中国人「日本では水道水を直接飲むことができるらしい…どうすれば水質がそんなレベルに?」 中国の反応

  • カテゴリ:環境
191211-001.gif

日本では水道水を直接飲むことができるらしい・・・どうすれば水質がそんなレベルに?

今の社会には各種ブランドのお茶やコーヒーがたくさんあり、冷たい飲み物を除き、若者の多くがそのふたつを選択する。

毎日何を飲むにせよ、直接水道水を飲みたいという人はいない。なぜなら水道水は一度沸かさないと不衛生だと考えられるからだ。それよりはペットボトルに入った飲み物を飲みたいと思うのは自然なことだろう。
ではもし、日本の水道水が直接飲めて、その水質はミネラルウォーターよりも高いものだと言ったらあなたたちは信じられるだろうか?





 

191211-002.gif


1. 水道水を直接飲むことが出来る

もしあなたの周りに水道水をそのまま飲むという人がいたら、きっと衛生面を心配することだろう。だが日本人はそんなことは気にしない。日本の水道水の水質は直接飲めるレベルに保たれているからだ。

島国の公共施設には、皇居前広場であれ人の少ない静かな公園であれ、無料で飲める水飲み場が設置されている。人々は何の心配もなく蛇口を開き、直接飲んでいる。


191211-003.jpg


日本のとある公園の水飲み場。水量が多すぎて飲もうとした人がびしょ濡れになることが有名になりテレビ番組に取り上げられた。


191211-004.jpg


我が国の水道水は厳格に言えば生活飲用水であり、直接飲める水ではない。国の衛生基準はクリアしているが、水道管の中を長距離で運送するため、水道管の劣化などにより二次汚染が起きやすくなっている。塩素は水の殺菌、消毒に使えるが、泥や砂、重金属、揮発性物質などを取り除くことはできない。ゆえに我が国の水はそのまま飲むことができないのだ。


191211-005.jpg


2. 51項目の指標

日本の刑法には、飲用水の汚染は犯罪行為として規定されている。工業汚水は直接流してはいけないし、生活汚水を未処理のまま流すのも禁止されている。水や水源を汚染する行為は、6か月以上7年以下の懲役刑となっている。
厳格な管理のもと、水の品質を保持する為に厳しい水質管理を行い、水道水の基準はミネラルウォーターよりも厳しいものとなっている。

厚生労働省は51項目の水質検査指標を規定し、水道法に準じた水の管理を実現するよう指導している。日本のミネラルウォーターは「食品衛生法」が適用されるため、水質に関する基準は18項目のみである。
51項目の指標のうち、31項目は人体の安全、健康のための指標で、それ以外の20項目は日常的な飲用に関する指標であり、水の色や匂いなど飲む際に不快感を与えないためのものだ。


191211-006.jpg


そしてさらに水質の安全を保証するため、東京都水道局は検査項目を200項目に拡大している。


191211-007.jpg


3. 日本の水道水浄化システム

日本にはしっかりとした浄水処理システムがある。オゾン処理と活性炭で微量の有機物などまでしっかりと取り除くシステムになっている。

工程1:オゾン処理
オゾン処理を進める為の「オゾン接触池」は、ガラス張りで中の様子を観察することができる。円筒の直径は10センチで、多くの気泡が発生する。


191211-008.jpg


オゾンの強い力により、水に残った有害物質が分解され、発がん性物質であるトリハロメタンやかび臭さの原因物質を取り除くことができる。


191211-009.jpg


工程2:生物活性炭による吸着
オゾン処理のあと、さらに活性炭による浄化が行われる。


191211-010.jpg


作業区域内には12か所の生物活性炭吸着池があり、ガラス越しに観察することができる。


191211-011.jpg


活性炭の作用はかび臭い物質を吸着するだけでなく、活性炭に存在する微生物によって微小な物質を分解することができる。


191211-012.jpg


4. 口当たりの追求

水道局の水質管理51項目のうち、安全性への考慮だけでなく口当たりの追求に関する項目も存在する。

水道水のおいしさは、漂白剤やかび臭さがどれだけ残留しているかによる。東京都はそういった物質を最大限減らすために、国の基準よりも厳しい指標を設定した。
例えば、漂白成分の味は水に残った塩素が原因である。日本の法律では塩素の基準は0.1mg/L~1mg/Lだが、東京都の規定は0.1mg/L~0.4mg/Lであり、国の基準の半分となっている。この基準をクリアすればほとんどの人が塩素臭さを感じない。


