中国人「なぜ日本人は切腹するときに介錯してもらうのか?」 中国の反応

  • カテゴリ:文化
  • コメント:24件
210624-001.jpg

なぜ日本人は切腹するときに介錯してもらうのか?

完全な割腹方法は、短刀でまず左腹部を刺し、右腹部を水平に「一」の字に切り、胸から下腹部を「十」の字に刺し、最後に刀を抜いて喉を刺すそうだ。

映画「ラストサムライ」では、長谷川将軍の兵が敗れて腹を切らされ、勝元が介錯をしていた。

芥川龍之介の「糸女覚え書」では、細川女史が自害するときに自分の侍に介錯を求めた。
凶悪な犯罪ではないのに、なぜ首をはねるのか?





 



1. 名無しの中国人
切腹をしてもすぐに死ぬわけではないので(切腹後、かなり経ってから死ぬ人もいる)、遅れれば遅れるほど切腹人の苦しみは大きくなる。
だから痛みを和らげるために介錯をするようだ。



2. 名無しの中国人
実際には、切腹の多くはポーズだけで刀すら持たない場合もある。
介錯こそが本番なんだよ。



3. 名無しの中国人
腹部の体の中で一番脂肪が多いところを切るので、縦に切った後、横にもナイフを引いて出血多量で少なくとも2、3時間で死ぬが、痛すぎるんだよな。



4. 名無しの中国人
切腹はすぐには死なないから・・・
出血多量が主な死因だから半日は生きていたりするんだぞ。



5. 名無しの中国人
「介錯」って字面からてっきり切腹前に自分の犯した間違いをみんなに紹介してくれる人だと思っていたよ。



6. 名無しの中国人
もともと切腹は痛みに耐えられる人であるふりをするために使われていたが、誰もそれに耐えられなくなり、取り返しがつかないと考え、切腹後に首をはねるようになったんだよ。
日本人は馬鹿なのかな。



7. 名無しの中国人
痛みを軽減するための役目だな。



8. 名無しの中国人
痛くて、しばらく死ねないから。
勇気を出して切腹したものの、その後の痛みに耐えられない。
すでに相手や主君に対して自分が武士であることを示しているのだから、その後は介錯を受け入れることができる。
しかし、最初の段階では、介錯なんて存在しなかった。
やはり日本人は猛者だよ。



9. 名無しの中国人
時々戦場での切腹をする将軍がいるが、介錯人は、あとから敵に見つかったり首を持ち去られたりするのを防ぐためにいるんだよ。



10. 名無しの中国人
首を切り取るわけじゃないぞ。
完全に切らずに繋がってる状態で絶命させるから、打首のような犯罪者への刑罰とはちょっと違う。



11. 名無しの中国人
介錯の失敗と言えば三島由紀夫だよな。



12. 名無しの中国人
三島由紀夫ってたしか介錯人を用意しなかったんだろ・・・



13. 名無しの中国人
介錯人はいたぞ。
でも何度か切るのに失敗して、居合の技術のある人に交代してやっと成功したんだよ。



14. 名無しの中国人
三島由紀夫は中国人にとって最も身近な日本人だろう。
最初の介錯人森田は何度か試したが失敗し、交代した。
そのあと森田も自責の念から自殺したぞ。



15. 名無しの中国人
切腹は武士の必修科目だったんだろう。
切腹を成功させてこそ、大日本帝国のサムライになれるからな。



16. 名無しの中国人
明治維新後、伝統的な武術の家系ではない兵士は、銃での自殺を選んだらしいな。



17. 名無しの中国人
ハラキリはほとんどの人が介錯を必要とするし、解釈も上手い人でないといけない。
第二次世界大戦では、ハラキリの代わりに銃があった。
将校が腹を切り、副官が背後から銃を撃った。
このやり方ならほとんど技術が必要ないからな。



18. 名無しの中国人
聞いた話では、腹を切るのは痛すぎるので実行した日本の将校は少なく、切った人でも半分が死ななかったそうだ。



19. 名無しの中国人
日本人は、魂はお腹の中にあると信じているらしいな。



20. 名無しの中国人
日本にはこういう文化の継承こそしっかりやってほしいものだ。







もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ











コメント一覧

362256通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
戦争始まればまた、出てくるんじゃないか?日本人は捕虜になるの恥だと思ってたから、刀を持たないで扇子で切ったふりするのは子供な。一応作法あるから。
362257- ▼このコメントへ返信
じゃ、切腹しろや。 介錯しねーから。

体験して知ればいい。
362258- ▼このコメントへ返信
武市半平太を知らないのか?三文字で有名だぞ!
362259- ▼このコメントへ返信
介錯は憐憫の心を持って行うべしと教わりました
362260通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※4
怖いんだがw
362261- ▼このコメントへ返信
チキンなチャイナには無理だわな
362262通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
痛みで苦しみ悶えて死に様が悪くなるので介錯
ただし本人から介錯無用と言われれば介錯人は手出しできない
362263- ▼このコメントへ返信
切腹の凄い所は罪人だろうが平民には行われなかった所だな
ただの罰ではなく責任の取り方だったということ
大きな権力には大きな責任が伴うことを日本人は昔から知っていた
362264通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>日本にはこういう文化の継承こそしっかりやってほしいものだ。

自分らで文化や歴史潰しておいて、他人に文化や歴史を騙るような存在になるよりかは、かなりマシな話かもな。
中国の伝統や歴史は、共産党が設定して認定しているからさ。
362267通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※1
日本語でお願いします💩
362268- ▼このコメントへ返信
どんな猛者でも腹痛には敵わない、ならハラキリがどれだけ苦痛か想像できない奴が多すぎるな
362269- ▼このコメントへ返信
切腹に関する話なら堺事件が好きだな
362270通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本人はバカなのかと言ってる奴がいるが
中国共産党に家畜同然に扱われている中国人のほとんどが
それに声もあげず、徹底的に支配されている様を見ていると
現代の中国人はバカしかいないのかと思うがな
362271通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>縦に切った後、横にもナイフを引いて
 
