中国人「中国の刀は全然話題にならないから日本刀について語ろう…」 中国の反応

  • カテゴリ:文化
  • コメント:36件
210206-002.jpg

中国の刀は全然話題にならないから

日本刀について語ろう・・・





 



1. 名無しの中国人
日本刀は硬すぎて簡単に折れる。



2. 名無しの中国人
>>1 
刃は硬いが刀身には柔らかい鉄が入っている。
とても耐久力あるよ。



3. 名無しの中国人
日本刀の耐久力決定で最も重要なのは焼き入れだ。
これは古いやり方に頼らざるをえない。
油焼入れの技術で代替できるが、そうなると厳密には日本刀とは呼べなくなる。



4. 名無しの中国人
日本刀は死体を斬るテストをする。
極上の日本刀の一太刀は数体の死体を斬ることができる。



5. 名無しの中国人
>>4
日本刀はうまく使えば人を真っ二つにできるそうだな。



6. 名無しの中国人
日本刀は鎧の上から斬ることを重視する流派が少ない。
そういう場合は特大の野太刀を使う。
一般に剣客が人を斬る時には急所をちょっと斬るだけ。
人を真っ二つにするようなのは実戦ではまず有り得ない。



7. 名無しの中国人
前にテレビで見たが、銃と刀を戦わせた結果、弾丸が真っ二つになってたよ。



8. 名無しの中国人
>>7
弾丸は比較的脆いだろう。
日本刀は鈍器が苦手だよ。
それに骨を斬れば3~5本で刃がダメになるぞ。



9. 名無しの中国人
日本刀は鉄の鎧を斬れないが、直接刺したらいける。



10. 名無しの中国人
>>9
鉄の鎧の場合は唐刀の方が有利だな。
唐刀は鉄の鎧を切れる。



11. 名無しの中国人
唐の刀と比べればわかるよ。
昔から日本には資源が少なかったから、鉄の鎧はなくて日本刀は比較的薄かったんだ。
肉を斬るのは得意だった。
中国には鉄が多く唐の刀は厚く、鎧を斬るのに適していた。



12. 名無しの中国人
どんな刀であれ叩いたり使い込めば刃がダメになるでしょ。



13. 名無しの中国人
私が見た歴史の資料では、日本軍は一斬りで10の頭を割ったそうだよ。
昔の書物だからどんな刀を使っていたのかはわからないけどね。



14. 名無しの中国人
>>13
第二次大戦時に日本の工場で大量生産されていた種類のものと鍛冶職人が作ったものは全然違うからな。
鍛冶職人が作った刀は西洋刀よりも良いものだったが、皇軍将校が持っていたのは量産された質の悪いものだよ。



15. 名無しの中国人
>>14 
第二次世界大戦時期、日本軍は西洋の指揮刀を使うのをやめた。
そして以前に没収した刀を軍人に支給した。
南京の百人切りの鬼子たちは、人の首で試し斬りをしていた。
使っていたのは交換した後の良質な刀だろうね。



16. 名無しの中国人
「日本刀の鋭利さ」か「戦闘力」か、どっちを言っているんだ?
日本刀といっても色んな種類があるんだぞ。



17. 名無しの中国人
>>16 
戦闘における日本刀はどうだったんだ?
どれだけの戦場で使われたんだ?



18. 名無しの中国人
>>17
古くから使用されてたけど、戦果はいまいち。
主に首を落とすのに使われてたそうだ。
中世日本は刀よりも、槍や弓を使っていた。



19. 名無しの中国人
日本刀は軽いんだろ?
スピードでは優勢なのでは?



