中国人「なぜ先進国の日本の街中に電柱が立ち並んでいるのか?」 中国の反応

  • カテゴリ:社会
201204-001.png

なぜ先進国の日本の街中に電柱が立ち並んでいるのか?

「日本では何を見るべきか?火山や桜やアニメを見る?」
「街中の電柱と電線が一番の見所だよ」

こんなジョークを言う人がいますが、このジョークにはそれなりの理由があります。
アジアの中でも先進国の一つである日本では、昔から「先進国」とは似つかわしくない現象が起きています。 統計によると、日本には3500万本以上の電柱があり、年間約7万本のペースで増加しており、一人当たり平均3.5本となっています。一方、経済的に豊かな都市では、都市の美観や安全面での危険性を軽減するために、ケーブル・トゥ・グラウンドが実現されて久しいのですが、先進国の日本では、なぜいまだに電柱があちこちに立っているのでしょうか。





 

膨大な数の電柱は歴史が遺した問題である

これは日本の経済発展の歴史的遺産とも言えます。 19世紀の明治維新の時期には、日本は欧米の産業革命の最後の列車に追いつき、日本の急速な上昇と先進資本主義国の中で、強力な国力、日本の急速な電気の普及に支えられた産業変革を遂げました。 しかし、日本の初期の開発はあまりにも急速であったため、電線の数は急増し、現代の街中は電柱でいっぱいとなってしまっています。


201204-002.png


しかし、電柱がいっぱいの通りは景観に影響を与えており、「無電柱率」を他の都市と比較すると、なぜ日本はこれらの古くてごちゃごちゃした電柱を排除していないのかと不可解な気持ちになります。 国土交通省が発表したデータによると、ロンドン、パリは無電柱率100%、シンガポール、ベルリン、ニューヨークは無電柱率80%以上、日本全体(都市部の幹線道路)は15%にとどまっていますが、首都東京主要都市でも41%にとどまっています。 先進国でもある日本が、なぜこれほどまでに送電線の地中化に消極的なのでしょうか。


201204-003.png

(世界の主要都市における無電線率)

日本の電柱に対する人々の美意識

街中の電柱を残しているのは見た目のためなのか?
本当にそうです。 ごちゃごちゃしていますが、日本の街並みには独特良さがあり、風情を感じることができます。 アニメではいつもリアルなシーンが映像になっているのを見ますが、綺麗で美しい映像には上からワイヤーを織り交ぜたものが点在していて、日本らしさを感じます。 アニメのイメージに近いリアルなシーンを求めて、今でも多くの海外ファンが日本に足を運んでいます。 電柱が日本文化の呼び水になっているとも言えます。


201204-004.png


地震やその他の不確実性は、地中のケーブルに潜在的な危険をもたらします。
無電柱化はケーブルが地中にあるのが一番ですが、東電は地中送電網に反対しています。 彼らの見解では、ケーブルが断線した場合、端点検出装置の精度に限界があるため、断線箇所の位置を目視で迅速に判断することができず、地面を掘ることでしか断線箇所を見つけることができないそうです。 地震や水害などの自然災害が発生した場合、自然災害がなくても停電修理の長さが長くなると、破断点の位置を特定するために、膨大な作業量とコストを無視できません。 また、日本はプレートジャンクション地域に位置しており、地殻が非常に不安定で地震や活火山が多く、地中に送電網を構築する際には長期的な自然災害が避けられない問題として存在するのです。


201204-005.png


土地の私有化はケーブルの参入交渉が難しい

地中ケーブルを実現するためには、多くの土地資源を開発しなければなりませんでした。 奇しくも、日本の土地所有制度は、明治維新期に私有地が認められて改革されました。 長年にわたり、私有地の所有権と私有市民の利益の両方が強化されてきました。
今の日本社会では、政府には国民から土地を奪う権利はなく、自治体の建設や公益の名目で強制的に土地を奪うことはできず、協定の交渉をしなければなりません。

今の日本社会では、政府には国民から土地を奪う権利はなく、自治体の建設や公益の名目で強制的に土地を奪うことはできず、協定の交渉をしなければなりません。 その典型的な例が成田空港建設で、40年に及ぶ交渉の末、成田空港の南側拡張に必要な土地について7世帯を納得させることができず、ついには当初の計画であったB滑走路建設を断念せざるを得なくなりました。


201204-006.png

(B滑走路に干渉する土地)


交渉の難しさに加えて、政府が土地を収用する際には、住民に納得のいく補償と保障が必要です。 例えば、広島の旧市街再開発計画では、明確な法令や条例、算定基準があります。 宅地の収用は、土地の所有権から家の中の花瓶や植物まで、資産の評価に含めることができます。
「立ち退き世帯の生活水準を現在より低くしてはならない」というのが計画の基本でした。 土地の私有化が日本人の心に深く根付いていることは明らかであり、無電柱・無電線という目標を達成するためには長期的な交渉が必要なのです。

