないわけですよ。
「どのような状況を想定しているか(日常での個人の護身か、要人護衛か、都市部での犯罪取り締まりか、ルールにのっとった試合や決闘か、特定のドクトリンに基づいて訓練された軍事集団の中での戦闘か、etc)」「使用者の社会的地位や役割はどのようなものか」「法や慣習などの社会的制約の有無は何か」「訓練体系がどのように組み立てられているのか」「使用者の習熟度や得手不得手は」といった背景を考慮せずに乱暴に”強い、弱い”などと論じてもただの水掛け論になって何の意味もない。
309632通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※25
で、その一部が台湾で生き残った皮肉
YouTubeで八極拳をド素人にもわかるよう解説してる動画があったけど、なるほどすごいと思った
もっとも、あれを体得して実践に使うまで極めるのは至難の業だろうけど
309633通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
剣道は韓国が起源とか朝鮮人が朝鮮人してた気がするんだが
309634通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
異種格闘技の一回戦で消えるのは大体テコンドーだけどな
309635通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※82
日本の製鉄については朝鮮半島が鋳物しか作れなかった時代に既に鍛造やってたことが分かってるんで大陸起源かどうかは実は不明(可能性は高いんだが年代が古すぎて特定できない)
たたら製鉄になると完全に大陸には存在しない代物になってるしね
あと蝦夷の蕨手刀が日本刀の起源とされることも多いけど曲がってるというだけで起源認定すると製造法が完全に別物なんでちょっと無理のある説かなと個人的には思う
(蕨手刀は元々曲がってる鉄を鍛造してるのに対して日本刀はまっすぐな鉄を片面だけ焼き入れする過程で結晶構造の変化で曲げている)
309636通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※71
攻撃が蹴りしかないのって普通に考えてハンデきついよな
抱え込まれて投げられるの目に見えてるし
309637通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
実用(実戦)系は文革でコロコロされたかカナダとかオーストラリアに逃げちゃったから向こうには残って無いんだよ
アジアなら台湾とかマカオとかに
309638名無し ▼このコメントへ返信
実戦で言えばカンフーも剣道もクソだと思う

ボクシングやキックボクシングや格闘術の方が上

カンフーでアチョー言っててもマイクタイソンが1発どつけば終わる

剣道も竹刀でおりゃー言っててもマイクタイソンがどつけば終わる
309651通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※3

お茶は飲むけど、古来の茶芸は無くなった。台湾⇒香港と伝わった現在の茶芸は日本の茶道をベースに台湾人が作ったもの。
309702通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
本当は武術って奥深い研鑽を重ねてきたものだと思うが、今のチャイニーズは一つの思想に支配されて考える頭を無くしちまったらしい
そもそも他からの断絶が研鑽を生み、また一方で他と交流する機会が来ることで練り上げられる

螺旋を小さくまとめて突進力を伝えるなんて中々思いつかないと思う。日本人はどっちかっていうと道具作りで幸せになりすぎちゃって打撃(当て身)の意味が違うというか、そこまで行くと兵法として下の下であるせいか結構ニッチなんだよね
309708通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※98
まず小3くらいから勉強しなおし
309712通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本は何でもかんでも道にするを否定的に捕らえるとアウト
日本の道は「神のお告げ」という意味を含み、礼で始まり礼で終わる、要するにスポーツでは無く、むしろ「神楽」だから「神道」である。ただ見かけは運動と変わらないのでスポーツや武術だと言っても嘘にはならない。
この様にカンフーやテコンドーと同一視した時点で「道」の本当の意味は消滅する。
道の発達の背景は「死」の意味を正確に捉える必然性にある、死ぬことこそ生きる意味という結論に至り「能舞」と死者は一体である。即ちそれは「道」である。それ故、日々の全てに「道」があり、人が死ぬのも神道であり神楽の意味もある。
他国には訳の分からない呪文でしか無いが日本人には極当たりまえの文化である。
異文化を自国視点で捉えると、ほぼ誤解する、そういう意味で「ゴミ」も当たらづも遠からず
309729通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
剣道も実戦にはこれっぽっちも役立たない、所詮は「道場剣術」。
たとえば暴漢に襲われた時、周囲に竹刀が落ちてるか?
道や家庭の庭にあるのは木材、バット、バールみたいなのが主。
それ剣道有段者が手にしたところで得物が重すぎて剣道の技、「小手、面!」のような二段攻撃は出来ない。
そうなると≪一手で決める≫剣術の方が上。

