中国人「日本に来て5年、日本社会の裏側が見えてきた」 中国の反応

  • カテゴリ:文化
210315-001.jpg

日本に来て5年、日本社会の裏側が見えてきた

ここ数日間、日本を褒め称える記事をいくつか書いてきましたが、そのような記事を掲載するたびに必ずコメント欄に「精日」「哈日」という言葉が出てきます。 しかし、日本の悪い面は社会問題であることが多く、これらの社会問題は表面的なものではなく、日本への旅行や出張だけでは見つけられない、深く考えて検証する時間が必要なものなのです。





 

日本にいる間、東京の賑やかな繁華街から静かな山や森まで、様々な場所に行ってきましたが、日本の社会にいることはそう簡単ではありませんでした。 国のことを知れば知るほど、国の「根底にある圧力」と「異常な」社会文化が「日本の特徴」のように思えてくるのです。

どこの国でも触れられない社会問題があり、それを声高に糾弾すると多くの人が非難されます。 日本の年功序列制度は昔からあり、今でも浸透しています。 企業では、年齢が高い人ほど給料が高く、役職も高く、多くの若者の出世は閉ざされています。 これに疑問があるのであれば、申し訳ありませんが、「社会の秩序に従わない人」と言われてしまいます。


210315-002.jpg


これは日本語では「本音と建前」と言われています。 "本音"は日本語で "真実"、"建前 "は "社交辞令"を意味します。 どこの国でも、普通は建前で話す人がいますが、日本のように建前にこれだけの価値を置く国はそうそうありません。 本当のことを言うと相手を動揺させてしまい、関係性にまで影響が出ることもあるので、相手の雰囲気を意識して、心にもないことを言うことが必要な場合もあります。

日本人は人に不平不満を持った時に何をするのか?建前が重要なので、相手の愚痴があっても、相手の前では言わずに後ろで話したり、相手を指刺したりしています。 コミュニケーションの観点からすると、これは本当に人間関係に悪いのですが、日本では受け入れざるを得ません。 そのため、表面上は平和そうに見える日本人も、裏ではどんな事を言っているかわかったものではありません。


210315-003.jpg


日本人なら誰もが知っている「カワイイ」というキャッチフレーズがありますが、これは食べているもの、使っているもの、好きではないけど他の言葉が見つからない人など、何にでも使える言葉です。 日本が「自分たちの印象を損なわないようにする」ためだけに使っている「化粧品用語」でもあるのです。彼らの「カワイイ」を鵜呑みにするのは危険なことだと言えるでしょう。

そのような雰囲気は日本社会全体にも及んでおり、一見「和気あいあい」としているように見えても、実は裏では「裏工作」がたくさん行われているのです。 これは、多くの企業が閉鎖されたドアの向こうで人事や国の運営方針を決定するために活動している社会的・国家的な組織において特に当てはまります。 結局のところ、このような慣習に慣れている人も多いかもしれませんが、世界の先進国、特にいわゆる「民主主義」の国を見ていると、このような透明性のない運用は「信じられない」ものです。 実際、物事を決める過程が「隠されている」ために、問題が起きたときに、説明の権限はすべてそれを作った側にあり、誰も咎めることができないというのは、率直に言って「責任回避」の慣習であることがよくわかります。


210315-004.jpg


日本には「同音圧力」という言葉がありますが、この圧力は目に見えない、目に見えない、触れることのできないものですが、本当に日本人の日常の行動に影響を与えています。 SMAPの歌には、ナンバーワンにならなくてもいい もともと特別なオンリーワンというセ歌詞があります。わざわざナンバーワンになろうとする必要はないし、他人がどう思うかに特別な注意を払う必要もない、あなただけが特別なんだから、ということを強調した歌詞になっています。 かつて日本の歌謡曲チャートの上位を独占したこの曲は、まさに日本人が口にするのを恐れている真摯さを歌っています。 しかし現実はやはり本音を口にすることはできない社会です。

日本人は「失敗」を非常に恐れています。 日本と取引をしたことがある人なら誰でも経験したことがあると思いますが、日本人は非常に「几帳面」で、時には確認することがおかしなことになっていることもあります。 もちろん、日本人が真面目なのは良いのですが、最終的には失敗を恐れてここまで極端なことをしてしまうのです。 日本社会には失敗を「許さない」という雰囲気があり、これは日本企業にも共通しています。 顧客の信頼を失った問題で倒産した日本企業の話はよく耳にしますが、海外ではほとんど聞きません。


