中国人「日本車が過去との決別を発表…なぜそんな勇気ある行動を?」 中国の反応

  • カテゴリ:経済
  • コメント:22件
211229-001.jpg

日本車が過去との決別を発表・・・なぜそんな勇気ある行動を?

最近、日本の自動車メーカーの友人と今後の自動車製造の話をすると、必ずと言っていいほど、「日本車は欧米にいじめられる」という言葉を聞く。 その背景には、EUがガソリン車の生産を中止し、電気自動車に置き換えることを強く推進していることがある。 例えば、米国テスラ社の車の電池は、当初は日本のパナソニック製の電池を使用しており、テスラ社が中国に投資して初めて、電池の供給元を日本のサプライヤーから中国のサプライヤーに変更した。 日本が本格的に電気自動車を普及させたのは、中国、EU、米国がガソリン車の生産中止を明確に打ち出してからである。 その最たる例が、トヨタとパナソニックの合弁による、米国と中国での車載用電池の開発・生産だ。 最近では、日本最大の自動車メーカーであるトヨタが、来年から毎年300万台の新エネルギー車を発売すると発表しており、この自動車のアップグレードに日本も乗り気になっているようだ。





 

日本最古の自動車メーカーであるホンダは、技術者がヒエラルキーの頂点に立ち、技術を非常に大切にする会社である。 しかし、技術者にも年功序列があった。一方、今の新しい車づくりは、ITエンジニア部門に大きく依存している。 ホンダも大変だ。伝統ある自動車メーカーにとっては寂しい限りだ。 スマートフォンの時代に最高の電気エネルギー車を作るには、価値観を高めないと無理だ。 中国のファーウェイが米国から不当な扱いを受けた後、多くのITエンジニアが自動車製造のエンジニアに転身している。 今はナビも常にアップデートしないといけないし、インターネットから離れたら身動きが取りにくい時代だから、ITエンジニアは仕事を持つことに抵抗がないのだろう。 トヨタが2022年に電気自動車を精力的に開発するという話に戻るが、電気自動車の開発は、従来の日本車の根っこを嫌でも掘り起こすこと、時代の変化に合わせていくことが重要だ、そうしないと日本車はこの時代には完全に淘汰されることになるだろう。




1. 名無しの中国人
日本は年功序列、旧態依然とした体制の変革が遅すぎた。
携帯電話や家電製品などの産業が衰退し、今度は自動車の番だ。



2. 名無しの中国人
そうでもない。
日本の水素燃料電池自動車は最高だ。
電池も水素も、これからのトレンドであり、どちらか一方が欠けても成り立たない。



3. 名無しの中国人
水素エネルギーに市場性がないからな。



4. 名無しの中国人
>>3
長距離トラックなどは、間違いなくメイン市場だろ!
都市部では危険で使用頻度が少ないのかもしれないが、どうしてそんな結論になるのか教えてほしいぐらいだ!



5. 名無しの中国人
>>3
短期的にはその通りだが、長期的には水素エネルギーは間違いなく未来がある。
もちろん、将来的には他の新エネルギー車もあるだろうな。



6. 名無しの中国人
中国、米国、欧州が電気自動車を推進しているため、日本独自の市場だけでは不十分だろうな。



7. 名無しの中国人
水素エネルギーは、ハイブリッド車のように、日本が特許を大量に蓄積してるから、中国と米国は日本の自動車会社の特許レイアウトを回避するために、水素エネルギーとハイブリッド車を抑制している。



8. 名無しの中国人
我が家の国産テレビは画面が真っ黒になってしまったんだが、部品交換するには輸入が必要なんだよな。



9. 名無しの中国人
>>8
日本のテレビブランドや工場は中国に売られている。
その輸入する部品も外国を経由しているだけで国産だぞ。



10. 名無しの中国人
少し遅れているようだ。
電池材料とバッテリーの製造に言及していない。
トヨタやホンダは、現時点では電気自動車のコストの最大のブロックであるバッテリー問題を解決することはできてないよ。



11. 名無しの中国人
リチウム電池はパナソニック三洋電機が発明しているだろ。
クアルコムとファーウェイの関係と同じだ。



12. 名無しの中国人
電池のパワー、耐久性、航続距離、体積など、すべてにおいて大きなブレークスルーが出現しないと、そのようなことはできないだろうな。



13. 名無しの中国人
多くの物事で日本人は敏感に情報をキャッチすることができず後れを取っている。
それは認識と性格の問題なのだろう。
その部分をどうにかしないと平凡なまま終わるよ。