剣道歴二十年以上の剣道有段者である友人が「薙刀と戦ったらヤバかった。真剣ならやられる」と。
俺が「一手で勝てる」と言ってその動きを見せると絶句「・・・・・・」。
-「そんな動き、剣道長年やってきてやったことない。それで勝てるとは・・・」。
そういうもんです。
309734通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国人は明朝の時代、真倭って呼ばれた日本人和寇と相対した将軍・兵士の恐怖の書き残しを読んでみろw
そしたらこの話題は答えが出て終了だwww
309735通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本と支那の剣術のどちらが優れてるのかなんて事は実際に真剣勝負で斬り合えば分かる事だし、そうしなければ分からないだろうよ

個人的には示現流に勝てそうな流派は思いつかないけど、
309817通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※86
>フェイントの多い動きの印象からしても武器ありの乱闘や殺傷に対応して生き残る術だから一対一前提の現代格闘スポーツとは相性悪そうな気がする。

それな。
金的眼突きなどの急所攻撃を前提とした連撃を主として構成された技術なので、グローブ着けて急所無しだと著しく劣化する。
あと、靴な。中国武術は基本的に靴を履いてるって前提。
これらはジークンドーなども同じ。
で、武器術も学ぶと。

そら、現代的なコンバットスポーツとは全然違うわな。
309906通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>中国の武術の流派はみんな数千年前から受け継がれてきたものだ。
>拳法しかり剣術しかり、流派しかり教養しかり。
>小日本なんかのものと比べるな。

本当に受け継がれてきたら人類の宝になってたと思うけど
王朝交代や政変のたびに破壊されたからなあ
中国人は見栄えを重んじるからすぐ形骸化して見世物にする癖もあるし
そして何より近代に一番致命的だったのが文化大革命だよ
いろんな文化を自分で破壊して永久に失わせてしまった
 
文化大革命に救いの面があるとすれば自分達で行ったこと
異民族の手であれだけの文化虐殺をされたら永遠の恨みになっただろう
けど自分達でやってしまったから諦めるしかない
309968通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
剣道は棒の先で相手に触れるスポーツ。
斬る剣術とは素振りからして違う。
310875通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
西洋や中国、日本の都市で日常の治安のためにどのような武術を利用しようとしたか、しなかったのか
また、戦場でどうだったか気になる。
311095通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
少林寺拳法と少林拳法は違う。少林寺拳法は日本が発祥。戦後のことだ。
311211通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※17
戦後だよ。GHQに危険視されて、術から道になった。
311481通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※103
しこしこ練習しても真の意味では一生使わずに終わるのが剣術
魔法の練習みたいなもんで、剣で敵を切るとかもはや現実世界ではあり得無さ過ぎて、
ファンタジー脳に片足ツッコんでるんだよね