無電柱の土地を実現するには、コストと技術力が必要です。
根本的な問題は、日本政府が完全無電柱化には程遠い予算を出していることです。
以前、2020年の東京オリンピックのために、日本の国土交通省は、予算によると、「完全無電柱化」を達成するために東京の繁華街で最初に計画しています。国土交通省は、年間300億円(約18億8600万元)の最大値を提供するだけでなく、1キロあたり約6の平均コストで地面にワイヤーを埋めるためのプロジェクトがありました。 しかし政府の年間予算では50キロ分の電柱を埋められるだけで、この予測では2020年には350キロの電柱しか埋まらないのです。


201204-007.png


一方で、100年以上も電柱が存在してきた日本の資本主義社会では、電柱にはあまりにも多くの機能が付与されており、解体すれば「一つのものが別のものにつながる」という状況に直面することになるでしょう。 しばらくは停電は避けられず、企業にも大きな被害が出ることでしょう。 送電線をケーブルに置き換えれば、間違いなく長い間トラフィックに影響が出ます。 無電柱の土地を実現するにはコストがかかりますし、作業量も多く、影響も広範囲に及ぶと言えます。


201204-008.png


日本の街中に並ぶ電柱は、歴史的な堆積物と時代の発展の結果、日本人に愛され、嫌われる存在となっています。





1. 名無しの中国人
大阪や奈良をはじめ、日本の多くの都市の道路には電柱や電線が立ち並んでるよね。



2. 名無しの中国人
正直、東京は中国の三線都市にすら敵わない。



3. 名無しの中国人
>>2
東京は繁栄、都市開発、経営の面で上海や北京よりも遥かに先を行っているよ。



4. 名無しの中国人
地震国家だからな。
空中にある電線は簡単には切れないし、修復も簡単なんだよ。



5. 名無しの中国人
しかし、落下した電線は火災を起こしたり、歩行者にとっては安全ではなかったり、交通の妨げになって救助を妨げたりすることもあるんだぞ。



6. 名無しの中国人
実際の状況では地下に埋めてしまった方がより安全だよ。
特大地震が起きて道路が断裂するようなことでもない限りはな。
もし特大地震が起きて家屋が倒壊してしまったら、電柱も当然倒れるだろうが、修復速度はかなり早いはずだ。
そういう状況では地下に埋めるよりもずっといいかもな。



7. 名無しの中国人
地震が多い国なのは分かるが、電柱が倒れるほどの大地震なんて10年に1度どこか一部の地域に来るだけだろ?
日本全土が10年に1度大地震に襲われてるなら分かるが。
少なくとも東京は100年くらいは大地震来てないぞ。



8. 名無しの中国人
インドの電柱を見てみろよ。
あれも風情があるか?



9. 名無しの中国人
わざわざ他国と比較する必要はない。
どうせ我が国は他国よりずっと遅れているんだからな。



10. 名無しの中国人
初期の資本主義の急速な工業化の痕跡を残すのは、街中の電柱と吊り下げられた電線だ。
実際に見るとかなり可愛げがあって、歴史的な味わいがあるんだよな。



11. 名無しの中国人
中国の都市では電柱は減ったが、街路灯電柱、監視電柱、標識電柱、自動車信号電柱、歩行者信号電柱など、様々な無線電柱が増えている。
電柱の総数は増えているが、地面に入るかどうかは二の次で、総合的に使えるかどうかがポイントになっている。 今や交差点に立っている電柱は20~30本どころじゃないぞ。



12. 名無しの中国人
日本の土地は私有地だから、動かそうと思って動かせるものではない。



13. 名無しの中国人
街並みのきれいさは我々が自慢できることだよな!
しかし、その実際の意味と効果は期待するほどでもないだろ。



14. 名無しの中国人
電柱って落ちこぼれを意味するものなのか?
戦争が起きたりしたら地下の配線をどうやって修復するんだよ?



15. 名無しの中国人
日本は地質災害が多く、独特の地理的環境があるから仕方がない。
メンテナンスがしやすく、きれいとは言えないが、全体的には電柱は悪くはないよ。



16. 名無しの中国人
イギリスに行けば、いたるところに公衆電話のブースがあるんだぞ。



17. 名無しの中国人
そうか、私が日本に行った時になにか寂しいと思ったのは電柱と電線がなかったからだったわ。
東京の中心部はあまり電柱ないよ。



18. 名無しの中国人
通りの上のすべての電柱は、鳥が足を休めるためのものです。とか言ってるよな。
なんて高尚な考えなんだよ!







もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ













PR



ブログパーツ アクセスランキング