14. 名無しの中国人
純粋な電気自動車は短距離にしか向かないというのは鉄則であり、液体セルや液体燃料自動車が優位に立ち続けるというのは変えられない未来である。
液体燃料の光電変換と低価格の電池が主な攻撃の方向性だ。
自動車産業は道を踏み外してはならない。
中国の産業界は、特に世界が純電気への移行に騙されているときに、脇目も振らず純電気と燃料車の両方を開発し、燃料車技術を安価に獲得する機会をつかむことが、正しい道であると思う。



15. 名無しの中国人
中国の8つの主要メーカーも同じように大きな利点と考えて、技術と生産ラインを購入するためにお金を費やしていた。
その結果、生産が遅れてしまい、ついには閉鎖してしまったんだけどね。



16. 名無しの中国人
科学は全能ではないし、すべてを解決できるわけでもない。
科学的能力には限界がある。
科学技術が常に進歩し、あらゆる技術を解決できるようになることを期待するのは人類の夢だが、科学技術の発展はボトルネックに入り、新たなブレークスルーを起こすことは極めて困難な状況になっている。
技術コストや手法の面で越えられない限界があるのだから、夢はあきらめて現実を受け入れよう。



17. 名無しの中国人
日本の自動車製造の基礎はずっと積み上げられているから追いつくのは早いよ。







もっと海外の反応を見に行く
海外の反応アンテナ











コメント一覧

368956通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
既に日本の自動車業界は電気自動車(BEV)だけでなく、水素自動車(FCV)も販売できる技術力とサービス網があるのでスレ主は勘違いしない方が良い。

実際にBEVモデルを販売しているので、市場のニーズや変動に対応が可能な状況になっているのは一目瞭然だ。
368957通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
日本の自動車メーカーは「①ハイブリッド(HV)②プラグインハイブリッド(PHEV)③電気自動車(BEV)④燃料電池車(FCVと水だけ排出する水素エンジンも含む)⑤既存のガソリンと軽油を燃料にした内燃機関車(直噴ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなど)」の販売と開発をしている。

全ての国の市場でBEVを普及させるのは課題が多いので、選択肢があるのは自動車を販売するメーカーと購入するオーナーにとって良いのは明らかだ。
368958- ▼このコメントへ返信
中国で廃棄されている、
おびただしい電気自動車の、
行く末を考えると、

頭の悪い、
中国人や朝鮮人に、
電気自動車を与えることが、

本当に、
地球温暖化の歯止めになるのか、
甚だ疑問ではあるけどな。
368959通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
電気自動車は構造が複雑ではないので対応は可能だが、水素自動車は韓国の自動車メーカーみたいに技術力がないと途中で研究を断念することもある。