大体剣道と薙刀で異種試合やって 真剣ならやられる なんてふざけた感想は出てこない
エモノのリーチも、構えもルールもあまりにも不利すぎて真剣じゃなくたってうんざり
剣道段位持ちが級位の高校生に負けるレベル
仮に実戦(笑)なら刀投げつけて走って逃げるのが正解って程不利
311687通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
剣道に精神性を持ち込まないでほしい
剣で一番効率的に人殺せるのが剣道であって欲しいわ
311949通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国は歴史が長い、って大きな勘違いなんだよな
中国史と書かれた古代史は世界史なんだよ
世界の歴史が書かれているのを中国人が中国史としたんだ
意図的にかどうかは知らんが
「大秦帝国」はローマ帝国のことだし
伝説の「夏王朝」はシュメール文明のことだ
同時に書かれている韓半島かのように解釈されてる半島の歴史はイタリア半島史だ
ローマ帝国の始祖の狼を熊にしているが
中国は辻褄を合わせるために
ここ500年から700年くらいの間に万里の長城を作った
材質からして紀元前に建てられた建造物ではない
元が滅びた後対モンゴル用に建てられた
実際の秦帝国(東ローマ帝国)の長城はコンスタンティノープルの3重の城壁だ
つまり中国の歴史はそんなに古いものではないんだよ
312146通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>>20
剣道には精神修養も入ってるわ。
パクリが得意なのはお前ら中国人じゃねえか。
何でも日本の物まねする、それも粗悪品だし。
コンビニの名前すらパクリだし、何でも楽をし、頭を使わないし、努力もしない
だからノーベル賞も一人だけ
それもノーベル平和賞とかだしな
312149通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国拳法も剣術も無駄な動きが多くカッコだけだから、日本の実践的な武道には全然歯が立たない
312197通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>116 日本武「道」って言う人達の「武道」はスポーツ化されてるヤツを
言ってんじゃないの?某日本武「術」経験者で某中国拳法を習ってたけど、
中国拳法の技術は手加減や稽古をあまり考えてない型が多くて、散打の真似事でも
手加減しづらかった。が、関節や急所をダイレクトに壊しに行く技術がエゲつないのと、
「勝てばいい」って感覚で「なかなか使える技術」だと思った。根本は似た技も
多かったし。自分の師匠は中国の大きな大会でずっと勝ってたから、やりあいたくない
強さだったよ。今でも勝てる気がしない。
ただし、体術、特に歩法は総合的に見て日本武術の方が優れていた。普通は教えない
レベルの技術なので、日本武術をやってれば皆できるとも思えないが。
まぁ技術は中国も日本も良い点も悪い点もあり、強さは個々人による、という感じだよ。
312359通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
んー結局のところ徒手格闘は流派が強いのではなく個人が強いだからなぁ
真面目に敵を倒すという考えでその流派に打ち込んでいれば
どの国のどの流派だろうと強い奴は強いよ
312780通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本など外国で文化大革命の教育を受けたほうが良いぞ
中国が捨てたものが取り返しが付かないものだったと理解できるから
312894通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国の武術たくさん流派があったのに文化大革命で全滅したぞ
台湾と日本に逃げてきたやつだけが残っていた。

今、大陸でやってる中国武術ってのは
それを元にして復元したやつばかりで実質あたらしいんだよ
312956通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本人はなんでも一つの形式にしてしまうのが好きだよね
剣道もそうだし、着物の着方も昔はざっくりしていたのに今は着付けを形式化して敷居の高いものにしてしまった
それは美徳ではあるけど、自分は幾らでも流派がある中国武術もそれはそれで楽しくていいと思うけどな
ジャッキーの昔の映画で○○拳みたいなのいっぱいあるけど、面白いじゃん
313256通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※82
そもそも厳密に何が起源かなんてわからない。
韓国にしろ中国にしろたとえ起源を主張したところで後世に残せていない時点で単なる負け犬の遠吠え。
勉強したとかしないとか以前のチンケな問題意識だね。
313402通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
 武術と武道の違いについて。大まかでは武術はテクニック、武道は武術+宗教と覚えていたらいい。後者についてはオイゲン・ヘリゲル著:弓と禅に参考となる事が書いてあるそうな。←実は私は読んだこと無い。武田鉄矢がラジオで解説していた内容を聞いただけ。
 元々「道」とは平安時代の「香道」が最初に使い始めた。←これは自分で調べた。香道は香の利き分け+和歌であり、それらを趣味とする人々が集まる。その一群が社会生活を営むにあたり他者と区別するためについた/つけたのが「道」。組織の維持、税対策、権力者への対向手段、やがて宗家の出現や免許制度の発達など→武術集団に引き継がれる。なので「道」は明治維新の時、柔道から始まったという説は間違い。
 剣道は日本発祥固有。剣は中国から輸入していたが、それは当初直剣。まっすぐな剣で上下に刃があるもの。これが片刃に変化し、湾曲するようになる←この時点で日本固有。馬上から振り下ろす太刀(たち)から突き刺す刀(かたな)へ変化し、鹿島神道流を開祖に剣道が始まる。相手を殺すことではなく、自分自身を鍛えるという意味を持つ。
 中国拳法は弾圧を逃れた使い手たちが台湾に多く集まっている。なので中国を見てもクソしか残っていないのでは?少林寺は見世物に成り下がっているし。
313536- ▼このコメントへ返信
中国には素晴らしい武術が沢山あった
しかし、自ら消し去った
313816通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中國武術にテコンド-がボコられた事件あったよな
という事は
日本武道>中國武術>テコンド-
になる
316278通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
……恐らくは中国人には理解できない概念なんじゃね?
そも、「殴る蹴る打つ射る斬る」などという暴力行為に「精神性」なるモノを求めるような連中じゃないだろ。
肉体の研鑽によって精神をも鍛える、なんて思考が連中にあるとは思えん。
となると、あとはひたすらに武道や武術の実用性という話になる。
日本人視点からするとどこまでも不毛。
316705通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
23. 名無しの中国人
中国の武術は殺生や相手の体を壊すことが目的なので、競技項目にするなんてとんでもない。
これは共感できる。空手をオリンピック種目にしたのは武道の恥だと思う。テコンドウと違うのだから、後追いしてどうする。
317071通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
さて、専門家がいないとの嘆きの声が上にあったので
中国武術と日本の古流武術を数十年単位で
専門的に学んだ者として名乗りを上げてもいいのだけど、、、

