中国人「日本の漫画雑誌:ジャンプの歴史がコチラ」 中国の反応

  • カテゴリ:文化
210109-001.jpg

日本の漫画雑誌:ジャンプの歴史

1926年、日本で2番目に大きな出版社「小学館」から独立して集英社が設立。
その集英社が1968年に創刊を始めたのがジャンプ。
小学館から独立したいというのが「ジャンプ」という名前の由来らしいです。
創刊後は平均毎週324万部を発行部数で、1995年、最高発行部数653万部を達成。
これは日本人の12人に1人が読んでいた計算。
それ以降、今でも週刊少年漫画のトップであり続け、若者たちに多くの影響を与えています。





 



1. 名無しの中国人
日本のジャンプはやはり1番だね。
1番好きなのはブリーチ。
しかし、ブリーチの最後の方はあんま人気無かったそうだね・・・



2. 名無しの中国人
90年台から日本の漫画が中国に流れてきて、どうやって人気になったのかはよくわからないけど、
聖闘士星矢、ドラゴンボール、SILENT NIGHT 翔、風魔の小次郎、北斗の拳、シティーハンター、ジョジョ、幽☆遊☆白書
を知らない人はいないね。



3. 名無しの中国人
私は中学校から日本の漫画を読み始めたよ。
その時に1番人気だったのはシティーハンターだったな。
それから日本の漫画が私のライフワークになった。
今でも読み続けているよ。



4. 名無しの中国人
日本の漫画とアニメは生活の一部になってるなぁ。
日本の漫画家に感謝だよ。



5. 名無しの中国人
90年代からジャンプは大人気になって、どんなに貧乏でも頑張って買ってたな。
いまだにその時代のジャンプが残ってるよ。
捨てられないんだよね。



6. 名無しの中国人
ジャンプは日本の漫画を世界的なものにしたと思う。



7. 名無しの中国人
私が住んでた所にはジャンプしか売ってなかった。
毎月1度にまとめて発売される。
安くて誰でも買えるし大人気だったな。



8. 名無しの中国人
私が思い出すのはドラえもん。
すごく懐かしい。
当時は小学校の時に家族と一緒に読んですごく楽しかったよ。
今はそういう楽しみも無くなっちゃったなぁ・・・・



9. 名無しの中国人
>>8
ドラえもんはジャンプ関係ねぇ・・・



10. 名無しの中国人
今まで私の読んできた漫画は全てジャンプだったよ。
ジャンプを超える雑誌ってあるの?



11. 名無しの中国人
小さい頃のやってたテレビはほとんど、ジャンプ作品のアニメだったよ。
最近はほとんど中国産のつまらないアニメしか放送してないね。
良い思い出だ。



12. 名無しの中国人
記事見て初めて知ったけど、日本の漫画の歴史がこんなに凄いとは知らなかった。



13. 名無しの中国人
私が1番愛するのはジャンプの漫画でした。
日本の漫画の黄金期はもう終わってしまったと感じる。
現在の漫画業界は前に比べると、元気が無いね。
冷や飯を焼き飯にするしかないのか・・・



14. 名無しの中国人
今もトップの少年誌だよ。
鬼滅の刃、僕のヒーローアカデミア、約束のネバーランド、どれも人気だ。



15. 名無しの中国人
私はいつ頃から日本の漫画を好きになったのかもう覚えていない。
覚えているのは読んだ漫画が全てジャンプだったって事くらいだ。
ジャンプは私に最も影響を与えた雑誌だ。
ジャンプ無しの生活なんて考えられないね。



16. 名無しの中国人
自分が今まで色んな日本の漫画を見てきたんだけど、やっぱりジャンプだわ。
ジャンプはどんな漫画誌よりも最強!



17. 名無しの中国人
十何年前はスラムダンクが好きだった。
それから十何年後の今の私もスラムダンクが好きだ。
桜木花道みたいなキャラクターを生み出せるのはこの作品しか無いよ。
井上雄彦は人間じゃない。
神様だ!!!



18. 名無しの中国人
お前らドラゴンボールの話出さないとかわざとなのか?



19. 名無しの中国人
もちろんドラゴンボールは老若男女、人種国籍問わずに知らない奴なんていないだろう。
世間と隔絶されて、山奥で熊猫(パンダ)と生活してる爺さんだって知ってる。
今更出すほどの話でもないと思ったから出なかっただけだろ。



20. 名無しの中国人
ワンピースや鬼滅の刃はドラゴンボールを追い越すことは出来るだろうか



21. 名無しの中国人
>>20
ワンピース(笑)鬼滅の刃(笑)
ドラゴンボール1巻にも及ばないよ。



22. 名無しの中国人
中国の漫画はどうしてあんなにつまらないんだろうね。
憤青の方々も決して触れないタブーのような扱いになってるし。
これからも漫画・アニメの世界はずっと日本最強だろうな。







もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ













PR



ブログパーツ アクセスランキング