中国人「なぜ小野妹子は「妹子」なの?これは日本人女性の名前では?」 中国の反応

  • カテゴリ:料理
  • コメント:47件
211123-001.jpg

なぜ小野妹子は「妹子」なの?

これは日本人女性の名前では?





 



1. 名無しの中国人
仮名書きの「小野妹子」は、「おの-の-いもこ」だ。
隋の時代の日本には仮名が存在しなかったので、「小野妹子」は後世の人が推定した漢字だろう。
日本人が自分の名前を名乗るときは、まず日本語を思い浮かべていたんだよ。
後に中国の影響を受けて日本語を漢字で書くようになった。
小野妹子の名前は「いもこ」だが、「いも」は「妹」のかなを借り、「こ」は「子」のかなを借りているので、「いもこ」は「妹子」になったわけだ。



2. 名無しの中国人
子供の頃、小野妹子は女性だと思っていたし、中国に行くほどの力を持っていると思っていたが、当時の天皇に宛てた手紙には「日本は日出ずる国、中国は日没する国、日出ずる国は日没する国に挨拶する」と書かれていて、血を吐きそうになった!



3. 名無しの中国人
蘇我馬子という人もいたよな。



4. 名無しの中国人
蘇我入鹿もいるぞ。



5. 名無しの中国人
なぜ後世の人たちは「小野芋子」と書かなかったんだろうな??



6. 名無しの中国人
ということは、子の字は「し」ではなく「こ」と読むのか?



7. 名無しの中国人
「し」は中国語の発音からきている。
「こ」は日本語の訓読みというようだ。
しかし、呉音や固有語など、日本の歴史上でoで終わる言葉の中には、中国語のiで終わる言葉と体系的に対応しているものがあるようなので、古代中国の発音にも関係しているのではないかと思う。



8. 名無しの中国人
音読の子を名前につけるようになったのは近代になってからじゃないかな。



9. 名無しの中国人
昔の日本人の名前の末尾が子の音読みであれば、男性である可能性が高いよ。



10. 名無しの中国人
しかし、「小野妹子」も「蘇我馬子」も、漢字名の「蘇因高」によれば、より近い「こ」で発音されている。



11. 名無しの中国人
日本人の名前の基準は、名前に使う漢字と人名に使う漢字を併記することだが、発音については特別なルールは全くないからな。



12. 名無しの中国人
飛鳥時代の命名法と、和名の厳格なルールとの関係は?
日本書記がどれだけのことを記しているかはわからないが。
それに、小野妹子の読み方は決定的だ。
様々な古文書や、漢名の「蘇因高」などがそれを証明しており、読み方についてはこれ以上の説明は必要ないだろう。



13. 名無しの中国人
一般的に、ひらがなは空海(774~835)、カタカナは観世音菩薩(688~763)が発明したと言われているものだぞ。



14. 名無しの中国人
もう一人の有名人、蘇我馬子は、「そ」の万葉仮名を「蘇」、「が」の万葉仮名を「我」、「うま」の万葉仮名を「馬」、「こ」の万葉仮名を「子」としている。



15. 名無しの中国人
古代日本の人々には、和名と漢名の両方の名前があったのか?
漢名を使っていたのはいつのことなんだ?



16. 名無しの中国人
まず、日本は古墳時代から漢字を使っていたはずだ。
これは、宋代の日本の王の請願書がすでに美しい文語体であることは言うまでもなく、遺物によって裏付けられている。
次に、当時は後の仮名がなかったが、万葉の仮名が形になったはずだ。
私は、小野妹子という4文字は万葉かなから来ているんじゃないかと考えているよ。