20. 名無しの中国人
慣性と質量の関係で考えれば、日本の刀は斬るときの威力が大きい気がするな。



21. 名無しの中国人
日本人の鎧を見てみろよ。
特に戦国時代の普通の兵士のもの。
基本的に壊れやすいものだ。
もし日本の兵士が使ったのが騎士の鎧なら、日本刀は主流になりえなかっただろうね。



22. 名無しの中国人
日本では鉄は高く、銅はもっと高かった。
鈍器は木製のものしかなかったんだ。



23. 名無しの中国人
日本のアニメでは日本刀の力が誇張されすぎている。
特にワンピースが甚だしい。
鉄を斬るなんて不可能だ。
それに日本刀は斬るときの力が強すぎれば簡単に折れてしまう。
剣とは違うんだよ。



24. 名無しの中国人
日本刀は一般に決闘と指揮に用いられていたものだよ。
漢剣と同じだ。身分の象徴なんだ。



25. 名無しの中国人
昔の日本軍の将校は、腰に日本刀を差していてすごくクールだった。



26. 名無しの中国人
>>25
指揮刀と日本刀は別物だぞ。
日本軍の日本刀は重く、指揮刀は軽い。
日本軍は以前軍全体で指揮刀を使用していた。
その結果当時の陸軍大刀隊と指揮刀を持った日本軍は大損をしてしまったため、日本刀に改めることにしたんだ。



27. 名無しの中国人
日本刀の刀身は軽く、刃は比較的硬度が高い。
だから脆いんだよ。
硬いもので硬いものは壊せない。
日本刀は剣術でしか勝てない。
速さが命だ。
だが普通の人はそこまでたどり着けない。
それに大刀などは適当に振り回しても人を切れるし、何も考えなくていい。
コストも低く耐久性も高い。
日本刀は人の技術に依存する。
刀を振るスピードなどだ。
刀が軽いから。
大刀はその質量に頼り、刃が止まったとしても傷を負わせられる。



28. 名無しの中国人
明や清などでは徴兵が盛んだったから農民に刀を持たせた兵がメインで、武器の質は低かったんだ。
日本の武士は職業だから武器は自分で買うもので、武器の悪さは死を意味した。
だから武器の質に対する要求が高かったんだよ。







もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ











コメント一覧

357151- ▼このコメントへ返信
やたら詳しいな!?
中国は人口多いから、どの分野でも一定数は詳しい人がいるのかな???
357152- ▼このコメントへ返信
中国人は韓国人みたいに起源主張しないからまともだな。
357153通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本刀は脆くて人間を数人人切れば使い物にならなくなるといいつつ百人切りは無批判で信じるっていういんだからバカだよな
357157通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
文禄慶長の役で武装した明人も刀で滅多切りだったよねw
357158- ▼このコメントへ返信
そりゃ、江戸時代末期の飾り刀やろ
生涯刀抜かず、ずっと役所勤もいるからな
戦国あたりの刀はもっと太くて少し短め
甲冑とかは切れないが、隙間から刺したりしてた代物
時代によって刀は形変えれるし、火縄銃や大砲出来てから段々と使われんくなった
明治政府がフランス式の軍刀採用して完全日本潰えた
357161通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※1
世界中に色んなヲタ・マニアは居てるからな~
中国人で戦国時代とかやたら詳しいの居るやろ
この手のは中国でも検閲は入らんからな

二次大戦辺りのだとテョンみたいに妄想優先やけどなw
357162- ▼このコメントへ返信
刀が軽いってね
想像でばっか話してのがよく分かるw
357163通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
素人は日本刀より ナタの方が実践的な感じがする
357164- ▼このコメントへ返信
シッタカだらけだな
日本刀は硬くて柔らかく
重くて軽いんだよ
反っているから抜きやすいし
効率良く切れる

武蔵太郎は売ってしまったが
野武士が使っていたボロいのは
6本くらい残っている
357165通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本刀っていっても色々あるんだが
実戦で使った戦場刀は耐久性あるだろ
357166通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※1
朝鮮人みたいに願望で話さないし、かなり正確に理解してるのもいるな。
357167通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
林子平は日本刀で唐屋敷の門の閂を一刀で切断し、
出島で束ねた洋刀七本を一刀で叩き切った