191211-013.jpg


5. 国全体で「水道水を直接飲む」ことを推進

日本の水は直接飲めるが、「安全ではない」「ニオイがしておいしくない」といった意見を持つ日本人も少なくない。
この状況を良くするために、日本の一部の機関や組織は水道水をペットボトルなどに入れて製品化した。水道水のおいしさを知ってもらう為の活動だ。

日本政府も水道水の宣伝については重要視しており、企業と共同で広告を打ち、国民が安心して水を飲めるように努力している。例えば東京水道局の職員は、カメラの前で直接水道水を飲み、安全性をアピールしたりしている。


191211-014.jpg


日本の水道局は市民に安全で美味しい水を提供する責任を全うするため、ミネラルウォーターよりも厳しい基準をクリアするような品質管理を行っている。日本人の品質や細かいところに気を配る国民性は、水についても十分に体現されているようだ。
 

191211-015.jpg





1. 名無しの中国人
中国のマスクや浄水器の売れ行きは狂ったレベルだからな。



2. 名無しの中国人
日本で遊んだことがあるけど、東京の池袋や新宿などの中心地に一週間ほど滞在し、毎日水道水を直接飲んだよ。
普通に飲める北方の水って感じだったな。
もしあなたが東北人なら日本の水は一度沸かしたものと同じように飲めるが、水源豊富な南方人なら日本の水にはなかなか慣れないだろうな。
だが蛇口をひねってすぐ使えるのは便利だが、江蘇省や浙江省の水と比べると劣るからな。
あまり盲目的に素晴らしいとは思わない方がいいぞ!



3. 名無しの中国人
中国の水と比べるととても異常だ!



4. 名無しの中国人
今は地下鉄、公園などにも飲料水の機械が設置されているから日本と変わらないよ。
他のところはどうかわからないけど武漢は整っているよ。



5. 名無しの中国人
実家の水は汚くなってしまったよ。
都会はマシになったけど田舎はどこも汚水だらけだ。



6. 名無しの中国人
欧米でも直接飲んでいるぞ。
日本はルールが更に厳しいが、我々は「毛沢東さん」の頃から沸かした水を飲むことを奨励されてきている。
これは簡単なことじゃないぞ。
ここ百年の現実を考慮したうえで決まった方針だからな。



7. 名無しの中国人
当時は医療も水の処理設備も遅れていて、みんながお湯を飲んでいたんだ。
そんなに素晴らしいものじゃない。



8. 名無しの中国人
昔は水質もそんなに汚染されていなくて、小さい頃に飲んだ水はちょっと甘さもあったのにな。
今は浄水器を通した水しか飲めなくなってしまったな。



9. 名無しの中国人
沸かした水を飲むのは歴史に原因がある。
以前は技術的にかなり遅れていて、手っ取り早い殺菌方法が煮沸することだったんだ。



10. 名無しの中国人
中国人がお湯を飲むのは文化と関係がある。
親戚が家に来た時に真水を出してみるといい。
それになぜかはわからないが、中国人の体質は真水を飲むと腹を下すようにできているようだ。



11. 名無しの中国人
福島のあたりの水はどうなのか聞きたいんだが。



12. 名無しの中国人
我が国の発展した地域でも真水を直接飲めるレベルに引き上げるまであと20年はかかる・・・
まぁでも中国人は冷水を飲む文化ではないから!



13. 名無しの中国人
今日の朝沸かした水を使って顔を洗おうと思って冷めるのを待っていたら、水面いっぱいに謎の物質が浮いていたよ。
それを見て色々考えて怖くなった。
普段こういう水を使って料理を作り口にしているわけだからな・・・



14. 名無しの中国人
なぜ我々には同じことができないのだろうか?



15. 名無しの中国人
中国の国土面積は日本の25倍だぞ。
かかるコストは25倍どころじゃない。
数百キロごとに浄水器を設置するなんて大変だからな。



16. 名無しの中国人
日本も田舎の水道水は飲めるけど、都会のはあまり飲まないそうだ。



17. 名無しの中国人
日本は進んでるな。
普通に凄いわ。



18. 名無しの中国人
中国の水道水も一度沸かせば飲めるから・・・







もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ













PR



ブログパーツ アクセスランキング