中国人「日本人は刺身を食べる時にワサビを使っているがまさか消毒の為なのか?」 中国の反応

  • カテゴリ:料理
200329-001.jpg

日本人は刺身を食べる時にワサビを使っているがまさか消毒の為なのか?

刺身は日本人が大好きなグルメのひとつだ。食べる時の新鮮さ、そして良い調味料と併せて食べるのがうまい。刺身というのは実は中国から日本に伝わったものである!中国の古代先秦の時代、刺身を食べることが流行っていたが、歴史の変化とともに刺身はゆっくりと日本に伝わり、人気のグルメになった。だが衛生的な問題から、中国人は食べなくなってしまった。





 

日本人は刺身が好きなので、日本料理が起源だと思われているが、実際にずっと昔から日本の食習慣であることをちゃんと知っている人は少ない。刺身は日本での食べ方は簡単で、魚の切り身を一口大にしてしょうゆとワサビをつけて食べるというものだ。現代の中国人から見れば到底受け入れられないものだが、日本人は大好きだ。コメよりも多く食べることもあるという。


200329-002.jpg


日本には様々な魚の食べ方があり、刺身はもちろん火を通したり干したりすることもある。しかし、やはり日本人が最も好むのが刺身で、国賓をもてなすときも普通の家庭で客を招待するときも食べる。
ところで、刺身にはカラシをつけることが多いがそれはなぜなのか?消毒のためだろうか?


200329-003.jpg


カラシについてはみんなよくわからないだろう。日本人が刺身を食べる時はカラシをつけるものだと考えられているが、実はそうではない。厳密には、ワサビをつけるのだ。ワサビはそこまで刺激も強くなく、魚の生臭さを消してくれるため、薬味として日本人が好んで使うものである。微生物の繁殖も抑えられるが、寄生虫までは殺すことができない。


200329-004.jpg


結局のところ昔の日本は資源が乏しく、刺身やコメを食べられる人はとても少なかったのだ。最初は刺身を食べる時もワサビを使っていなかったが、ワサビが刺身の生臭さを消すことがわかったので普及し、現在に至っている。もちろんすべての人がワサビを使うわけではない。日本にもワサビが苦手な人はいて、個人の習慣の問題だ。

今回の件について、みんなはどう思うだろうか?


200329-005.jpg





1. 名無しの中国人
深海魚には細菌がいないし栄養もあるから中国人も好んでいるが、条件が合わないんだよな。



2. 名無しの中国人
日本の魚にも寄生虫がいるし、比較的安全というだけだからな。
今に至るまでまだ人類に感染する病が見つかっていないだけという可能性もあるし。



3. 名無しの中国人
個人的な意見としては刺身にはレモン汁がいいな。
殺菌もちゃんとできる。
レモン汁に10分漬けてから食べると安全だぞ。



4. 名無しの中国人
実際は科学的理由だろう。
魚類は冷たいから熱で中和するんだ。
信じないというならワサビの量を増やしてみるといい。
おしっこも熱くなるぞ。
それが刺身にワサビをつける理由だよ。



5. 名無しの中国人
カラシと刺身を一緒に食べるのは中国から日本に伝わったんだ。
カラシは中国伝統の調味料で、秦の時代には記録が残っている。
我が国の伝統である五味、辛甘苦酸塩のうち辛さはカラシとショウガのことだ。



6. 名無しの中国人
>>5
カラシとワサビは全然違うよ。
中国では食べる文化はなかった。
近年になってから食べるようになったが。



7. 名無しの中国人
中国人も好きだぞ。
ただ高すぎるんだよ。



8. 名無しの中国人
カラシはカラシ菜から作った黄色い粉末で安価だよ。
緑色のタイプもあるが。
ワサビは同じ緑でも高いよな。



9. 名無しの中国人
日本の魚なら寄生虫はいないのか?
そもそもワサビってなんなんだよ?
トウガラシの一種か?



10. 名無しの中国人
魚の寄生虫なんて大したことないよ。
もし本当に刺身を食べて病気になるなら誰も食べようとしないはずだ。
ただ中国の安全衛生がダメってだけだ。



11. 名無しの中国人
違うぞ!
海の魚にも寄生虫はいて、海水で生きられないだけなんだ。
汚染された環境下の魚には寄生虫の問題があり、火を通しても危険なんだぞ!



12. 名無しの中国人
ワサビは調味料であって殺菌や寄生虫に関しては何の意味もないよね。



13. 名無しの中国人
ワサビは辛味が非常に強いけど、一度食べるとクセになってまた食べたくなるんだよな。



14. 名無しの中国人
いい魚はワサビがなくても食べられるぞ。



15. 名無しの中国人
やはり文化の伝承、科学技術の研究は千年はかかるということだな。







もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ













PR



ブログパーツ アクセスランキング