中国人「日本は子供を大事にしない…虐待のような教育を行う保育園がある」 中国の反応

  • カテゴリ:教育
200118-001.png

日本は子供を大事にしない・・・虐待のような教育を行う保育園がある

日本は少子化なのに、人々は子どもを愛していない。
多くの親が厳しい教育を行っている。
太陽保育園というところでは子ども達を冬に上半身を裸にさせ、裸足で雪の上を歩いたり走らせたりする方法で子どもの体や精神を鍛えている。
保育園に入る子どもが、3歳以下だったら冬に半袖の服を着て、裸足で外に遊ばせる。
4歳から6歳までの子どもはもっと厳しい。
冬夏に関わらず、昼食後に冷水を身体にかけ、水着を着て外で遊ばせる。
体調が悪くても、2分間の冷水浴をする。
冷水をかける時、子どもが寒さに耐えられなくて途中で逃げた場合、再び水をかける。
子どもは我慢できなかったら、びんたを食らわされ、尻を殴られ、外で一時間跪かせることもある。
ある子どもはずっと泣いたり気を失ったりする。
これを半年も続け、耐寒能力や忍耐力を鍛える。
冬に氷のあるプールで水泳させたり、海に入ったりもする。
これも慣れたら楽しみになるそうだ。
太陽保育園は飲食の栄養にも注意している。
子どもには米、野菜、海草などを中心に食べものを提供する。
子どもの運動量が多いため、素食でもおいしく食べられるそうだ。
好き嫌いの克服にも効果がある。
保育園の文化授業も文部省の要求に沿って行われている。
修身のため、毎日の朝、仏教礼法で30分間の座禅を要求される。
そのほか音楽素養も重視し、楽器の勉強もある。
こういう太陽保育園の厳しい教育に対しても、多くの親は子どもへの虐待だと思っていないそうだ。





 



1. 名無しの中国人
そんなに酷いとは思わないけどなあ。
我が国ではそんなに厳しくしてないけどね。



2. 名無しの中国人
こういうのは一長一短あるんだよ。
それがいい子供もいれば、馴染めない子供もいると思う。



3. 名無しの中国人
諸刃の剣だな。



4. 名無しの中国人
これは確かに、少なくとも中国の溺愛よりましだ。



5. 名無しの中国人
親が子どもを殴るのはいいが、先生は子どもを殴る資格がないと思うね。



6. 名無しの中国人
これは良いと思うけど中国だったら、親が発狂するだろうね。



7. 名無しの中国人
確かにこの精神はいいと思う。



8. 名無しの中国人
我が国は精神的に虐待してるけどな。



9. 名無しの中国人
この子たちが成長したら怖いな。
我々も遅れちゃだめだ。



10. 名無しの中国人
このやり方は健康に悪そうだな。



11. 名無しの中国人
>>10
適度だったら体にいいと思うよ。



12. 名無しの中国人
これで体が鍛えられるか?
壊すだけだろ?



13. 名無しの中国人
我が国も封建時代にはこうだったよ。



14. 名無しの中国人
中国で冷水で体をかけるなんて親に罵られるよ。



15. 名無しの中国人
親はかわいそうと思うかもしれないが、子どもにはいい。
適度ならね。



16. 名無しの中国人
このやり方は良いね。
適度だったらいける。
子どもは成長する中で、なんらかの困難に遭う。
こういう教育をうけた子どもなら困難を乗り越えられるよ。



17. 名無しの中国人
古代人もこうやった。
現代人は理解できず、封建礼儀、無人道な体罰だというんだよ。
毎日平和社会を思う。
人は自然の個体としてどうやって生きるか、生存能力の高い、理性感性のある人になるか、体が堅い志がない評論家になるか?



18. 名無しの中国人
多少の体罰は問題ないと思うけど。
理由もない体罰は絶対に間違ってる。



19. 名無しの中国人
中国の子供にはこういう鍛えが欠けているんだよ。



20. 名無しの中国人
中国では場所によるんだよ。
東部の一部はゆとりだが、西部や中部は残忍だ。



21. 名無しの中国人
実はこのやり方がいいんだよ。
ただ手段が理解されないだけだ。
子どもの体と心を鍛える!
溺愛よりましだ。
私の中学の先生もそういってたよ。



22. 名無しの中国人
これはだめだろ。
子どもがかわいそうだ。



23. 名無しの中国人
もしアメリカだったら、扶養権が奪われるな。



24. 名無しの中国人
中国では先生に虐待されても訴えるところがないからね。
日本とは違うんだよ。



25. 名無しの中国人
科学によると、適当な体罰は子どもの成長にいいらしいよ。



26. 名無しの中国人
わが国の教育ではなぜ子どもを殴らないの?
口頭で教育できないなら、体で教えるしかないのに。



27. 名無しの中国人
これは戦争の準備だよ。







もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ













PR



ブログパーツ アクセスランキング