中国人「日本に住んでいる中国人が本国の人に言わない真実」 中国の反応

  • カテゴリ:移住
210115-001.jpg

日本に住んでいる中国人が本国の人に言わない真実

外国からは日本の明るい面しか見ない人が多い。
空気がきれいだとか、地下鉄の乗客の質が高いとか、そういったことは国内では多くの人が話してる。
しかし、外国人を拒絶する大家が多いこと、外国人従業員を拒絶する会社や店が多いこと、警察が国民を優遇していること、あらゆる「ハラスメント」や「違い」を伝えることはほとんどないこと、早稲田や一橋の下にはFランク大学にしか合格できない大勢の人がいることなどなどはあまり語られない。
あと他にどんなものがあるだろう?





 



1. 名無しの中国人
近年の日本の生活の質は中国ほどではない。



2. 名無しの中国人
真相に耳を傾ける人なんていないよ。
いまだに日本の果物や野菜が一番農薬が少なくて日本人は健康的だと思っている人が多い。



3. 名無しの中国人
日本の市販薬は基本的にジャンクで時代遅れのもので、中国ではおそらく何年も前に誰も使わなくなったもの。



4. 名無しの中国人
>>3
小さなクリニックで処方される薬の多くは、中国でも三流の薬だよな・・・
日本は新薬の導入が遅いね。
医療レベルは高いと思うが。



5. 名無しの中国人
日本の処方薬は絶対的に安全で最も効果があるものを優先してるんだよ。



6. 名無しの中国人
日本は私立の大学付属校というのがあって、例えば、慶応の小学校なら、入学してしまえば大学までエスカレーター式に問題なく卒業できる。
しかし、小学校は入学するのが非常に難しく、学費も相当のものだ。
お金だけでは足りず、社会的な関係性、親の社会的地位にも左右される。
安倍さんのような人はそういうとこに行く。



7. 名無しの中国人
日本の良い高校は基本的に私立で、今でも男子校が多い。
例えば開成高校は年間200名以上の東大入学実績があり、30年以上日本一だ。
公立高校に行っても全く役に立たない。
国内で言えば菜場学校に相当するもので、ただの無駄でしかない。
私塾の鉄緑会は、年間400名以上、東大医学部の半分以上が受験固定に近く、東大受験をする人以外は恥ずかしくて入塾できない。
日本の教育資源独占は深刻すぎる。
地方の人間の進学先は私立大学ばかりだよ。



8. 名無しの中国人
最も悲惨なのは、貧しい家族の子供だ。
私立しか合格していない場合、授業料を支払うためのお金を借りなければならないが、有名私立以外だと卒業しても月給20万だ。
300万から500万のローンを返済するとなればいつまでかかるかわからない・・・
結局のところ普通の大学だと専門学校卒や高卒とあまり給料も変わらないんだ。
それに多くの犠牲を払う価値があるか考えるべきだろう。



9. 名無しの中国人
私は日本によく行ってたからよく分かる。
日本のエリート教育は高すぎるんだよな。
塾なんかも異常な価格だ。



10. 名無しの中国人
それぞれが独自の長所と短所を持っていると言うことができる。
日本の方が多く稼げる可能性は高いしメリットも多いが、支払う費用もかなりのものだ。
同じ年収50万元でも、国内と日本では状況が違う。
年収10万元なら国内ではなんとかなるが、日本では餓死してしまうしな。



11. 名無しの中国人
日本の底辺層の生活水準は中国のフォックスコン労働者と比べてどれくらい高いの?
家が買えるようになるのはどれくらい先なのかな?



12. 名無しの中国人
>>11
日本も底辺は家を買う余裕なんてないよ・・・
でも、日本の貧乏人(年収122万円)16%は中国山間部の村人より生活環境が良いし、フォックスコンの底辺労働者と比較するのは本当に難しい・・・



13. 名無しの中国人
日本は低所得層でもアメリカよりかなりいい暮らしができるよね。



14. 名無しの中国人
日本は国民皆保険だから医療面では比較的優れていると思うんだが。



15. 名無しの中国人
公的な医療保険がある国はその制度を維持するために税金の徴収もかなりあるものだぞ。



16. 名無しの中国人
実は日本は医療費が高い。
公的保険制度がしっかりしてるおかげで病院は経営努力をせず放漫経営になっていて、そこに世界一の高齢化先進国だから凄まじい悪循環に陥っている。



17. 名無しの中国人
それなのになぜ今、日本への移民がかなり熱いのか?
みんな騙されてるのかな?



18. 名無しの中国人
>>17
良いことも悪いこともあるから。
少なくとも日本は古い先進国であり、良いことの方が多い。
アメリカは銃社会で撃たれる危険性があるからな。
もちろん留学サポート企業や労働斡旋業者は良いことしか言わない。







もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ













PR



ブログパーツ アクセスランキング