17. 名無しの中国人
実のところ「小野芋子」でもいいんだよな。
ただ自分では「小野臣因高」と書いていたようだぞ。



18. 名無しの中国人
2つの名前があるといっても、中国語と日本語の漢字が違うだけで、同じように発音していたわけではない。
蘇因高は、小野妹子の音訳だしな。



19. 名無しの中国人
我々からすると普通の名前だけど、読み方がおかしいよな・・・
日本人から見ても変な名前だそうだ。



20. 名無しの中国人
男装していた人の可能性がある。
日本ではそのように推測されることがあるようだぞ。







もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ











コメント一覧

367828通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
孔子孟子老子が居たエリアの国が何を言ってんだろうね。
367829通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
こう子ちゃん、もう子ちゃん、ろう子ちゃんちゃんはどの子が一番可愛い?
367830通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
隋の煬帝は帝呼びされない程の国を衰退させた愚帝だから日没天子に言い返せなかったんだよね
それで中国人を血反吐を吐きそうなぐらいにさせるとか三国演義の王朗を憤死させた諸葛亮の様だ
太子大勝利
ついでにパリピ孔明もよろしこ
367831通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※1
その場合は、中国においても「○子」って言う女性名がそれなりに普及してないと意味がない。
日本ではそういう方式が広まっているから、じゃあ、昔の妹子はなぜ男性なんだ?ってなるわけで。
起点が「現代では●子というのは女性名の定番だけど、歴史では男性名にも存在した」ってことなんだし。
367832通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
FGOにいつでも参戦できる人材
もちろん絵柄は美少女で妹属性ですよ
367833通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※4
飛鳥時代に日本の女性名に「子」は一般的だったのかい?
中国と比較してもしょうがないなら、日本も近代と飛鳥時代を比較してもしょうがないだろう。
367834- ▼このコメントへ返信
妹子は


だれかの


嫁!
367836通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
小野妹子の「子」は、孔子や孟子と同じ。その後一旦廃れて女性名として上流階級で使われるようになった。子供のように可愛らしいとかそういった日本的な意味合いになったんだろうな。それから、明治辺りで一般庶民も名字を名乗れるようになって、それまで適当な名前を付けていた女性名をちゃんと付けるようになって、庶民の間でも女性名に「子」が普及したって感じでしょ。

