中国人「中国、日本、韓国の箸文化の違い」 中国の反応

  • カテゴリ:文化
200318-001.jpg

中国、日本、韓国の箸文化の違い

中日韓三国の箸には微妙に違いがある。

日本:短くて先が細い木の箸を使う。
中国:長くて重量のある木の箸を使う。プラスチックの箸も使う。
韓国:短くて平べったい金属の箸を使う。





 

なぜそれぞれの国で箸の長さや幅が違うのか?

日本=基本的に畳と正座文化なのでお皿との距離が近く、長い箸は使いにくい。テーブル文化もあるが、近代になってからのものであり、一度根付いた短い箸の文化が定着している。
韓国=中国ほど長くなく、日本ほど短くない。豆を挟んだり、キムチを挟めるように、箸は細くなっている。
中国=食事の時はテーブルで椅子に座るのが基本。そのため、お皿と距離が遠く、長い箸が使いやすい。韓国人はお米を食べるときにスプーンを使うが、中国と日本では箸を使う。そのため上記理由と併せて中国の箸は長くて分厚いのだ。

なぜ箸の材質が違うのか?

日本:日本人は日常的に魚を食べる。なので、箸に力を加える必要を少なくするため、先が尖っている。また、木は耐久性にすぐれている。
韓国:韓国人は米とスープを食べるとき以外は箸を使う。そのため箸に力を加えなければならない。なので彼らは金属製の箸を使うことに慣れてしまった。
中国:この3カ国の中では、料理が最も脂っこい。そのため木では滑ってしまう。

どれが最も使用難度が高いか?

日本:日本の箸は短いので、握りやすい。木製の箸は滑りにくく、外国人にとっては日本の箸が一番使いやすい。
韓国:韓国の箸は細くて重い。外国人にとっては最も使いにくい。しかし、もしも韓国の箸が使いやすい思ったら、中国や日本の箸なんて楽々使いこなせるだろう。
中国:中国の箸は長いので使いにくい。しかし、我々にとって食べ物を挟めるかどうかはどうでもいい。

3000年前、中国ですでに象牙で作られた箸が誕生している。箸は現在に至るまで、中国人が重視しているマナーのひとつである。

中国人は箸の使い方にうるさい。箸でしてはいけない事を、小さい頃から親に教育される。舐め箸をしてはいけない、箸で人を指してはいけない、お茶碗のご飯に箸を挿してはいけない、などのマナーを叩きこまれる。
また、長さの違う箸を使ってはいけない。これは不吉で、誰かが死ぬことを想像させるからだ。箸でお茶碗を叩いてはいけない。これは乞食の行いで、貧乏になることを想像させるからだ。
中国の箸が長くてまっすぐなのは、漢民族の攻撃性を持たない民族性を表している。

日本も箸を使う国だ。日本は中国に代わり箸の文化を伝承している。しかし、日本に箸が伝わった後、中国とは別の道を歩んだようだ。中国より短くなり、先がとがった形になってしまった。これは大和民族の特徴と似ている。彼らは攻撃性があるのだ。

そして、日本には箸に関する禁忌が中国よりも多い。日本には25もの箸の禁忌が存在するらしい。中国人が日本人と食事をしたら、知らない間に日本の禁忌を犯しているかもしれない。日本は割り箸も使っているが、中国と違うのは、日本では日本の樹から作った割り箸がないことである。日本の割り箸は中国もしくは東南アジアからの輸入品。日本人は自国の環境保護に熱心のようだ。

最後に韓国と北朝鮮も、箸を使う国だ。半島に箸文化が伝わったら、木製をやめ金属製になってしまった。金属製が高級なのかは知らないが、韓国人が言うには、昔の朝鮮ではどんなに貧乏な人でも金属製の箸とお椀とスプーンを持っていた、という。半島には赤い料理が多いので、木製の箸を使っているとすぐに先端が赤く染まってしまうのだ。

