中国人「日本での仕事は本当に『素晴らしい』のか?」 中国の反応

  • カテゴリ:移住
  • コメント:3件
200216-001.jpg

日本での仕事は本当に「素晴らしい」のか?

日本は人手不足のため、外国から「労働力」を大量に引き入れている。多くの人が、どうやって日本で仕事をするかを聞いてくる。彼らの眼には日本での仕事は「幸せなこと」として映っているのだろう。日本では毎日「残業ルール」「失業率」「働き方改革」などのニュースを目にする。日本人も「仕事」に関心があるようだが、その最大の理由は、日本の労働力人口がどんどん減少しており、将来大変な事態になる可能性が高いからだろう。





 

日本の大問題「労働力人口の減少」


200216-002.jpg


国立社会保障人口問題研究所による日本の将来的な人口の試算によると、2065年には8808万人となり、そのうち15歳から64歳の労働人口は4529人しかいないことになる。こういった人口の急激な減少は現在日本の最大の問題である。総務省統計局の調査によれば、過去15年間で労働人口が200万人減少しているが、これは四国の労働人口がゼロになったのと同じだ。経済面では人口減少の影響が既に現れ始めている。例えば大手運輸会社のクロネコヤマトは、人手不足により時間指定での配達が難しくなっている。また、今のサービスの質を保ち続けたいのであれば、残業などの過度な労働が必要となる為、人材の流出が起こるなど、大きな影響となるだろう。

日本の労働力が十分だったのは「終身雇用」の時代で、残業なども問題にはならなかった。だが人手不足により終わらない仕事がどんどん積み重なり、それによって労働力の流出が起こっている。例えば飲食業では、どこに行ってもアルバイトの求人が出っぱなしである。


足りない労働力をどう補充するか?


200216-003.jpg


では現在日本に不足している労働力をどこから補充するのか? 日本はここ数年育児支援を推進しており、多くの女性が仕事に参加できるようにしてきている。だがこの方式では解決にまでは至らず、「対症療法」でしかない。日本の労働政策研究機構の調査によれば、もしスイスと同じレベルの育児支援ができれば、労働をする女性は増加するが、定年も引き上げとなり、全体の平均年齢も上がるため、結局のところ労働力不足の問題は解決できないようだ。そして別の方法としては広く外国人労働者を受け入れることを検討している、特に東南アジアからの技能実習生は年々増加している。この方法については賛否あるが、とりあえずここで言いたいのは日本での仕事が本当に素晴らしいものかということだ。


日本の職場環境には「人の心」がない

多くの人が日本での仕事や生活は素晴らしいといった内容の文章を書くが、実際はその逆だ。底辺の生活をする人は多くいる。毎年日本に観光に行く人は多いが、「日本で仕事」となると多くの人が積極的な考えにはならない。スイスのIMDが発表したworld talent reportによれば、日本の「仕事の魅力」はランキングの下位で、分析が行われた61カ国中52位だった。日本の国際化推進協会が2015年に日本で働く外国人に対し実施した調査によれば、外国人が日本で働きたくない理由のトップは長時間労働だった。


200216-004.jpg


実は、「社員評価基準」も外国人が気にする項目だ。日本企業の人事システムは多くの外国人にとって不明な部分が多く、年功序列制度もまだ根深く残っているので、外国人が日本でキャリアをしっかり積むのは難しい。
そして、言語の壁も厳しいものがある。日本も欧米文化圏の一員であるが、英語の使用には限界がある。多くの日本企業が英語で仕事をする体制を推進しているが、実際の仕事は日本語を基本に進められる。日本語が分からなければ、会社で重要なポストにつくのは難しい。


200216-005.jpg


そして、仕事のあとの「交流」も一種の文化となっている。仕事の後に先輩や後輩と酒を交えた交流をする必要があるのだ。日本には「一次会」「二次会」「三次会」という単語がある。一次会とは最初の飲み会で、二次会はその日二度目の飲み会だ。この点は国内とも共通する部分があり、人間関係の深さを知るには何次会まで行けるか聞けばいいのだ、その数が多いほど関係が良いということだ。


200216-006.jpg


最後に、外国人が日本で働くうえで重要なのが「在留資格」だ。日本の在留資格は比較的煩雑で、永住許可となるとかなり厳しい。以前とある文章で外国人の子供の事情について書かれていたが、「戸籍」がないことで学校に行くことも本国に帰国することもできない子供が存在しているようだ。