357168- ▼このコメントへ返信
某国と違って正誤はわからんけど…議論になってるから見てても楽しい
357169通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
青龍刀とか好きだけどあんまり話題にならないよね
っていうかあれは見世物か・・・
357170通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>唐刀は鉄の鎧を切れる。
寝ぼけてんのか?
唐の時代の唐大刀は日本に現存しているがそんな性能は無い。
それに太刀より軽い片手の直刀だぞ。
そして日本刀は振ったときに軽く感じるだけで実際の重さは同サイズの剣に比べて軽いわけでは無い。
357171- ▼このコメントへ返信
青龍刀は取り回しやすく切れるから好きだけどな
柳葉刀はゴミだが
中国刀は種類で切れ味を分けるのが駄目
357173通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
まあ百人切りはおいといて
道具は単純であればあるほど作り手や使い手の技量に左右されるんだから
刀で何人切るのが可能かってあんま意味のない議論だと思うな
青龍偃月刀とかロマンだけど見栄えのする武器はほぼ儀礼用だったりお芝居の小道具なんだよね
中国は古代の戦車とか投石器とか火器とか面白いもんいっぱいあるんだからそっち語って
357174通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
バカ高い名刀と数打ちの普及版ナンチャッテ日本刀を一緒に語っても意味ないっしょ

日本軍の将校が持ってた軍刀の多くは、まがい物で写真撮影でカッコつける以外の用途はなかったw

357176通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>日本のアニメでは日本刀の力が誇張されすぎている。
>特にワンピースが甚だしい。鉄を斬るなんて不可能だ。

馬鹿かこいつ、アニメを現実と比べるな低能w
357177通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
抗日ドラマの中国人の手刀>>>>>日本刀
357178(´・ω・`) ▼このコメントへ返信
組み技とかも考えたら重装ってデメリットが多いんよな。
武器は薙刀や槍がメインでサブで刀と脇差、防具は組み技出来る可動範囲と軽さってあたりがバランス取れてると思う。
357179- ▼このコメントへ返信
スゲーバカだけど、朝鮮人よりはマシな妄想だな。

バカだけど。
357180通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
新選組が依頼した刀の修理目録をみると、かなり損傷が激しいよね。
だけどそう毎日切りあいはしないし、複数本持ってるから使い捨て感覚なんだと思うよ。
もちろん名刀は大事に保存してて使わないの。
357181通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※18
コマンダーが持ってるサーベルでチャンバラするアフォはいないよな。
日本軍は小銃を持ってないと思っているんだろうか?
357183- ▼このコメントへ返信
国土の7割が山の日本で重装なんて流行るはずがなかった
軽装のモンゴル兵に蹂躙されるヨーロッパの重装兵はどんな気持ちだったろうな
357186通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※25
平安〜鎌倉の頃の武士は、世界的にもほとんど他に例のない「重装弓騎兵」というよく分からん兵種だったわけですが
弓を使う以上は盾を持つわけにいかないので敵からの矢は重装鎧で防ぎ、重装鎧によって低下する機動力は馬で補う、ある意味合理的な装備ではあるのです
主武装が射程のある長弓なので、ヨーロッパの重装騎兵と異なりモンゴルの軽装弓騎兵に一方的に翻弄されることもなく、騎兵が縦横無尽に駆け回れる平原のない日本の国土においてはモンゴル弓騎兵の機動性も十分には発揮できなかったことが、元寇における日本側の大きなアドバンテージになっていたのは疑いない事実ですな
357187- ▼このコメントへ返信
>>南京の百人切りの鬼子たちは
このあからさまな捏造は信じるんだから
いかに中国人の頭が悪いかだよなw
357188通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
いや中国の刀を話題にしてくれよ
357189通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
毛沢東時代でも鉄と鋼の区別がついてなかった国だからな、中国は。
秀吉の朝鮮出兵時の時、明国、朝鮮は鉄の武器で、日本は鋼の武器。