まあ、大抵の場合、皇族、公家、華族といった上流階級での流行が庶民に降りてくるパターン。名前じゃないけど、上流階級の嗜みだったテニスが庶民の間で普及したのって、上皇上皇后両陛下の馴れ初めの舞台、出会いの場がテニス場で、大ブームになったからな。
367837通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
既に女性の名前で○子は一般的な名前から外れつつあるけどね
お子さん居る人は子供のクラスメイトに1人も子がいない経験してる人いるんじゃない?
近代では皇族公家に倣って子のつく名前が流行ったり、モダンとされた時期もあったけど、そのうちまた皇族くらいしか使わない、一般人なら皇族気取りな名前になるのかも
モダンだと感じたって事は伝統的なイメージが無かったってことだし
現在生きてる人がたまたま日本人の女性名に子が一般的だった時代に生まれた人たちと同時代に生きてるだけだよ
367838通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国人って小野妹子や蘇我馬子を知っているのか。
それだけでも驚いたわ。
367839通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※2
そうこちゃんやぼくこちゃんも忘れないで
367840通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本人には和名しかないよ(w
何をいってるのかと
367841通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
意外に日本史に詳しいな…韓国人とは違うなあやっぱあなどれん
それにしても「孟子」や「孔子」は現代中国人の考えにないんだろうか
367842通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本は日本語を漢字表記していた
日本語の中に大和言葉だけでなく、漢字由来のものが増えていっただけ
漢文でさえ日本語にして読んでいた
杜甫の春望は
国破山河在だが
日本語では国破れて山河在りと読む
367843通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
ちょうど現在の日本で
「週末にバンドのフェスティバルがあるのでバイトのシフトをずらしてもらった」みたいに
世界中の言葉があるようなもの
しかし内容は日本語
この辺は日本語ができる中国人に聞けばわかる
日本人は日本語しか話してない、通じないから
367844通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
老子だの孔子だのの子は名前じゃなくて先生とか師匠みたいな意味の敬称だよ
名前の一部と勘違いした挙げ句に中国人煽るのは酷いな
367845通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
それだけ中国や中国語に興味がないということだろ
なぜか知らないが中国人にそれが伝わらない
欧州の国々は古代ギリシャのアルファベットを使っているが
古代ギリシャの住人たちである中東人には興味がないだろ
同じだよ
中国人がなにか勘違いしている
そもそも日本には中国人が出現する数万年前から人が住んでる
367846通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国に興味ないのにわざわざこんなブログ見に来ちゃうんですねえ
367847- ▼このコメントへ返信
当時の日本女性の名前は、ハッキリとはせずに『◯◯の娘』とかだろ。
『◯子』が女性につけられるようになったのは後世だろ。
367848通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
例えば「帰国子女」
「子」は男の子で「女」は女の子
息子と息女、王子と王女
367849通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
北条雅子や日野富子も実は男
367850通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※18
それは認識間違いで中国に興味はないが日本に興味がある
日本が好きなんだよ
その為に普段から知れることは知っておく
中国の古典なんかでも同じだよ、当然他国の物も日本に関係ある国は
知っておく
しかしそこまでやる日本人も少ないので日本全体で見れば中国のこと
など何も知らないに等しいし、それでいい
つーか日本の事情を知る中国人はもっと積極的に本国に
誤解を解けるように発信すべきだろ
阿Q正伝は少なくともそれをやっていた
367851通りすがりの ▼このコメントへ返信
中国の孟子、孔子、、、あの「子」は日本語の「先生」って意味だ
麻婆豆腐の「麻婆」と似た様な感覚、あれは「麻さんの嫁さん特製の豆腐料理」で「麻という名の婆さん」ではない
中国では嫁さんのことを「共に白髪まで愛するハニー」みたいな感じで、古代から新婚で若くても「婆婆」って呼ぶんだよ
江戸時代の林羅山なんか通称「林子」だし
しかしまあこの辺り、中国人の疑問はわからんでもない
古代日本には中国由来のものが多い中で、その後の文化的差異ってもんだ
昔の日本で、高貴な女性には必ず「子」が付いた
貴族中の貴族、皇后クラスの名前で例えば「明子」という人がいたら、これの読みは「めいし」だ
親と(あと皇后クラスなら旦那さんの天皇)だけが、つまり「完全に目上の人だけが」「あきこ」と呼ぶ(あきらけいこ説もある)
下々の人は「本名は呼ばない」、呼ばないどころか知らないから「中宮様」とか「皇后様」になる
そして「亡くなったら」「めいし」と呼ぶ
正確には長い戒名が付いて、途中に「明」の字が入るんだが、これは「不用意に本名を呼んでしまえば、化けて出てしまう」という言霊の考え方だ
367852通りすがりの ▼このコメントへ返信
ところが源頼朝正室北条政子は、あれは「まさこ」だし、通称北政所、豊臣秀吉正室は「ねね」だ
彼女は漢字で「寧」、どうも本来は「ね」という名前で、愛称が「ねね」、敬称で「お」を付けて「おね」(信長の妹、市に対して「おいち」みたいなもん)らしい
それが旦那が関白になるに及んで、無理矢理彼女にも貴人としての「子」を付けて「寧子(ねいし)」とされた
これが「男性の場合」、ここは中国由来だから日本と共通なんだが、「諱(いみな)」「字(あざな)」「諡(おくりな)」ってある
諱は本名、字は成人後に「自分で」名付けるいわゆるニックネーム、「今日から俺を〇〇と呼んでくれ」みたいな、諡は「死んだ後の名前」で感覚としては戒名だ
さらに幼名(元服まで使う名)もあるが、字のネーミングには兄弟順に「伯仲淑季」の一字をそれぞれ入れるとか、3人兄弟、5人兄弟ならこう、とか、まあまあややこしい決まりがある(「実力が伯仲する」の語源だ)
367853通りすがりの ▼このコメントへ返信
例えば「明の太祖洪武帝朱元璋」という人が中国史にいるが
彼の本名は「朱元璋」、姓が朱さん、名前が元璋、太祖は初代皇帝としての「廟号(いわゆる「おたまや」という、位牌を安置する建物、お墓の一種の名前)」、洪武は「元号」というくそややこしさだ
彼は生きてる間、一般からは「皇上」と呼ばれ(陛下みたいなもん)、親や爺婆からは幼名「重八」と呼ばれ、本当に親しい友人や兄たちからは字である「国瑞」と呼ばれた
そして彼から中国では「一世一元制(皇帝一代につき一つの元号、彼以前は一人の皇帝に複数元号が当たり前)」が始まるので、彼は歴史的名詞として「洪武帝」とか呼ばれる
日本で本名「織田信長」という人の、幼名を「吉法師」、元服して「織田三郎信長」(三男だったらしい)、出世魚みたいなもんで役職名がどんどん付いて「織田弾正忠信長」とか呼び名がいっぱいあるし、彼の諡は「総見院殿贈大相国一品泰巌大居士」とかこれまた複数ある
367854通りすがりの ▼このコメントへ返信
これが日本では幕末明治辺りで大混乱し始め、例えば「坂本直柔(なおなり)」、誰やねんそれと思うだろうが、彼の字は「龍馬」だ
だから坂本龍馬のお墓には、本名の「坂本直柔」って書いてある
ちなみに中国では、「ある程度上流階級に属する家庭では」今でもしっかり字を付けるし、学のある人は自分で誇りにかけて名乗るぞ
アメリカさんで言う、歯の矯正みたいなもんか
367855- ▼このコメントへ返信
孔子や老子や孫子も女の娘だった?!
367857通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
幼名ってのはアイヌもつけてる
ちょっと面白いのは死神に嫌われるためにわざと汚い名前を付けたりもする
神様に好かれると持っていかれるとされてたんだろうな
367858- ▼このコメントへ返信
日本人だって芋と妹を思い浮かべるよw
367859通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
飛鳥時代の男の娘
367860通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
老子=ばばぁ だったのか
367864通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※2 自然なのはじゅんこちゃんだけだろ。
367865通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※8 馬子、妹子は音の問題じゃないか? 諸子百家の子は単に師を表す敬称だし。
367866通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
君子危うきに〜の君子が女のことだったとは知らなかったよ。
中国は進んでたんだなあ(棒)
367869通りすがりの昔は純真無垢だった日本人 ▼このコメントへ返信
そう小学生当時、小野の妹子って誰?って思っていたんだけど授業で習うまでは芋屋の倅だから芋子だと兄に嘘を教えられ信じていたんだ…
チキショウ〜!
367871通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
元々「こ」は男に付ける名称で女の場合は「め」だった
彦と姫みたいに
367872通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
女に「子」をつけるのってここ100年以内の習慣だよね?
367873通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
君は…小野…イナフ?
367874  ▼このコメントへ返信
日本の子供も通った道だキニスンナ
367875通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
古代だと
妹「いも」は、「年下の兄弟」という意味で男女の区別なし。英語でいえばJunior.
兄「え」だと、「年上の兄弟」で男女の区別なし。英語でいえばElderかな。
子「こ」もとくに男女の区別は無かった模様。ただし男性に多かったはず。