あまりに一般の方の武術や武道、格闘技への認識が実際には違い過ぎて
基礎の基礎から何もかも説明し直さないとならない状況ではあるので困ってはいます。

まず、大雑把ですが、
武術は古来の戦場で使われ、生き残りを懸けた殺傷技術であり、基本、武器が主流です。

武道は、精神修養であり、武術から危険な技を取り除き
それまでの暴力の手段から、人間形成と社会への還元という目的を持った教えです。

格闘技は、それを大衆へ見せる娯楽や、商業的な意味が強調されるとでも言いましょうか?
それ故に、独特の進化を遂げてはいますが、一対一で行われ、しかも素手で、鍛え込んだ者同士が
リングの上でルールを守り、レフリーが審判をして危険なら選手の間にに割り込むという、
実戦の状況では有り得ないものですし、基本が素手での戦いですから、
打たれても蹴られても、我慢強い者が勝ちやすいです。武器や乱戦を想定はしていませんし、
傷つけ合うのではなく、互いに安全面を考慮したスポーツです。
これが大衆の眼に一番分かり易くう映るからか強さの基準になっているという傾向がありますが、
上に上げた特徴の全てが、武術からすれば正反対の極致にあるもので、

武術と格闘技はもはや比較が出来ない異種の文化であると認識して戴いた方が良いのではないかと思います。両者が求める強さという物は、まったく一致しない別物です。
したがって、
ボクシングの方が唐手より強いとか弱いとか、総合格闘技が最強だとか相撲にさえ勝ったとか
それらの認識は一切がナンセンスです。
317072通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
さて、以上の認識を持って頂いた上で
武道や格闘技のの経験がないものとして
中国武術と日本武術の違いについて簡単に説明致しますと、

歴史としては、中国武術は、一応は少林寺に仏教と同時にインドから入ってきた教えであり
それまでに中国大陸に在った土着の武術などと習合して展開されていったのではないでしょうか?
当然、それまでにも例えばペルシャやギリシャ、ローマなど
外国からの異文化としての武術の流入はあったとは思います。
更には、王朝の交代や政変の度に、前王朝の文化は取り壊されていったので武術物の憂き目にあい
政変ごとに姿を変え、形を変え、それでも一部は
前世代の技術も受け継がれて行ったのではないでしょうか?
そして、戦乱の世を紆余曲折を経て、第二次大戦中には中央国術館という国民党施設で
専門的にまとめられ、訓練され、国民党の敗走とともに地下へと潜り、或いは各地アジアへ流出。
その後、黒社会化、民族運動化の道をたどる流れがありました。
また、文化大革命時は中国大陸では、ほぼ中国武術は断絶し、政変の届かなかった一部地方で細々と
かつての武術の一美だけが残っていた・・・。という大雑把なまとめ方には異論もあるでしょう。