また、半島人は焼き肉が好きなので、焼き肉にあわせ金属製の箸が誕生したとの説もある。いずれにしろ、半島人の食器は冷たい感じがする。たとえ温かいものを食べていても。半島人は食事の時にお茶碗を持たない。お茶碗を持つのは「ご飯が欲しい」という意味になるからだ。我々が韓国の箸を使いづらいと感じるのは、形が違うからだ。中国の円柱形でもなく、日本の上が太く先が細いものでもなく、平らの長方形だからだ。初めて使ったときには、上手くおかずをつかめず箸が手から落ちてしまった。

中国では家庭では誰の箸かというのは決まっておらず、自分の箸でおかずをつかみ相手にあげることもある。不衛生かもしれないが、人情が感じられる。
日本では中国と反対で、各人自分の箸がある。絶対に他の人の箸は使わない。自分の箸でおかずをつかみ相手にあげることはない。衛生的だが、人の温かみが感じられない。
韓国は比較的中国と似ている。食事は基本的に温かいものを食べる。

日本人が割り箸を使うのは、安土桃山時代の茶人山上宗二の茶道による“一期一会”の信念があるという。中国人が箸を洗い繰り返し使うのは、忍耐力のある民族性で粘り強さがあるからだ。朝鮮半島で金属製の箸を使うのは、大陸と島国の間にある半島の悲劇だったのだろう。日本人が割り箸を使うのは、“一期一会”に似た“一生に一度”という意識がそうさせたのだろう。

日中韓のとてもよく似ている箸の文化があれば、3カ国を統一できるかもしれない。





1. 名無しの中国人
韓国のあの金属の箸はマジで使いにくいな。



2. 名無しの中国人
箸って竹でできてたんじゃなかったっけ?
いつの間に木製になったんだ?



3. 名無しの中国人
この前友達と焼き肉に行ったが、金属製の箸がでてきた。
平らだし滑って使いにくかったよ・・・



4. 名無しの中国人
>>3
箸が長いか短いかはどうでもいいんだけど、
平らなのは使いにくいよね!!
気持ち悪い。
人類に反している!



5. 名無しの中国人
金属製の箸を使うのって理解できない!
熱くないの?
金属を口に入れたら吐きそうだぜ!!



6. 名無しの中国人
>>5
あれって、病院で口腔内調べる板みたいな感じがするよな!



7. 名無しの中国人
箸の長さと、各国の男の○○の長さが比例してそうだな。



8. 名無しの中国人
日本が割り箸を輸入してるのは、環境保護ではなくて、日本国内では人件費が高いからだよ。
林業やってる人も少ないから、安倍政府が林業振興を推進してる。



9. 名無しの中国人
日本の箸って形が変なんだけど。



10. 名無しの中国人
箸が長いと背も高いんじゃね?



11. 名無しの中国人
うちの家ではみんな箸の持ち方はそれぞれ。
誰もそれを気に留める人もいないし。



12. 名無しの中国人
俺は小さい頃から先のとがった箸使ってる。
四角い箸のほうが使いにくい。



13. 名無しの中国人
箸から三カ国の民族の富裕度がわかる。
中国は富裕国だから、油っぽい料理が多く、油が服に飛ばないように長い箸になっている。
日本は貧乏だったから、雑穀ご飯を食べている。
雑穀は粘り気がないから、短い箸でいい。
韓国は肉を食べる事が珍しいから、肉をスープにしてみんなが食べられるようにした。
だから韓国は三か国の中で唯一スプーンを使って米を食べる国なんだ。



14. 名無しの中国人
日本は木材輸出国で、中国が輸入してるんじゃなかったか?



15. 名無しの中国人
韓国の金属製の箸のこすれる音が大嫌い。



16. 名無しの中国人
日本料理や韓国焼き肉より、ベトナム料理やタイ料理のほうがおいしいと思う。



17. 名無しの中国人
日本料理は量がな・・・



18. 名無しの中国人
日本の食事って、量が少ないんじゃなくて、お茶碗が小さいんだよ。



19. 名無しの中国人
つまり、
日本:短くて細い 
韓国:平べったくて固い 
中国:長くて太い 
ってこと?



20. 名無しの中国人
日本の箸は人を殺せそうだな。



21. 名無しの中国人
日本の忍者は尖った箸を武器として使っていたと聞いたことがある。
手裏剣よりも命中率と威力が高いらしい。







もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ













PR



ブログパーツ アクセスランキング