この時代はまだ日本ではなく「倭やまと」なので、あまり気にする必要は無いよ。
367889通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※6
うわぁ・・・
367890通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
>蘇我入鹿もいるぞ。
うん、実は蘇我入鹿は鹿だったんだよ・・・
しかも、イルカの振りをしてる鹿なんだ・・・
現代でも住民票を持ってる猫とかアザラシとかいるしな・・・
367895通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
小野妹子が、おっさんのマツコ・デラックスみたいなのだったとしたら、ちょっとウケる
367899通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※25
面白かったです
367901通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
子は男だったんだが、どこかから女になった。
帰国子女とかに名残が残ってるね
367902通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
妹子の子が老子や荘子と同じだーはまだいいとして
なぜ男の名に妹を使ったのかの説明はない。

妹はどうやったって妹って意味には違いないはず。
未成年の女子、末の女の子。つまりいもうと、もしくは若い娘のこと。
367905通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
もっと前の時代は、別のレスで書かれてる様に誰それの娘(名が書かれてるこのは無い)とか、xxx娘って名前
当時の女性は「xxx女」じゃね  yy子っでのは♂の子供、つまり男

平安以降は xx子を♀につけるようになったから、
この以降の時代の人の人命で、xx子をアレコレ推測するのはムダ

お名前:

TOR荒らし対策で少しコメント制限中です。ご不便をおかけして申し訳ありません。


PR



ブログパーツ アクセスランキング