357191通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
まあこいつらはおそらく北宋の欧陽脩が作った日本刀歌も知らないだろうし、対明貿易で日本刀が大量に明国へ輸出されていたのも知らなさそうだよな。
357197暴君  ▼このコメントへ返信
 
 中国人は、韓国人より客観的・合理的に考えるから、

議論できそうだし油断できない。
357199通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※25
日本の戦国時代とかは同時代で比べるとかなりの重装備だぞ

欧州は博物館とかにあるような鎧は貴族の鎧で兵士はもっと軽装。鎧きた貴族とその従者で構成されててて実際は鎖帷子くらい。それも重装備な方で、丈夫な布や革の服を装備しているレベル。今残ってる鎧は近代に入ってからのが多い。つまり日本風に言ったら明治とか幕末に技術がある状態で平安時代位の鎧をリメイクした復元品みたいなもの。日本は戦国時代すらすでに鉄砲が普及しているので、時代区分で言うと欧州のナポレオンより少し前くらいの分類に近い。近代に入ると火器が発達するので欧州でも鎧はパーツが減る。頭や胴体とかの重要な部分の銃弾を防ぐ発想になってる。近代の軍隊がヘルメットだけしているのと同じ。

中国人は勘違いしているが日本刀も結構特徴のある武器だが日本の鎧も実は結構特色があって、銃が出てくるまで同時代の鎧と比べたら異次元の性能。というか日本は装備で言うと、刀より鎧の方がやばいまである。大体刀で戦うイメージと違い実際はモンゴル軍の方が武士のイメージに近いくらいだしな
357201通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本刀の切れ味に驚いて輸入してたの、何処のどいつだよ
357203通りすがりの ▼このコメントへ返信
こういう比較話は好きだぞ
ただいきなり自分とこのを全否定して入るなよw
太刀はどう考えても中国由来だが、これが半島には「ない」から、中国南方からの直接伝来になるわなあ
玉鋼も謎技術だ
中国南方、楚の文化に日本刀に一応よく似た形状の「反り」がちょっとある武器があったが、それも中国の戦国時代から前漢の時代だ
同じ時代に、やはり楚で謎の製鉄の技術が出てくる
ところが玉鋼、ダマスク鋼までは全然行かない
一応秦の始皇帝陵に優れた鋳鉄技術の「片鱗」はあるが、あれイオンを利用した化学技術だもんなあ
いやまあそれはそれで凄いが
なんか同じ金属加工技術にしても、鋼より「銅」だとか、「銀」や「金」に目が向いてんだよな君らんとこ
「鉄は脆いもの」みたいな認識が長いこと続くし
以降、君らんとこは直刀が当たり前だし、鎧も武器も官製大量生産品だもんな
357251通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本に大陸から伝わった刀は切刃造で片手で扱う反りの無い直刀。
これは唐大刀の他、高麗様大刀、環頭大刀とあり朝鮮半島のから伝わった物も存在する。
その後10世紀頃に鎬造弯刀の日本刀へと移行するがその変化に大陸や半島からの影響は見られない。
製鉄技術は大陸から伝わったのは確かだろうが、それを言うなら古代中国もヒッタイトから製鉄技術が伝わったと考えられているのだから、中国独自の形状の鉄武器はトルコ由来の武器という事になるのだろうか?

紀元前に滅んでその後文化を受け継ぐモノが無かった礎の刀剣が10世紀頃に生まれた日本刀に影響を与えたという考察があるなら牽強付会と言えるだろう。

それと玉鋼とそれに連なる技術は江戸初期頃まで遡るが古代製鉄については謎のまま。
言い換えれば玉鋼の製鉄技術は日本オリジナルと言って良いと思う。
357255通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※6
日本にも妄想優先で結局イミフ打ち切りになった商業誌たくさんあるから、人のこと言えない。
なろうはもっと酷いことになってる

お名前:

TOR荒らし対策で少しコメント制限中です。ご不便をおかけして申し訳ありません。


PR



ブログパーツ アクセスランキング