日本の武術においては、古代より始まる相撲や、それより時代を置いてまとめられた
竹ノ内流という、柔に始まる総合武術や
鹿島、香取に始まる神道流、また、念流や新陰流などの複数の思想に分かれた
剣術辺りが期限に近いようです。そこに武士の文化や忍者といった機動集団が
介入して、戦乱の世を展開して行ったようで、江戸時代に平和的に花開き、
近代では明治政府や戦後のGHQの禁止政策により武道的な姿へと社会変化を遂げた・・・。
大雑把にまとめるとこんな感じでしょうか?
317076通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
さて、最後に技術的な内容についてですが

私が学んだ中国武術は戦中、戦後に、国民党の敗走や文化大革命を逃れた武術家達が
香港やアジアへと流出した内容ですので、基本的に、現在中国大陸に残る中国武術とは異質です。

門内の中でさえ、認められないと表向きの技ばかりで
真実の技などを教えてもらえない秘儀秘伝の体系であって、
内容は一言でいうと、古臭い技術ではあれど非常に残虐で効果的な殺傷技術体系です。
昔日の戦場での殺し合いにはこのような技術が用いられていたのか、と、
それが第二次大戦にはこのような進化を遂げたと思い知らされるような、その過程が残されてはいます。
それ故に現代戦では、簡単な市街戦かゲリラ戦、要人警護ぐらいにしか使い道はないのかも知れません。

もう少し特徴を挙げれば、漢方や東洋医学を治療向けではなく悪用したとも言える体系で
中でも普通の筋肉や運動神経を鍛える動きではなく
勁力という、人間の肉体に隠された機能を発現させて鍛えて行くと云うその発見が最も注目されるでしょう。
いわゆる、中国武術の代名詞と言われる短打、寸勁、発勁と言われる技術ですが
それは一般のメディアに紹介される様な、拳を敵の数センチ手前の距離に置き、そこから打つとか
そんな程度の物ではありません。そんなものはボクサーでも普通に出来ます。

本当の中国武術の発勁とは、常識を超えるスピード故に眼にも追えず
何時打たれたのか、打たれた事さえ分からず倒れているべきもので、
ただ軽く指先で触られただけで
全身に電気が走ったかのような感覚を覚え、酒に酔ったみたいに、数分後にめまいと共に倒れ込みます。
とは言え、この技術がそこまで高レベルで使いこなせる人間は、
ほぼ数える程度しか残っていないかと思われますが。
私もある程度ぐらいは出来るのですが、実戦で使いこなせるのかと問われれば、難しいと答えておきます。

さて、皆さんの興味はその様な技術があれば格闘技で勝てよという単純な興味に向かうでしょうね。
どれだけ武術は武器前提の殺傷・殺人技術で、
格闘技は素手前提で、安全を追及したスポーツ競技であり、両者は異質であり、正反対のものだと説明しても。
答えは、我々が格闘技に出たとしても、お互いに大事故が起きて両者ともに迷惑。
と言っても納得しない人達はいるでしょう。

少し話がそれましたが、気が向けば、後に
中国武術での戦いの実際や、日本古流武術についても書くかも知れません。

長文の連続や誤字脱字などあるでしょうが、
知りたいと言う方向けに軽く書いてみただけですので、色々とご容赦願います。
317205通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※130
大雑把に言って
中国武術:現代中国武術の本質は殺人技、本物の使い手は希少。仏教系は修行用の肉体鍛錬
日本武術:心身を鍛え人格形成の一助とするもの
格闘技:興業・スポーツ

ということで?
317307通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
大体、そんな感じでしょうか。

少し説明が必要な所を
もう少し正確に近い形で手直しするとすればとすれば

中国武術:
     仏教系は修行用の肉体鍛錬

1つには、この部分です。

確かにその通りではあるのですが。戦う事も出来るし戦わないことも選べる。
しかし宗教ですから戦わず人を傷つけない方法を選びたがるので
本来の少林拳は刃物を扱わず、棒での戦いを得意とします。例え敵が刃物を持ち出したとしても。