縦に斬った後で横に斬る切腹の作法は無いぞ
①左わき腹から右へ一文字に斬る(一般的な切腹)
②左から右に斬った後、上から下に斬る(堺事件の土佐藩士など一部の武士が実行)
③左から右に一文字に斬り、それを上下に場所を変え3回続ける(歴史上、武市瑞山ただ一人)
362272通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
介錯人で有名な代々の山田浅右衛門は刀剣の試し斬り依頼受けたり〇体から薬作って売ったりと、浪人身分でありながらかなり裕福だった
362274通りすがりの ▼このコメントへ返信
「介錯」って考え方自体、現代中国人にはわからんのかいな?
君らんとこにも、昔、戦国時代みたいなしょっちゅう戦場で殺し合いしてた頃には存在してたよ?
女子どもの介錯する話もある
中国人の自決は2種類、いわゆる「属髏(しょくる)の剣を賜う」と「毒をあおる」だ
中国の剣での自決は、左の頸動脈に自分で剣をあて、右手て押し込みながら引く
ただしこれはかなりの力(というか勢い)が必要だから、失敗でもしようもんならカッコつかないので、毒をあおるのが主流になった
日本も平和な江戸時代になれば「扇子腹」って、切腹時に三方に載せられてる小刀が扇子に変えられた
これが切腹される人の前3箇所にあるから、どれでも好きなやつに手を伸ばした時点で「即介錯」だった
だから実質「斬首」となんも変わらないんだが
斬首と切腹では名誉が違う、ってやつなんよ
362275通りすがりの ▼このコメントへ返信
日本も戦国時代ぐらいまでは滅茶苦茶エグかったぞ
作法がいろいろ伝わってるが、切るときに「縦には切るな、傷口が広がるだけで上手く死ねない」「前屈みにすると力が入り易いから、体の大きい者は、三方、あるいは戦場なら手頃な石を尻の下に引くといい」とか
君らんとこに凌遅刑ってあるけど、あれと並んで医学部だと今でも習うよ違う意味で
日本には無念腹(むねんばら)って、有名なエグい作法もある
これは「悔しくて堪らない時にする切腹時の作法」で、腹を横に切った後、中に手を突っ込んで、内臓(腸だな)をなるべく遠くにぶちまける、ってやつ
その後に介錯だから当然凄まじい形相の首になって、これが首実験で相手に晒される
実例として、織田信長三男の信孝が、最期秀吉に追い詰められて無念腹を切った話がある
その前までに信孝は自分の母親と娘を秀吉に殺されてるんだが、信孝の母親は信長の妻の一人だし、信孝の娘は信長の孫で、しかも当時せいぜい数えの2-3歳だったらしい
現場になった野間大坊(愛知県常滑市)には「信孝切腹の小太刀(血塗れ)」と「(腸がビシャアっと斜めに行った)血塗れの掛け軸」が今も残されてるよ
血液型はA型だそうな
362276通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
昔、書店で敗戦直後、将校が座敷で割腹自殺した写真が掲載されてる
本を見たことがある。

米軍が撮影した写真で、座したまま腹わたを畳上にあふれさせて絶命し
てました戦国時代にもない見事な割腹というべきか。

合掌。
362277通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
切腹した時、介錯なしで、
自分のハラワタを引きずり出して死ぬ人は、本当に根性あるし、
そうできるほどの憤怒ややりきれない思いを抱えてたんだと思う

上に書いている人がいるけども
簒奪した秀吉に切腹申しつけられてハラワタを投げつけた信長の三男信孝に、
丹羽長秀は切腹申しつけられたわけではないが、持病の苦痛と秀吉への怒りから切腹して、腹から虫なのか病根なのかを自分で手を入れて引っ張り出して、それを秀吉に送り付けた

幕末の丹羽家の二本松城では、藩の高位の人間が天守の脇で、床几に腰かけ軍扇を膝に広げ、その上に内臓を引きずり出して死んでいた。

切腹の時は興奮してテンションあがってるから、ハラワタを引きずり出すのは、結構やる気になればできるらしいという現在の医者の話を読んだことある

痛そうで聞いてしんどかったのが、終戦の日に自決した陸軍大将の切腹だな、、、
阿南だっけ、あれ痛くて苦しかったと思う

三島由紀夫もまず切腹というものにトライしたけど、痛くてびっくりしちゃったらしいね。
あの三島由紀夫が無理なんだもんなあ、やっぱり俺ら現代人には無理か・・・
362278通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
介錯も、手練れじゃないとできないからな
362298通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
切り落として首がどこかに転がって行ってしまうと格好がつかないため、首の皮一枚のこして斬るのが達人
362321通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
武士の情けだな
362384通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※1
>戦争始まればまた、出てくるんじゃないか?日本人は捕虜になるの恥だと思ってたから、刀を持たないで扇子で切ったふりするのは子供な。一応作法あるから。

恥うんぬんじゃなく、
西洋人の捕虜虐待の苛烈さが広まってるから自害するんだ、馬鹿ちょん。
なにせ民間人もターゲットだったからな
362387通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>日本にはこういう文化の継承こそしっかりやってほしいものだ。

中国人もまた纏足でも始めたら?

お名前:

TOR荒らし対策で少しコメント制限中です。ご不便をおかけして申し訳ありません。


PR



ブログパーツ アクセスランキング