日本旅行≠日本での仕事≠日本での生活

日本旅行に関する文章は至る所で見られ、内容、評価も似通っている。だがまず知っておいてほしいのは、日本旅行≠日本での生活だということだし、日本での生活≠日本での仕事だということだ。実際、日本はかなり生活しやすいところだが、仕事に関しては能力を十分に発揮できるというわけではない。たとえ大企業に入社したとしても、国内の大企業ほど活躍するチャンスは多くないのだ。

既に述べたように、過去15年で日本の労働人口は200万人減少したが、今後15年も「減少」の傾向は避けられないだろう。そして更に厳しい状況になることは間違いない、これが人口から分析した結論だ。過去15年、日本の外国人労働者として働いてきたのは中国人だが、今はどうだろう?中国は2015年に労働人口のピークを迎え、そこから段々下降していっている。こういう背景もあり、日本は東南アジア諸国から人口を輸入するしかなく、根本的な解決はまだまだできないようだ!





1. 名無しの中国人
私は煮音で就職しているが、良いと思うのは次の4点だ。
食品の安全性、新鮮な空気、医療保障、子供の価値観・世界観・人生観の3観が正確であること。
これは国内ではいくら金を積んでも買えないものだからな。



2. 名無しの中国人
>>1
4つめの子供の3観は大事なポイントだな。



3. 名無しの中国人
人生の勝ち組じゃないか、羨ましいよ。



4. 名無しの中国人
日本は休日・祝祭日が国内よりも多いのがいい。



5. 名無しの中国人
私の息子日本で正社員としてプログラマーをやっているけど、労働時間は8時間だし休みもすごく多いよ。
残業を多くさせるのは違法だからね。



6. 名無しの中国人
お前らは日本にブラック企業がどれほど多いか知らないんだろうな。



7. 名無しの中国人
日本企業の残業はすごくきついぞ。



8. 名無しの中国人
日本のサラリーマンは確かに疲労がすごいことになるよな。
だが国内の若者だってストレスは大きいぞ。
どこにいても結局自分でどうにかするしかない!



9. 名無しの中国人
国内の給料は高いか?
体制の内部に入っていけるか?
そうでなければ自分でどうにかするかないよな。



10. 名無しの中国人
素晴らしいわけないだろ。
差別されるに決まってるよ。
自分たちがやりたくないことを中国人にやらせるんだよ。
だが人手不足だから中国人が行けば仕事は見つかるし、国内より収入も高い。
少なくとも収益性は国内よりもいいからその点だけは認められるけどな。



11. 名無しの中国人
日本の給料は少なくとも中国の十倍だぞ!
こっちで三千元なら向こうでは三万元だ!
きつい仕事でもやる価値はあるんだ!



12. 名無しの中国人
十倍はない。
あっても4,5倍だろ。



13. 名無しの中国人
日本は給料も十分だし食品も安全だ。



14. 名無しの中国人
少なくとも食に関しては衛生レベルがかなり上だろう。
住むことに関しては少しずつ慣れれば問題ない。



15. 名無しの中国人
それに物価はそんなに違わないし、住宅も安いしな。



16. 名無しの中国人
日本にいる友達曰く、日本人は60歳で退職しても仕事を探すそうだぞ。
退職金はそんなにもらえないから元の生活を維持するとなれば仕事を続けるしかないようだ。
中国の老人のようにゆったりした生活をするには程遠いようだな。



17. 名無しの中国人
少なくとも医療は素晴らしいよ。
日本では医療費の7割を国が負担してくれるし。どこかのように全部自己負担なんてことはないからな。
一般人なら病院に行くのは2回ぐらいだろうけど、全部自費となると大変だよ。



18. 名無しの中国人
どこであっても国内よりは大変だろ。
ストレスも小さくないはずだ。



19. 名無しの中国人
庶民が生活するとなればどこにいても簡単じゃないよ。
いい生活かどうかは個人の生活態度にもよるからなんとも言えない。



20. 名無しの中国人
庶民なら日本の方がいいよなぁ。
簡単にはいかないところもあるけど。
知り合いも何人か日本に住んでるけど評価は色々分かれてるよ。







もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ











コメント一覧

331957             ▼このコメントへ返信
>十倍はない。
>あっても4,5倍だろ。


残念ながら10倍以上
しかも人が住める環境じゃないし
あんな場所で働きたくないよな
331958通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
彼らは馬鹿だから人権と言論の自由というものを知らない
331965通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
勝手に日本に住むとか言うな
日本に住みたいなら日本に絶対的な忠誠を誓え

お名前:

TOR荒らし対策で少しコメント制限中です。ご不便をおかけして申し訳ありません。


PR



ブログパーツ アクセスランキング