中国人「日本の『もったいない精神』を知っているだろうか?」 中国の反応

  • カテゴリ:文化
191225-001.jpg

日本の「もったいない精神」を知っているだろうか?

日本人は物を大切にする。
多くの日本人はゴミを減らすことやリサイクルに気を遣う。
例えば古い服はエプロンにして使い、エプロンがダメになったら雑巾にする。
外食する時でも食べ残しは駄目だと考える。
庶民の日常生活だけでなく企業活動からその精神が伺える。





 



1. 名無しの中国人
我々は所有する物に無駄が多い。
すなわち捨てるものも多いということだ。



2. 名無しの中国人
尊敬できるいい習慣だな。
心の中で、物を大切にするということを理解できるから、自然からの恩恵も多いのかもしれないね。



3. 名無しの中国人
私は日本人の生活習慣が好きだ。
先日日本へ行って、民宿に宿泊した。
家主の二人の姉妹は 毎晩お客さんのごみを分別してから捨ててたよ。
かなり詳細に分けていた。
私はそれを見て尊敬したよ。
彼女たちの自分の家を大事にする姿に敬服したわ。



4. 名無しの中国人
節約は美徳だ。
我々の政府はいつもそれを強調しているが、使いまわした汚い水が人や動物を殺している。



5. 名無しの中国人
自然の環境保護を支持する!
人間はやればできる!
制限した生活をして、食べ過ぎず、家または外でも食べ残しはダメ。
水を節約して、バスを使ってなるべく車を運転しないようにして、いつも歩く。
ビニール袋をあまり使わず、電気を節約して、用紙を節約して、リサイクルに木を使って、ゴミを減らすという生活をしよう。



6. 名無しの中国人
日本は中古市場が凄いんだよな。
うらやましい。



7. 名無しの中国人
それに比べると中国はとても深刻だなぁ。
世界で一番発展した二つの国はドイツと日本だ。
そして一番つつましい国だ。



8. 名無しの中国人
今の経済はちょっと悪い。
そして国内は贅沢しすぎの風潮がある。
ちょっと深刻だ。
日本の節約の発想を見習わなければ。



9. 名無しの中国人
限りある資源は合理的に利用する人にこそふさわしい。



10. 名無しの中国人
日本では「もったない博物館」があるそうだ。



11. 名無しの中国人
日本は細かいところまで注意する民族だ。
むしろ細かすぎる。



12. 名無しの中国人
以前見たドキュメンタリー映画の中で、日本の外食産業は浪費して食べ物を大量に捨てていると聞いたけど?
それはどういうこと?
コストは高いのに、品質が悪いものは捨てる。
日本人はそれについてどう説明するんだよ。



13. 名無しの中国人
>>12
それは食品に対しての正しい態度だと思うが?
問題があったら人体に対して害がある場合、普通捨てると思う。
君が品質の悪いものを食べたければ食べてもいいけど?



14. 名無しの中国人
日本の輸出する食品は状態の悪いもの。
良いものは自分たちが食うんだぞ!!!!!



15. 名無しの中国人
日本の食品は安心するよね。
だが中国ではコストを下げるために不正が横行している。
大きい食品工場で働いたとき、回収した廃品をもう一度加工してした。
コストを下げるためにだ。
その差はとても大きい。



16. 名無しの中国人
品質に気を使う事は必要だがそれは経済レベルが高いからできる事なんだぞ。



17. 名無しの中国人
古紙のリサイクルはすごくいいな。



18. 名無しの中国人
日本の厨房でアルバイトしたときの感想。
食材で中国だったらそのまま出すものも、日本だと小さな欠点があったらほとんどは捨てる。
食品の安全を考えてのことだろう。
でも中国人から見れば、それはもったいないことだ。



19. 名無しの中国人
日本のごみの回収はすごい。
ゴミ箱は、燃えるごみと燃えないごみが分かれていて、分別しないでごみを捨てる人は少ない。



20. 名無しの中国人
質素にして、家事も節約する・・・
もったいないだけではだめなんだよ。



21. 名無しの中国人
個人の生活はたぶんそうなんだろう。
でも店の中はきっと違う。
日本の食品の廃棄率は世界では一番高い。
牛肉ひとつでも必要な部分以外は全部捨てる。
それはもったいないじゃないのか?



22. 名無しの中国人
コンビニでは毎日捨てるものが多いよね。
ちょっと期限が過ぎれば全部捨ててる。
食品を粗末にするのが一番深刻な国だよ。



23. 名無しの中国人
日本の資源はずっと不足していたからな。
だから日本人は節約の習慣がある。



24. 名無しの中国人
日本人はエアコンの排水を鉢で受け取って、花に水をやっていると聞いた。
凄い発想だ・・・







もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ













PR



ブログパーツ アクセスランキング