中国人「日本人のノーベル賞受賞者は多すぎる」 中国の反応

210113-002.jpg

日本人のノーベル賞受賞者は多すぎる

ノーベル賞は物理学賞、化学賞、生理学賞、医学賞、文学賞、平和賞の6分野に分けられる。
2020年時点で、受賞者中に日本人(日本国国籍を持つ人)は25名いることで世界6位であった。受賞分野は一番多いのは物理学賞(9名)であり、次に化学賞(8名)である。



中国人「日本だけが使う珍しい指標:偏差値」 中国の反応

  • カテゴリ:料理
  • コメント:19件
210112-001.png

日本だけが使う珍しい指標:偏差値

テストの合計点や順位を競うのではなく、全体の中で自分がどのレベルに分布してるのかを示す数値だ。
これによって明確に自分の実力を判断出来るようになって、入試などで一部の人気校に受験生が殺到しなくなるんだって。



中国人「日本の素晴らしい先進制度:医薬分離」 中国の反応

  • カテゴリ:料理
  • コメント:17件
210111-001.jpg

日本の素晴らしい先進制度:医薬分離

1 日本では医院と薬局は分離されている。
医者は診察と処方箋を出すだけで、患者さんは処方箋を持って、任意の処方薬資格の持ってる薬局で薬を買える。
薬局と医院が直接関わらないようにしている。

2 統一の価格が規定されていて暴利を防いでいる。

3 医者の給料を上げて、医者の収入を薬を販売することから生じさせるのではなく、技術から生じるようにさせる。

4 薬局には専門な薬剤師を入れ、患者のリストを作り、薬の飲み方を教え、処方箋をチェックする。



中国人「日本文化と韓国文化、世界で影響力が大きいのはどっち?」 中国の反応

  • カテゴリ:文化
  • コメント:91件
210110-002.jpg

日本文化と韓国文化、世界で影響力が大きいのはどっち?

まず私自身の意見だが、経済や文化における日本は一世代に渡ってヨーロッパに影響を与えてきたし、ヨーロッパにおける過去の日本の製造業も非常に尊敬されている。 日本の寿司、アニメ、ゲーム、電子技術などは、一部のヨーロッパ人(たとえば日本好きのフランス)にかなり好まれる傾向があるように、多くのヨーロッパ人は日本に旅行に行きたいと考えていて、ソフトパワーにおいてはヨーロッパでかなり優位性を持っている。

現在、ヨーロッパでは多くのフラッシュモブ活動がK-POPをテーマにしており、オスカーを受賞したシスターストーンは韓国好きであり、広い範囲の影響力はアジアに限らず、オセアニア、東欧、トルコ(最も韓国を愛している)、南米などの多くの国に渡っている。 今でも多くの西欧諸国、アメリカの一部の10代の学生はK-POPファンで、それはベトナムが韓国ドラマのために、韓国が好きではないことが判明したので、彼らは韓国人に好感を持っている。 韓国の兵役や韓流ドラマの影響で韓国人男性に人気が出ているが、韓流は国策としてやっていることであり、国が支持してもおかしくない。 文化が立ち上がには、商品を誰かに買ってもらわなければならない。

対照的に、J-POPは非常に自己満足感があるものだ。台湾ではまだまだりゅうこうしているようだが、それ以外では自給自足で済ませる国が多いようだ。

しかし、影響力で言えば、今は韓国と日本、どちらが強いのだろうか?



中国人「日本人って他人が履いたスリッパを平気で履くけど気持ち悪くないの?」 中国の反応

  • カテゴリ:文化
  • コメント:48件
210110-001.jpg

日本人って他人が履いたスリッパを平気で履くけど気持ち悪くないの?

最近、日本ドラマを観てるんだけど、部屋に入る時いつもスリッパ履いてて、客もスリッパ履いてて変だなと思った。
他人が履いたことのあるスリッパを履くってことだよね・・・
病院のシーンでも病院に置いてあるスリッパを色んな人が履くんだよ。
水虫が感染ったら怖いから、私は自分のスリッパ以外を履かないようにしている。
使い捨てのだったらいいけど・・・
いろんな人が履いたのを履くのって気持ち悪い。
それなら裸足でいいじゃないか。
みんなはどう思う?



チャイニーズジョーク「中国人に罪をなすりつけられた日本人が仕返ししようとした結果…」 中国の反応

210109-002.jpg

チャイニーズジョーク

中国人旅行団の一人がアメリカのホテルで食事中に床にツバを吐き隣の席の客に注意された。
中国人は国の恥にしないために、知恵を絞って隣の日本人客のせいにした。
その日本人は憤慨して仕返ししようと思い、違う日に同じように床にツバを吐きホテルの従業員に注意された。
そして自分は中国人だと言った。
するとホテル従業員はこう返した。

「この嘘つきめ!中国人が中国人と言うわけないだろ!馬鹿にしてるのか!」

その日本人は途方にくれて仕返しを諦めた。







PR



ブログパーツ アクセスランキング