既存の内燃機関車にガソリンと軽油があるように、次世代の環境保護車に電気と水素があっても可笑しくないのは明らかだ。

368960- ▼このコメントへ返信
ホンダが日本最古の自動車メーカーとかどこの世界線?
368961通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※5
どちらかというと現存メーカー最後発
368962通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
欧米のやり方は非常に小汚い。
・スキージャンプで日本に勝てないとスキー板を身長基準に変えやがった
・F1でホンダがターボ車で連勝し始めるとターボ禁止しやがった
・日本半導体が席巻し始めると不平等貿易協定で潰してきやがった
・日本でアメ車が売れないからと不当関税をし始めやがった
・日本の火力発電はCO2排出がほぼ0だと知ると火力発電を禁止しやがった
・ハイブリッド車が作れないEUは電気自動車のみにしてきやがった
尽く日本が世界一を取る事を禁止してきやがる。
368963通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※7
トヨタも相当やられてるから中国人が考えてる何枚も上の準備をしてるよな
中国はトヨタを舐め過ぎだわ
368964通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
世界の劇的な気候変動を認識している者は、日本の自動車業界が積極的に電動化を推進しても違和感はないはずだ。
368965通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
そもそも電気自動車よりハイブリッドの方がバッテリーを除けば高度な技術で作られているんだよ
そのバッテリーもトヨタはきちんと開発している
なんでそんな簡単なことが理解できないのかと
水素自動車は日本のエネルギー保障政策から開発された、中国が海洋進出して中東からの原油を
止めることを狙っているからオーストラリアに無尽蔵に眠っていて現在使いようが無いので
放置されている褐炭からガス炉で水素や硫黄を取り出す技術を開発した
その水素を使った自動車をトヨタに要請して作ってもらってる
トヨタ自体はハイブリッド路線、つまりEVも同時に開発しているんだよ
368966通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
ちなみに脱炭素自体欧米のペテンだよ、彼らはいつもそうだが負けそうになるとルールを変える
現状一部声の大きい学者と政治家によって脱炭素が推進されているが学者の大多数、67%が
大気中の二酸化炭素と気候変動の関連性は「わからない」としている
それなのに政治家たちは学者たちの合意がとれるような政策、例えば観測点を大幅に増やすなどの
政策を一切してない、どこも金使ってないんだよ
普通に考えて地球がヤバイと心配するなら本当はどうなんだと調べようとするだろ
そもそも現在の大気中の二酸化炭素濃度は0.04%しかない、恐竜の時代は0.2%と5倍以上あった
そのまた昔は大気の半分以上が二酸化炭素だった
これを使ってシアノバクテリアなどが生まれ、その後の生命が使いつくして現在まで枯渇してる
368967通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
我々が普段食べてる米も元は稲が大気中の二酸化炭素から作り出したものだよ
そして二酸化炭素が増えると明確に変化するのは地球が緑化する、理屈は当たり前だし
実際NASAが大気中の二酸化炭素が0.03%から0.04%と僅かに増えただけで地球が緑化したという
研究報告を出してる
CO2施肥効果と呼ばれているが英語が投降できないのでNASAのページが
張れない、知りたい人は英訳などして探してくれ
368968通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※8
個体電池と水素燃料の両方の技術握ってんのにな
368970- ▼このコメントへ返信
中国人バカばっか
日本が欧米や中国の後追いで慌てて開発始めたって、本気で思ってるのかね
電気に全ふりするのがどれだけ愚かな事かまだ理解出来ない知能じゃ、結局電気もトヨタにかなうわけ無いわ
368971通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国は49年前まで、リヤカーと自転車だけだった。日本と国交回復してから、車が登場するw 未開の国だった。いまだに未開じんの国だけどw 中国は4000年のジェノサイドテロ国家。日中断交!
368977通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
そんなことより、山積み廃バッテリーの処理法を考えとけよ?w

まーた河や池がピンク色になるぞ?w
368978通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
電気自動車でも普通に日本が一番いい車作れると思うけどね
いったい何の話をしてんだこいつら
どの世界線を生きているんだよ。
368979通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国はどうやっても覇権を握ることは無いから安心しろ
368980通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
電気自動車で、技術的に日本が遅れている訳ではないからな・・・
災害時だけではなく、稼働率、移動距離、そして、積載貨物の重量等々を考慮すると電気自動車一択にはなられない。

但し、日本の場合、半導体や情報通信、発電機等の分野で、経済産業省が、日系企業の成長の芽を潰し、バブル崩壊で金融を大蔵省(現金融庁)が弱体化させたからな、行政が癌だわ、合衆国の思惑通りに日本の成長産業を駄目にしているのは、国。
368981通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
必死に言い訳を探してるね
→ 経済・経営・市場に話を摩り替えるのが特徴

ハイブリッド、FCV、水素内燃等の技術が無い国ほどあーだこーだと五月蝿い
ビビってるいい証拠
単純EVしか造れませんバロメータにもなってる
368983通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
中国車が糞なのは、それがガソリン車だから、なわけではないんだけどな
369014通りすがりの日本人 ▼このコメントへ返信
※7
そそ。欧米の小汚さは中国の悪辣さで見えなくなってる状態や。自分たちが負けそうになるとルール変更やり放題。昨日早速EUが「原発はグリーンエネルギー」とか掌返ししてきよった。アホだらけで盛り上がって原発排斥に動いたわええが、EV車を流通させるには電気が足りん、そもそもこの冬暖房の電気が足りん、大体北海道より北に位置する欧州が何やっとんねん。ロシアに見透かされて天然ガス止められた…であっという間に掌返し。乾いた笑いしか出んわ。せやけど自分たちの優位性のために他者を蹴落とすやり方は、その民族の発展と健全性を奪うもんや。せやさかい日本はこのままでええんやないかな。

お名前:

TOR荒らし対策で少しコメント制限中です。ご不便をおかけして申し訳ありません。


PR



ブログパーツ アクセスランキング