しかし、黒社会やアンダーグラウンド化した少林拳はどう見直しても
素手のみならず、刃物や銃をも使う殺人技術体系になってますね。

こうした事情は道教を中心に展開した門派(太極拳が有名)や、
イスラム教を中心に発展した門派(八極拳などが有名)などでも
事情は似たようなものだとは思いますよ。

そこから戦時に過激化したケースが多かったという事でしょうけど。

個人的には、習った時に最もヤバかったというか、技も残虐でしたが
指導者も、発想も原理も行動も危なっかしくてキレてたのは中国武術でしたね。

その代わりと言っては何ですが、中国武術が、歴史的にも宗教的にも
人体、或いは人間という存在を何処までも追求してきたその成果には、凄まじいばかりの深みがありました。
人間とはこんな風になっていたのか、こんな仕組みを持った、こんな存在だったのか!
という驚きを何度も経験しました。

生命とは何か? その本質的な姿とはどういう物か?
人間は どこから来て何処へ行くのか? その答えが用意されています。

これは殺人技術を何処までも、何代も何代も多くの犠牲者を出して、命と歴史をかけて
徹底的に追及したが故に手に入れた結論だとは思います。

もう1つ、丁寧に手直しする箇所は

>日本武術:心身を鍛え人格形成の一助とするもの

この部分を、
 日本武道:心身を鍛え人格形成の一助とするもの
 日本武術:歴史的に戦などで使用された、戦場での戦闘技術ではあるが
      神武不殺(神より承った武術は人を殺す目的ではないという理想)の教えに従った
      必要な時、状況以外では、「可能な限り人を殺さない殺人技術」を全体的に追及し続けた。

 と言えるのではないでしょうか?

日本武術のこの辺りの崇高な哲学が、武道という、戦いの技術を道に変え、
人格形成に使用できる由縁だと思います。

格闘技は、やはり強いのですが
スポーツ、興行、ゲームとしての健全な強さを追及した物でしょうね。
当然、彼らも殺人的な技を使えますよ? 持ってる技を凶暴にすればいいだけですから。
使えるけどそれが目的ではない、という事です。
最も安全な発想と社会性の持ち主が格闘技選手だという事です。
317312通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
抱き合ってダンスのテコンドーには勝つだろ
317335通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
抱き合ってダンスは、凶器を隠し持った相手にはムリ

マウントを取ってからの寝技主体の総合格闘技もムリ

つか、格闘技や武道の大抵は複数の乱戦や武器持ち相手にはムリ
317344通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
どんなに、
”本来の”中国古武術や日本古武術が
凄いって話をしても
”絶滅危惧種”ばっかりで
表に出て来なければ、どーしよーもない

残るのは
”劣化した”中国新武術や日本新武術だけになる
317434通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
古くて凄い強いと言われる
中国武術を保護する政策をとろうとしない時点で
大切な伝統文化を守ろうとしない国、
という印象は残る

日本にもそういう所はあるけどね
318251通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国武術のやたら詳しい経験者が出てきたら、皆が黙りはじめたw

そして失われつつある中国武術の行く末の心配に話題が移った

それが答えという事なんだろね
318785通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
剣道と剣術
武道と武術
の違いは、中国人には難しそう
319382通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
無知蒙昧なる中国人はテコンダー朴を読んで真の歴史を知が良い
319970通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
まるで今の中国が文化を受け継いできたかのような言い方だな。
日本は唐や隋から学んでさらに昇華し発展させてきた。
今の中国は滅ぼした国々の文化を真似てるだけ。
その差がわからんか?
320712通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※7
フェンシングクラブがあるけどな
身分の高い貴族や富豪は家庭教師を招いて教えさせるのが一般的だったみたいだけど
321652通りすがりのダイエッター ▼このコメントへ返信
※99
それ故に、台湾には茶葉料理があるらしい

お名前:

TOR荒らし対策で少しコメント制限中です。ご不便をおかけして申し訳ありません。


PR



ブログパーツ アクセスランキング