210315-005.jpg


このような雰囲気があるからこそ、日本人は新しいものに対して非常に保守的になってしまったのです。 技術開発や新製品開発の面では、実は今の日本は遅れているのです。 日本の基礎産業は非常に発達していて、その基礎産業があるからこそ、実は世界で売れる商品を数多く成し遂げることができ、20世紀後半から21世紀初頭にかけて、ソニーやパナソニック、日本車が世界で売れるように日本は発展していったのです。 しかし、今の日本は消費者への直販商品が激減し、代わりに国産ブランドのシェアが増えています。 投資の失敗を恐れた企業は、自社の「エーカー」に徹し、事業拡大を止めてきたのです。 もちろん、これで会社の存続は確実になりますが、今後の発展のためのスペースがなくなってしまいました。

これらは日本社会の現実的な問題ですが、それは街中で見られるものではなく、日本企業や日本社会に深く入り込んでいかなければ体験できないものです。





1. 名無しの中国人
日本が多くの面でうまくいっていることは良いことであり、社会的ガバナンスは世界のモデルになっている。
こういう意見を「精日」と断じるべきではない。
我々は真剣に社会経営、ガバナンスにおける日本の成功体験を研究する必要があるんだよ。



2. 名無しの中国人
同感だ。
他人を「精日」「哈日」と非難する人は、世の中を客観的に合理的に見ることができないほど無知で心が狭いのに、自分の気持ちが良いと思っていることにすら気づいていない。
本当に頭が悪い。



3. 名無しの中国人
まさに、いわゆるソーシャルマネジメント、ガバナンスが日本の活力を取り戻す特効薬になっているんだよ。
一言で言えることではないが、理解しようと思えばコミュニケーションは可能だよ。



4. 名無しの中国人
日本の根本的な共通の問題は、現実を直視して真実を認めることを恐れているということですよ。



5. 名無しの中国人
完璧な天使のような人がいる国はこの世にないから。



6. 名無しの中国人
儒教が国にどんな影響を与えているのか知りたいなら、日本のことを勉強しておけばいいよ。



7. 名無しの中国人
>>6
儒教文化の博愛と正義は、まさに日本文化が軽蔑するものである。
彼らが求めているのは義理人情だ。
この義は博愛の義ではなく、人は義のために善悪を行う。



8. 名無しの中国人
>>6
日本はずっと昔から欧米化が進んでいる。
儒教の影響なんて皆無だぞ。



9. 名無しの中国人
この問題を発見するのに5年もかかったのか?



10. 名無しの中国人
たった5年で「日本社会の裏側が見えた」って何だよ・・・
日本社会は簡単すぎるんじゃないか。



11. 名無しの中国人
日本の良し悪しの根本原因は?
戦争も含めて日中関係の脈絡で考えた方が面白いと思うんだが。



12. 名無しの中国人
近隣諸国との関係は表面的なものであり、核心的な問題は日本そのものである。
結論を出すために偽善の仮面を捨てるかどうかは日本人次第だ。
だが日本の社会は閉塞感が強すぎて開かないから難しいだろうな。



13. 名無しの中国人
アメリカからの押し付け憲法があるにもかかわらず、日本は本当はすべてが西洋化されているわけではない。
日本は東洋と西洋の文化の良いところを組み合わせた国で、儒教の影響を極端に受けたエリート層がいる。
財閥は、日本の政治的・社会的な基盤だよ。



14. 名無しの中国人
日本社会はそう簡単にはいかないし、その国を知れば知るほど「下積み圧力」や「変態的」な社会文化があることがわかります。
これが「日本人の特徴」のようなものです。



15. 名無しの中国人
日本語の先生(日本人)が「5年は旅行の内、最低でも15年はいないと完全に理解できない」と言っていた。
私の日本語の先生は中国に40年もいても理解してるなんて言わないよ。



16. 名無しの中国人
日本の「建前」の詩的な虚構を肌で感じることができたよ。



17. 名無しの中国人
それも中国から学んだんじゃないかな。



18. 名無しの中国人
中国の問題を言っているのか!?
どこも同じだぞ。







もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ













PR



ブログパーツ アクセスランキング